闇の中で暗躍する天道衆の謎を暴く!!画像と共に紹介!

銀魂の中で最も謎の組織であり諸悪の根源とも言える天導衆。その彼らの秘密を紹介します。

天導衆とは!?

出典:http://blogs.c.yimg.jp

元奈落・信女から語られた天導衆の正体。それは全世界のエネルギー源であるアルタナを支配する組織で、地球にきた理由は地球には手つかずの巨大なアルタナの豊かな資源であった。

地球の江戸の中心には「龍穴」という地球のエネルギーが吹き出すポイントが眠っており、天導衆はそれに目を付け江戸の支配権を握りその龍穴の上にターミナルという塔を立てた。

またエネルギーを放出する穴、アルタナの門を管理する協会は管理の地位を利用し、星々の内政に干渉した。そうして幾多の星を食いつぶすなど危険な組織でもある。

出典:http://writertsubaki.com

江戸幕府を傀儡とし裏から操る謎の組織。編笠を深く被った行脚僧のような格好をしており、彼らの顔をしっかり見ることはできない。

独立暗殺部隊「天照院奈落」を配下にしている。 攘夷志士にとって最大の敵である。

攘夷戦争

出典:https://pbs.twimg.com

天導衆はある目的に地球に行く。江戸幕府はあっさり圧倒的力の前に開国する。開国以後、天人に対して媚びへつらう幕府に対し侍たちの不満が高まった。

天人との関係悪化を危惧し幕府は武家を弾圧し、この国は内戦に突入した。これが「攘夷戦争」である。天導衆は内戦鎮圧の協力の名のもとに内政に介入し幕府の実権を握った。

銀時、高杉達は天人に対し果敢に攻め奮闘するも、この戦争は攘夷志士側の敗北となり吉田松陽を含む多くの思想家達が処刑され天人に対する抵抗は幕を閉じた。

天道衆 奈落

出典:http://mangakansou.com

『銀魂』に登場する江戸幕府所属の軍隊。
 天導衆直属の暗殺集団であるものの、構成員の多くは地球人(日本人)である。歴史は天導衆よりも古く、古来より闇で暗躍していた。
 天人襲来に際し13代征夷大将軍・徳川定々が再び中興の祖となって支援をし、邪魔なお庭番衆(忍者)を解散させて奈落を最大の独立遊撃勢力とした。

天導衆 朧

出典:http://livedoor.blogimg.jp

天導衆奈落の首領・朧。普段は天導衆の命により、徳川定々の警護を担当している。天道衆からは八咫烏と呼ばれている。経絡を熟知した戦闘の達人で、経絡を的確に針ないしは気功で突くことで相手に致命傷を与えるなど強敵。

実はその正体は人間。虚が吉田松陽として生きていたとき、死にかけていた人間の子(朧)に不死の血を分けることで、命を救ったのだった。

しかし、度重なる傷によって、朧の肉体には死が迫っていた。松陽としての人格が死んだ今も朧は虚に「この身が朽ちるまで仕える」と誓っているが、なぜ松陽ではなくなった虚にそこまで心酔しているかは不明である。

天導衆 天人

出典:https://i.ytimg.com

天人が地球に住み着くようになったのは天人である天導衆が江戸の影の支配者として実権を握った事である。その実権は警察の組織である真選組に警告をする程細部に渡る。

天人が向こうから来たおかげで江戸の街は飛躍的に発展していったものの天人による犯罪も多く多発している・・

天導衆 虚

出典:http://livedoor.blogimg.jp

先代奈落首領にして天導衆の一角。烏の仮面で素顔を隠していた。物静かで丁寧な口調だが、その本質は無慈悲で残忍極まりなく、目の前の命を奪うことに何の躊躇もない。

化物染みた戦闘能力を誇り、剣に秀でる沖田や信女すら反応できない剣技を持つ。田や神楽、信女という作中屈指の戦闘力を持つ三人が同時に挑んでも手も足も出ない実力。

そしてその正体は・・・

出典:http://pbs.twimg.com

虚の正体!?

出典:http://stat.ameba.jp

真選組篇・近藤勲奪還の際に、黒縄島で銀時は仮面をかぶった虚と一戦を交える。銀時はその太刀筋に懐かしさを感じ、仮面の下の顔を見て衝撃を受ける。

その顔は亡き師吉田松陽と同じ顔だった。自分達の師が天導衆の首領であり500年生き続けて来た不死の男。虚は天導衆が管理しているエネルギーアルタナの影響で死なくなった。

吉田松陽は天導衆から去り、隠れていた虚であった・・・

https://www.youtube.com/watch?v=6H0ZbB1VX5o

天導衆 松陽

出典:http://matomame.jp

理由はどうあれかつて徳川定々の時代、天照院・奈落として君臨していた虚は失踪。天導衆は虚を始末するために探しまわり、その結果ある場所で虚を見つけた。

それが銀時・桂・高杉に学問等教え松下村塾にいた吉田松陽と名乗る人物だった。この時の松陽はかつての虚と別人と思われた。

そして、教え子たちによって反乱が起こったが、銀時の一太刀によって松陽先生は死んだ。その後、天導衆が吉田松陽の亡骸を燃やしたとき、「異変」は起きた。

死んだはずの男が、炎の中からよみがえった。よみがえった男の目は銀時達の師・松陽でなく虚であった・・。

出典:http://pbs.twimg.com

出典:http://pbs.twimg.com

出典:http://pbs.twimg.com

出典:http://pbs.twimg.com

天子は天導衆の味方か敵か

出典:http://blog-imgs-86.fc2.com

攘夷志士・天導衆・春雨・幕府など様々な勢力が銀魂の中で登場するが作中で未だに明らかにされていない天子。言い方を帰れば朝廷。

江戸中心での話のため京都にいる天子は出てこないかもしれないが終わりに近づきつつある銀魂に現れる可能性は否定できない。

天子が銀時達にとってどのような立ち位置で出で来るかは今後の銀魂の展開に期待する。

まとめ

出典:https://pbs.twimg.com

江戸の影の支配者として君臨し暗躍していた天導衆。銀魂の物語が終わりに近づいた時、天導衆は重い腰をあげ銀時達をつぶしにかかろうとする。

惑星烙陽にて、春雨を吸収し奈落の首領である虚率いる天導衆側と元攘夷志士桂達と銀時達、万事屋メンバーで構成される人間側の激突が始まる。。

地球に帰るのは果たしてどちらか。。?