【甲鉄城のカバネリ】キャラクター原案の美樹本晴彦先生のによるデザイン案が素晴らしいと話題に!

2016年4月よりフジテレビ・ノイタミナ他で放送中の『甲鉄城のカバネリ』のキャラクター原案を務める美樹本晴彦先生によるデザイン案がネット上で「かわいい」と話題になっています。まとめてみましたので、早速確認してみましょう!

美樹本晴彦さんとは?

美少女を繊細に描くデザイナー!

 美樹本 晴彦(みきもと はるひこ、1959年8月28日 – )は、日本のイラストレーター、キャラクターデザイナー、漫画家、アニメーター。東京都出身。ペンネームの由来はあだち充の漫画『陽あたり良好!』の登場人物「美樹本伸」より。本名やニックネームの「HAL」、「美樹本良晴」を名乗った時期もある。

 慶應義塾高等学校在学時よりアマチュア活動を始める。仲間にはアニメーション作家河森正治、漫画家細野不二彦、脚本家大野木寛らがいた。慶應義塾大学工学部へ進学し細野のアシスタントを務めた後、河森が在籍するスタジオぬえの企画『超時空要塞マクロス』に参加。ぬえの紹介でアートランドに入社し、代表石黒昇が監督を務める『鉄腕アトム』(第2作)で動画・原画、『科学救助隊テクノボイジャー』でゲストキャラクターのデザインを担当する。

 同じく石黒がチーフディレクターを務める『超時空要塞マクロス』ではキャラクターデザインとキャラクター作画監督に抜擢され、アニメファンの注目を集める。とりわけ美少女の魅力を繊細に捉えた「美樹本キャラ」は人気を博した。以後、『超時空世紀オーガス』『メガゾーン23』と順調にキャリアを重ね、人気キャラクターデザイナーとしての地位を確立した。

 その後アートランドから独立し、ライトノベル・雑誌等のイラストレーターとして活躍。1988年の『マリオネット・ジェネレーション』より漫画連載を始める。アニメ・ゲーム作品にはキャラクターデザイン(またはデザイン原案)として係わっている。

マクロス放送から27年目の2009年より漫画版『超時空要塞マクロス THE FIRST』の連載を開始。この企画を引き受けるか相当悩んだというが、『マクロスF』の新しいファンに原点を改めて見てもらう機会として描くことになった。この作品では鉛筆で描いた原稿をデジタル加工する手法に挑戦しており、システムを組んだドスパラが美樹本スペックのパソコンを販売した。

出典:https://ja.wikipedia.org

『コミックマーケット89』で発売された「キャラクター原案集」が話題に!

ノイタミナショップ 「C89情報」より

出典:http://kabaneri.com

⇒ http://kabaneri.com/news/?article_id=37076

出典:http://pbs.twimg.com

出典:http://pbs.twimg.com

出典:http://pbs.twimg.com

出典:http://pbs.twimg.com

ネットの反応

素晴らしいキャラ原案!美樹本絵はまだまだ全然いける!

出典:http://pbs.twimg.com

出典:http://pbs.twimg.com

出典:http://pbs.twimg.com

出典:http://pbs.twimg.com

出典:http://pbs.twimg.com

出典:http://pbs.twimg.com

出典:http://pbs.twimg.com

出典:http://pbs.twimg.com

出典:http://pbs.twimg.com

出典:http://pbs.twimg.com

出典:http://pbs.twimg.com

出典:http://pbs.twimg.com