ティーチャーのあだ名!堀江一眞が担当したアニメキャラまとめ

声優・堀江一眞さんがアニメに絞ってこれまで担当されてきたキャラをまとめてみました。

堀江一眞さんとは?

本名:堀江 秀尚

愛称:ティーチャー

性別:男性

出身:東京都

生年月日:1976年7月23日

血液型:A型

身長:172 cm

職業:声優、俳優

事務所:アクセント

【活動】

活動期間:1990年代~

出典:https://ja.wikipedia.org

経歴について

旧名は堀江 光さんで、本名の堀江 秀尚で活動していた時期もあります。弟は脚本家、演出家、映画監督の堀江慶さんですね。以前はビーボ、ディーカラーに所属していました。多摩大学経営情報学部在学中に青二プロダクションの附属俳優養成所青二塾に在籍して、俳優、声優としての研鑽を積んでいました。2009年から2012年4月までロア健治さんとインディース音楽ユニットVerba-Rhythm(通称Vチーム)を結成し活動していた。

担当したアニメキャラまとめ

声優、舞台として活躍されている堀江一眞さんがこれまで担当されてきたアニメキャラをまとめてみました。

『舞-HiME』倉内和也

舞-HiMEでは珍しい男の子で名前ありの子です。主人公・舞衣とあかねのバイト仲間であかねとは相思相愛の関係なんです。家が厳格なためになかなかその思いを明確にできずにいるところは、モヤモヤしていましたね。あかねがHiMEであることを知った後も、それを受け入れてより絆を強めていました。舞-乙HiMEでも、その間柄は変わっていなくてほっとしたのを覚えています。

アニメでは、深優・グリーアによってあかねのチャイルドが破壊された結果、あかねの思い人であった和也は消滅してしまうんですよね。最終回で復活して、全てが終わった後は再びあかねとのラブラブな学園生活を送っていたからよかったですけど、あの消滅した時のあかねちゃんの悲痛な叫びは、顔も忘れられません。

本当に、幸せに慣れて良かった、ハッピーエンドでよかった!

『牙 -KIBA-』ノア

主人公・ゼッドの無二の親友の男の子を演じていました。元精鋭部隊「ネオナイツ」の1人で、ゼッドとは対照的に真面目で品行方正な優等生で、生徒会長をつとめていました。幼い頃から病を患っており、療養のため特殊なコルセットを身体に装着しているんです。発作に苦しみながらも、いつも笑顔を忘れない優しい穏やかな性格で、他人と衝突しているゼッドを心配していましたね。

ゼッドと時を同じくして、ネオトピア幹部ダイアナにより、「ネオトピアの救世主」として召喚されるのですが、異世界人のノアを保護したためにネオトピアの村が処罰を受け崩壊したことにショックを受け、シャードキャスターとして覚醒しました。

信じて疑わなかった絶対規律が崩壊するさまを目の当たりにして、放心状態となり行方不明になったのですが、タスクの衣装で再び登場して、一人称が「僕」から「私」に変わるなど言動に変化が見られ、何者にも揺らがない「絶対的な力」を求めてタスクに渡り、ドルガー卿と名乗り、ジームの配下に取り立てられていました。

『S・A〜スペシャル・エー〜』辻竜

そうでした!S.Aで、竜くんを演じていましたね。スポーツメーカー社長子息で、芽・純だけでなく動物やチビっ子に異様に懐かれる体質を持っており、面倒みもいい男の子なんですよね。動物の事になると人が変わりムツゴロウさんのようになる。また、男でも惚れてしまうような微笑みの持ち主なんですよ(笑)

芽・純をとても大切にしている。フィンも懐いたため、後日芽・純とフィンが竜の取り合いで勝負になった事があります。無意識に何気ない言葉で人をメロメロにしている時がある(天然タラシ)。頼りがいのある性格で落ち着いており、SA内で最も気を遣っている人ですよね。SA最下位なので他クラスの生徒からは軽く見られがちですが、本当はもっと上を狙える実力を兼ね備えています。ただ苦労性のため実力が発揮される事がないだけというちょっと残念な子です。

考査の成績が毎回学年7位になるのは、芽と純のテスト態度が原因であるようで、、、十分個性的な人間なのに、他の登場人物らのキャラが濃すぎてSA一まともな性格に見えてしまうんです。アニメ版では高層マンションに住んでいるが、なぜか象も収容できる広大な温室動物部屋がある、大物っぷりをみせました。

『夏目友人帳』田沼要

主人公・夏目の同級生で友人の物静かで控えめな少年を演じていました。田沼くんは、夏目の能力とニャンコ先生の秘密を知っている男の子なんですよね。夏目にとって、妖について初めて想いを分かち合えた仲間でもあります。夏目が転校してきて間もなく八ツ原の廃寺に引っ越してきたので、転校生仲間でもありますね。

妖の姿を見る能力は持っていないので、妖の姿をはっきりと見ることはできないのですが、霊感の持ち主であり、妖の影を見たり、妖の気配を感じることはできるのですが、いわゆる「気」に当てられ体調を崩してしまうことがあります。

夏目から聞かされていなかったため、当初はニャンコ先生が妖だとは知らなかったが、ニャンコ先生がうっかり声を出してしまったためにその正体を知ることとなる。なんとも美味しいキャラですね妖と会話をしたのはニャンコ先生が初めてであるといっていました。ニャンコ先生のことを「ニャンニャン先生」、「ポン太」などと呼んでいるが、ニャンコ先生は不満気である。妖関係などで困っている夏目をよく手助けしていますね。

デュラララ!!(矢霧誠二

矢霧製薬社長の甥で、帝人のクラスメイトで、友人でもある男の子です。唯一心を開ける家族に姉の波江がいて、彼女から姉弟愛以上の男女として愛を向けられているが、本人はそれを家族愛だと勘違いしており、自分を溺愛してくる姉をやや煙たがっている節があります。

波江を通じてセルティの「首」に出会って以降、「首」に狂的な恋愛感情を抱いています。美香からストーカー的な好意を寄せられて鬱陶しがり辟易していたが、「首」を巡る事件を経て、自分の気持ちを確かなものとする為に美香と付き合うことになりました。そのためダラーズの集会以降は美香に優しくなっているが本心は不明なんですよ。以後、美香と共に「ダラーズ」の一員となっています。

ただ、セルティの「首」に関わると周りが一切見えなくなり、静雄の足を刺すなど異常な行動を取りもするが、それ以外ではまともな人格です。チンピラに絡まれていた美香と杏里を助け、中々杏里に告白をしようとしない帝人を気にかけるなど、友人思いで男気ある面もあります。

最後に

堀江一眞さんのことまとめてみましたが、いかがでしたか?長きにわたって演じている田沼くんの演技もことしまた観る事が出来ますね。5期、本当に楽しみです。声優だけでなく、いろいろなことに挑戦している堀江さん。もっともっと活躍できるように応援したいと思います。