見事な美女男子に成長しました。マギ界の男の娘、練紅覇が新章で再登場!【マギ】

戦争から三年がたったところからスタートしたマギの新章では、あの可愛い練紅覇くんも登場しました。お兄さんは二人ともがたいがいいので紅覇くんもムキムキになっちゃうかも…と思いきや、なんととんでもない美女風男子に育っていました。

練紅覇とは

マギに登場するキャラクター

出典:http://pixiv.navirank.com

出身地\t煌帝国

立場\t煌帝国第三皇子

年齢\t19歳

身長\t158cm

体重\t45kg

家族構成\t実母、義兄2人、義姉妹弟複数

特技\tめった斬り

趣味\t美容、オシャレ

好きな食べ物\tイチジク

嫌いな食べ物\t辛い物

好きなタイプ\t個性的な女性

嫌いなタイプ\t自分から何もしない人

好きな休日の過ごし方\t部下への労い

悩みごと\t母親のこと

弱点\t兄

出典:http://dic.pixiv.net

マギという作品に登場する男の子です。中国をモチーフにした煌帝国という国の皇子で高貴な身の上ですがくだけた口調や個性的な服装(笑)で親しみをもてるキャラクターです。

練家は赤い色の髪の毛の人がほとんどですが、紅覇くんはちょっと明るめのピンク色です。どの作品にもピンク髪の女の子が出てくると言われていますが、マギではそのポジションを紅覇くんが担っています。

出典:http://pbs.twimg.com

マギとは


マギとは、魔法や精霊といった不思議な力で戦う、冒険ファンタジー作品です。サンデーで連載しており2回アニメ化しています。最近は番外編のシンドバッドの冒険も同時連載(作画は別の人)しています。

魔法、冒険とワクワクする要素が多いこの作品ですが、戦争や差別などの重い問題定義があります。お色気シーンやグロイシーンもあるんですが、若い年代の人にぜひ読んでほしい漫画です。

煌帝国とは

出典:https://twitter.com

煌帝国はマギに登場する大国です。架空の世界が舞台になってはいますが、古代ローマやエジプトなどモチーフになっている国や文化が存在します。

煌帝国は古代中国をモチーフにした国で、どこか和の雰囲気を感じさせることもあります。来ている物は古代中国風の着物ですが、そこに洋風のテイストが入っていてとてもおしゃれな人が多いです。

紅覇は皇族とだけ合って身なりにとても気を使っているようですが、ひとたび戦いになると髪が乱れることも気にせず躍進します。

ちょっとスパルタだけど部下想い

変わった部下がたくさん

出典:http://lineq.jp

煌帝国の皇子は将位につきそれぞれが大勢の部下を持っています。迷宮を攻略する時も大勢の部下を連れて挑みました。

金属器使いを信頼し敬愛している家臣が眷属となりえますが、煌帝国は眷属として優れているものが多いです。

忠誠心が特に強い煌帝国の兵士たちでも紅覇の部下は色んないきさつで紅覇と出会い、心の底から主を信じきっている人たちばかりのように思えます。

呪符を巻いた魔導師や国を追放された一族など

出典:http://ameblo.jp

紅覇の部下たちは主への忠臣が際立っていることもありますが、個性的な人間ばかりです。人造魔導師製造実験の失敗作で体の一部が腐敗している為呪符を巻きつけている女性たちがその筆頭です。

他にも逆族として国を追われながらもつぎはぎの旗を掲げた誇り高い民族など、日陰者という身でありながら皆自分の信念や誇りの為に多大な努力をしてきた人たちなんです。

見た目や立場に惑わされず強い信念を持つ人間を純粋に評価し、他人からのやっかみなど気にも留めず自分たちを信頼してくれる紅覇に部下は皆心酔しています。

スパルタだけど部下は逆に喜んでいる

出典:http://zavn.blog.fc2.com

気を許した人間にはストレートな言葉を使う紅覇なのでたまに「紅覇ドS過ぎる…」と思うこともありますが、実は部下はそのキツイお言葉を喜んで、いや悦んでいるようです。

魔導師の女性三人組の、紅覇への愛が高まると「もうめちゃくちゃにして!」と飛びつくシーンが何回かありました。

体の関係はありそうでないようですが(大高先生の手書きブログ参照)、体が腐り女性として生きる希望を失いかけた彼女たちに堂々と綺麗だよと言ってしまえる紅覇の男前ぶりを想うとそれも納得です。

