お母さんっぽい!高森奈津美が声優を担当したキャラまとめ

声優・高森奈津美さんがこれまで担当されてきたアニメキャラをまとめてみました。

高森奈津美さんとは??

愛称:なっつん、なっさん、なつ姉

性別:女性

出身:山梨県甲府市

生年月日:1987年2月14日

血液型:A型

身長:159 cm

職業:声優

事務所:プロ・フィット

【活動】

活動期間:2009年~

デビュー作:WHITE ALBUM

出典:https://ja.wikipedia.org

経歴について

高森さんが、声優を目指したきっかけは、中学生のころに妹にマンガの読み聞かせをしていて「声で何かのキャラクターを演じるのって面白い!」と思ったからとのことです。高森さんは、プロ・フィット声優養成所10期生出身で、『WHITE ALBUM』の桜団役でデビューしました。声優になる前は東日本旅客鉄道(JR東日本)において地上勤務に携わっていた経験があるそうですよ。

さっぱりした性格の持ち主。地声は落ち着いた感じで、しばしば少年役も演じる機会が多いのですが、『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズの単行本を買うと必ずはまってしまうので買うのは控えていたが、2015年3月より少年時代の空条承太郎を演じるため解禁しました(笑)

テレビアニメ版のアフレコでは近年にないほど緊張し、そのあまり軽度の腹痛を起こしたぐらい。また「オラオラ」という特徴的な言葉の表現については、青年承太郎役の小野大輔さんより丁寧に教えてもらったとも語っていましたね。

担当したキャラまとめ

高森奈津美さんのこれまで担当されてきたキャラをまとめてみました。

『ジュエルペット てぃんくる☆』桜あかり

ジュエルペットシリーズで初の主演を演じていましたね。始業式の登校途中に海辺の近くでルビーと出会い、魔法学校に招かれルビーと共に入学をしました。怖い話が苦手。当初は祐馬に恋をしていて、あいさつしたり、一緒に図書委員になったりと、あかりが恋を通して成長している物語でもありました。

奥手で消極的な面が強いが、根は素直で明るい性格のあかりちゃんが、「祐馬くんにふさわしい女の子になる」 って告白した時は、もうやったぁ!!と思ったのですが、逃げちゃって、見守ってたラブラたちと同じ目線になっちゃいましたね(笑)

告白の返事も前半の祐馬の話にカンゲキしちゃって聴いていないという天然っぷりに、こちらがしっかりしなきゃと思わせてくれたキャラでした(笑)

『Another』見崎鳴

そして、この作品でもヒロインを演じていました。幼少時に腫瘍により左眼を失った為、母の霧果の作った青い瞳の義眼をはめているのですが、普段はその上に眼帯を付けている女の子です。不思議な雰囲気を持っていて、全部一人で考えて、行動します。ただ、未咲ちゃんとのやりとりでは笑い勝ちで明るい面を見せたり、「賢木の幽霊」との会話では茶目っ気のある面を見せているので、人嫌いというわけではないんですよ。

3年3組に起こる〈災厄〉を回避するために〈いないもの〉として扱われていて、物語の途中で同じ立場となった恒一と打ち解け、仲良くなる。それまではクラス内には特に親しい友人はいなかったが恒一には自分のことを話すなど心を開いていましたね。ホラーテイストなので、苦手な方はいるかもしれませんが、結構引き込まれる作品なので、明るい時間帯に観る事をオススメします。

『さくら荘のペットな彼女』上井草美咲

高森さんが演じていたのは、さくら荘201号室の住人で美術科の3年生で趣味はアニメやゲームで、自作アニメも多数制作しているほどなんですよ。小さな町の中学校では学年トップの優秀な成績だった。ここ10年で唯一の芸術科特待生と認められた実力者だったのですが、アニメ制作に夢中になって権利を剥奪されてしまいました。

ただし、スイコーでの成績は3年間首席で、ゲームやアニメの共同製作ではグラフィックなどを担当しています。自作のアニメの評価は高く、ネット上でと崇められておりDVD化の話がいくつも舞い込んできており、その収入はかなりのものなお方ですね。また、恋に一途な面もありますよ。高森さんが生命をふきこんだ美咲ちゃん、はっちゃけてて私好きです!

『デンキ街の本屋さん』ひおたん

ほぼメインキャラでしたね。ロングストレートの金髪を持つ女性店員でかなりの巨乳でまた、失敗の多いドジっ娘ですね。主人公・海雄の教育係的立場なのですが、漫画などの知識には疎いところがあります。あだ名の「ひおたん」も知識が疎い「非オタ」ということからきています。素直な性格で、意識せず“恥ずかしい台詞”を言ったり、カントクの口車に乗せられたりするところがあり、またそれもかわいいんですよ!!

そして、段々とBL趣味に染まりつつあって、そういう関係なの?とあわあわしていることもありましたね。つもりんがふと発した一言がきっかけでカントクを意識するようになっていました。そして、アニメの最終回Bパートでは高森さんつながりで、「アイドルマスター シンデレラガールズ」のキャラクター前川みくのコスプレをしていたんですよ。中の人が同じなので、違和感全くなかったです(笑)

『アイドルマスター シンデレラガールズ』前川みく

高森さんと言ったら、最近ですと、みくにゃんですね。語尾に「にゃ」をつけて話すなど大の猫好きな八重歯が特徴の少女で、猫耳やネコ尻尾を身に付けているんですよ。ネコキャラでいっているのに実は、魚が苦手で弁当の焼き魚から寿司まで全般的にだめな模様です。逆に肉やスイーツは好きで特にハンバーグが大好物という肉食女子ですね(笑)

アニメでは、周りのメンバーが次々とデビューする中、自分が出来ない事に不満を募らせ遂には346カフェを占拠しストライキに出ていましたが、プロデューサーが「CINDERELLA PROJECT」全員分のデビューをちゃんと考えていたことを聞き、プロデューサーやメンバー全員と和解する場面もありました。

みくにゃんは、プロ意識がすごく高い女の子で、ただネコキャラがぶれるときがあるのですが、それもみくにゃんらしくていいなと思いました。高森さんが演じてるみくにゃん本当に違和感無くてもう感服ですよ。

最後に

高森奈津美についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか??みくにゃんとして、ライブに出演したり、ラジオでも活躍したりとしていますね。他のプロ・フィットメンバーと比べたら、活躍の幅は多いとはいえないかもですが着々とすすんでいっているなつねえをこれからも私は応援していきたいです!!