【ハヤテのごとく!】畑健二郎の漫画家としての魅力をまとめてみた!

4度に渡りテレビアニメ化と劇場化された【ハヤテのごとく!】畑健二郎先生の漫画の魅力をまとめてみました!

畑健二郎とは

生誕\t1975年10月19日(40歳)

出身 福岡県

活動期間\t2002年(平成14年) –

代表作\tハヤテのごとく!

出典:https://ja.wikipedia.org

ハヤテのごとく!とは

出版社\t小学館

掲載誌\t週刊少年サンデー

レーベル\t少年サンデーコミックス

発表期間\t2004年45号 – (連載中)

巻数\t既刊47巻(2016年2月18日現在)

出典:https://ja.wikipedia.org

畑先生の漫画家になるまでの歩み

スタジオジブリの入社試験を受ける

現在のように漫画家として活躍する以前は小説家とアニメーターを志していてスタジオジブリの入社試験を受け、鈴木敏夫取締役による面接試験を受けていたが主張しすぎるとの理由で落ちている。

細田守監督には「君を入れると、かえって君の才能を削いでしまうと考えて入れるのをやめた」と言われていたと宮崎駿監督から直々の手紙付きで不採用となっているのでジブリでは個性の強い人は適さないのかもしれない。

かってに改蔵のアシスタント

富士見書房ファンタジア長編小説大賞に2度投稿し2度とも落選した後に半年大学に行かず漫画を仕上げ小学館に持ち込んだ時に第1話から久米田康治先生のアシスタントとして働く話しがありクメプロに入ることとなった。

その時に大学を辞めて以降の5年間を久米田先生のアシスタントとして過ごし「かってに改蔵」の第1話に冒頭で登場する公園の回転型ジャングルジムは、畑先生の最初にアシスタントとして描いた作画として知られている。

漫画家としてデビュー以降

久米田康治先生からネタにされる

「ハヤテのごとく!」がアニメ化し、キャラクターの声をあてる女性声優さん達と写真を撮った際には全く同じポーズの絵が「さよなら絶望先生」の漫画に何度か登場していて、畑先生本人と思われる人やネタやハヤテのごとく!がネタにされいている。

「ハヤテのごとく!」のアフレコにスケジュールが合わずに足を運べなかった時に「さよなら絶望先生」のアフレコ現場に現れ好きな女性声優さん達のサインを集めていたとも暴露されていて「さよなら絶望先生紙ブログ」にも畑先生のことが書かれている。

アニメで本人役として声優を務める

「さよなら絶望先生」の原作でも畑先生の様に描かれていた話がアニメ化した際にアフレコに参加して本人役で演じて声優デビューしている。絶望ネタ的に畑と言う字を離して「火田」と書かれているが完全に畑先生のことである。

「ハヤテのごとく!」と「さよなら絶望先生」の声優キャストで共通するキャスト陣も居て声優さんずてに久米田先生と交流している様子が見られる。しかし「声優>>(略)>>5年いたとこの師匠」と思われてしまっている。

エンドカードを頼まれて描く

「さよなら絶望先生」のアニメのエンドカードは毎回著名な漫画家が代わる代わる描いて提供していて畑先生も俗・さよなら絶望先生の第五話で絶望少女の「常月まとい」と「ハヤテのごとく!」に登場する「タマ」と言うホワイトタイガーを描いて提供している。

しかしそのエンドカードについてもネタにしていて、久米田先生の中の畑先生への細かい評価は「声優(白石涼子)>声優(それ以外)>ネットの住民>赤松健>現金>師匠」となっている様子。

レーシック手術

漫画家としてデビューしてもしばらくは眼鏡をかけていたがレーシック手術をして眼鏡が不必要になる程視力が回復したので作業効率も上がった。著名人でもレーシック手術を失敗する例はあるが畑先生の場合は大成功だった。

松竹芸能に所属のしているお笑いコンビ「チョップリン」の西野恭之介さんとは中学時代の同級生で畑先生が漫画家として活躍していることを知りブログにレーシック手術をして「お~い!畑坊がメガネを外したじょ~!」と綴っている程眼鏡のイメージが強かった様子。

まんが家BACKSTAGE

「週刊少年サンデー」公式サイト内の「まんが家BACKSTAGE」を他の作業にもとりかかり忙しくなり「ハヤテのごとく!」を一時休載するまでに、同時に毎週更新し続けていて2位以下に圧倒的な差を付けた更新回数記録を持つ。

10年以上更新してない漫画家も多くいるが、畑先生は「まんが家BACKSTAGE」に載せる為だけに絵も描いたりしていた。そこで久米田先生のこともちょくちょく話題にあげていた。

劇場版 ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH

「ハヤテのごとく!」を連載1回目から1度も落とすことなく連載し続け、サンデーのこち亀と言われる程だったが「劇場版 ハヤテのごとく!HEAVEN IS A PLACE ON EARTH」の原作オリジナルストーリを最初から最後まで完成度の高いネームを描いて仕上げ、この間はサンデーでの連載や「まんが家BACKSTAGE」を休むことがあった。

この時初めて登場したキャラクターは後に「ハヤテのごとく!」の本編にも登場してハヤテ達と一緒に生活するようになった。

それが声優!

「ハヤテのごとく!」と同時進行で原作は声優のあさのますみさんが手がけ畑先生が作画担当をする「それが声優!」の同人誌をコミックマーケットなどで発売することになり畑先生自ら会場に出向き売り子をしていて後にアニメ化もされた作品。

アド アストラ ペル アスペラ



「ハヤテのごとく!」と「それが声優!」と同時進行で「ハヤテのごとく!」と同じ週刊少年サンデーに並行して月一で2015年から連載されている作品。

Twitterの反応

最後に

「ハヤテのごとく!」、「それが声優!」、「アド アストラ ペル アスペラ」を同時進行させ「まんが家BACKSTAGE」も更新して同人誌のイベントにも足を運ぶ忙しい畑先生ですが、そんな畑先生のプライベートな部分は何故か久米田先生の漫画で知ることが出来る活躍の範囲の広すぎる漫画家さんですね!これからも大変と思いますが連載楽しみにしています。