部下の崇敬を集める様からジンに選ばれる

出典:http://blogs.yahoo.co.jp

「一人の絶対的な王が統べる世界より、王に負けない位強い部下達と王が手を取り合って作り上げる世界が見たい」というレラージュの求める理想に紅覇とその部下たちは見事に一致していました。

部下が紅覇を強く信じる心、そして紅覇たちが自分達にとって一番の王なのだと力強い眼差しで語ったいた事をレラージュは見逃さず、第一皇子紅炎ではなく紅覇を攻略者に選びました。

日陰者と言われる者たちを偏見の眼差しで見ず、心の本質こそを評価してくれる紅覇ですが、紅覇が人の内面をこそ大事にするようになったのにはあるきっかけがありました。

部下への愛は母との辛い過去が理由?

精神を病んだ母親

出典:http://websunday.net

マギ27巻の巻末おまけ漫画では、紅覇の過去と紅炎・紅明と紅覇の出会いについて書かれています。

紅炎と紅明は同じ母親のようですが他の兄弟は皆母親が違う様で(モブレベルの皇女はわかりませんが)今は仲がいい紅覇と出会ったのはある程度成長してからでした。

紅覇の母親は煌帝国皇帝、紅徳との間に紅覇を儲けましたが後に精神を病んでしまいました。回想から推察するとそれに対する紅覇の母と紅覇へのフォローはあまり十分ではなかったようです。

自分が子供、紅覇が母親だと思い込んでいた

精神を病んで子供返りしたのか、それとも自分を本当に子供だと思い込んでしまったのか、紅覇の母親は幼児のような言動しかできなくなりました

紅覇はそんな母親の母親役を引き受け、母が紅覇で自分は紅覇の母親なのだと言って母をあやす毎日でした。母のゲシュタルト崩壊です。

幼いながらも母親を守ってきた

出典:http://matome.naver.jp

年端もいかない紅覇が大人のような言葉づかいで言うセリフはどこかちぐはぐで、そんな虚栄を見透かした紅炎は「辛くなったら俺たちの弟でもあるのだということを思い出せ」という言葉をかけます。

紅炎はこの時から王として下の者の弱さを受け入れ、どんな者にも自尊心を持つことを忘れさせない、ハッとする様な事をいってたんですね。

新章では美女に!

戦争の責任をとって、戦犯として追放されていた

紅炎は今までの他国侵略が間違いであった、白龍皇帝の導く煌帝国こそが正しいのだと民衆にしめすため、戦犯として処刑されることになっていました。

しかし兄を殺すことを思いとどまった白龍の手によって、こっそりと流刑される紅明、紅覇と共に孤島に逃がします。

その孤島で兄弟三人で暮らしている様子がマギの294話で描かれました。大きな網と魚を運んでいる美女はなんと成長した紅覇です!。

兄三人と部下たちで力を合わせて生活していた

出典:https://www.google.com

紅覇は自ら魚を取り、紅明は綱を編んでいます。部下たちは数名いるようですが煌帝国で暮らしていた時のように全てを任せきりにしているわけではないようです。

紅炎は腕と脚を失った白龍に自分の手足をあげたので杖と人の助けがないと歩けない状態ですが、どこか肩の重荷が降りたような表情をしています。

皇族と言えど贅沢が好きという訳ではなく、皇族として生まれた使命や自分の理想の正義を全うするために権力を使い他国を侵略していたんだと思います。

まとめ

再び活躍する展開が来るといいですよね

出典:http://pasutora.blog85.fc2.com

煌帝国という悪役に近いポジションの国の皇子として力を振るってきた紅覇くん。でも好感度はかなり高いキャラクターだと思います!

きっとアリババや白龍関連でまた登場するはずなので、今後もマギが見逃せません!