母親になっていい女っぷりがアップ!砂の忍・テマリの人生【NARUTO】

ナルト連載中も人気でしたが、連載終了してからぐんと人気があがったテマリ。それは何故なんでしょうか、プロフィールなど詳しい事をまとめてみました。

テマリとは

NARUTOに登場する女性キャラクター

出典:http://blog.goo.ne.jp

忍者登録番号\t53-004

誕生日\t8月23日

血液型\tO型

身長\t157.3cm(15歳)→159.3cm(16歳)→165.0cm(19歳)

体重\t44.5kg(15歳)→44.9kg(16歳)→47.9kg(19歳)

好きな食べ物\t甘栗、けんちん汁

嫌いな食べ物\tイカ、タコ

趣味\t植物鑑賞

出典:http://dic.pixiv.net

ナルトには色んな国が存在します。主人公ナルトがいる火の国(木の葉隠れの里)の他に風の国(砂隠れの里)、雷の国(雲隠れの里)など色んな国の人が登場しました。

テマリは風の国、砂隠れの里にいるくの一です。くの一というと特殊な術を使ったり救護側にまわったりとあまり戦闘力がないイメージがありますがテマリは違います。

攻守にすぐれた術を使い、そして戦闘になれば冷酷な一面も見せるなど忍者としては優秀な人物です。

NARUTOとは


忍者が主役のジャンプで連載していた漫画です。アニメは今も放送しており、映画化も沢山されています。

過酷な大戦を終え、サスケとも決着をつけて平和が訪れた世界ですが、今はナルトの息子、ボルトを主役にして新たな連載が始まりました。

最終回を迎えた後も、むしろ迎えた後からどんどん盛り上がったナルトは根強い人気と新鮮みを失わない名作です。

砂の三兄弟と呼ばれる砂隠れを代表する忍の一人

砂隠れの風遁使い

出典:https://www.youtube.com

いくつかの国には忍者たちが暮らす隠れ里があります。そしてその隠れ里は忍者の長として火影、風影という影の名がついたリーダーがいます。

テマリは砂隠れの里の長・風影の実子で、弟二人と合わせて”砂の三兄弟”と呼ばれています。テマリは長子として弟をまとめようとしてきたので責任感の強い性格のようです。

風遁使いで大きな扇子を使って戦います。大きな風を起こすことで攻撃や守備などバランスがいい術で男相手でも負けません。

弟・我愛羅は人柱力として情緒不安定だった

出典:http://blogs.yahoo.co.jp

一番下の弟、我愛羅は砂隠れの人柱力でした。莫大な力を持ち尾がある獣、尾獣を人体にやどし絶大な戦闘力を得た人間を人柱力と言います。

尾獣をコントロールできる人柱力は、9人中1~2人だけでコントロールどころか肉体や精神に多大な負担をかけます。

我愛羅は眠ると尾獣に体を乗っ取られる、と眠らなくなり目の周りに濃いクマがあります。また精神も非情に不安定で、兄弟であるテマリやカンクロウにも乱暴な態度を取ります。

しかしナルトのおかげで人間味を取り戻す

出典:http://girlschannel.net

ナルトも同じ人柱力として迫害されていましたが努力と人柄で少しずつ信頼できる仲間が増えました。仲間の重要性も強く理解しているので人を寄せ付けない我愛羅の事をどうにかしたいと思っていたようです。

戦いを通して我愛羅の傷ついた心の棘を抜くことが出来たナルトに、我愛羅はナルトのようになりたいと尊敬と友情をしめします。

人として正しく生きようとし始めた我愛羅に、実はその力と行いを恐れていたテマリ、カンクロウも共に変わりました

木の葉隠れの里の奈良シカマルと結婚

出会いは中忍試験

出典:http://naruto.japflap.com

最終回では大人になったナルトやナルトの仲間たちが描かれ、ほとんどの同期は結婚していました。火影になったナルトをサポートするシカマルはテマリと結婚しています。

二人の出会いはテマリが初登場した中忍試験です。忍者には下忍、中忍、上忍というランクがあり下忍から中忍に上がるための試験が、その年は木の葉隠れの里で開催されました。

二人は最終試験で戦い、IQ200以上の天才であるシカマルと、風遁術にたけ戦闘慣れしているテマリの戦いはとても見ごたえがありました。

その後も着々と距離が近づいていく

出典:http://jirokayo.cocolog-nifty.com

試験が終了し、中忍になったシカマルとテマリは次の中忍試験の担当になったり、テマリが木の葉に来た時の案内役をシカマルが命じられたりと会う機会は多かったようです。

町を二人で歩いている所をナルトに「デートか?」とからかわれたときは何でもない様に違うと言っていましたが、ファンはおもわずにやけてしまいましたよね。

外伝小説ではついにデートを!

出典:http://prcm.jp

ナルトは漫画では描かれなかったエピソードを書いた小説が何冊も出ています。書いている作家さんは毎回違うようですが、カカシやサクラ、サスケなどを主役にした作品の中でも必見なのはシカマル秘伝です。

テマリとシカマルがメインで登場する小説で、両親の姿に自分とテマリの姿を重ねてみてしまうシカマルや、シカマルの事を思うと胸がズキンとしちゃうテマリ。

ナルトは程よく、そして絶妙な感じで恋愛要素が入るのでドキドキがとまりません。

映画BORUTOでは二人の息子、シカダイが登場

出典:https://twitter.com

ナルトの息子世代が主役の映画、BORUTOではシカマルとテマリの息子が登場します。名前はシカダイです。

奈良家は代々名前にシカという字が入っているんです。シカダイはテマリの綺麗な顔を受け継いでいる様で将来が楽しみです。

性格はシカマルよりで、でも厳しくも優しいお母さんのおかげで躾が行き届いている良い子という印象もあります。

出典:http://pbs.twimg.com

木の葉隠れの里で暮らしシカマルを支えているようです。

出典:http://www.walls321.com

ナルトの世界では忍者が他国の忍びと結ばれることは少ないようですが、ナルトのおかげで平和が訪れた世界では国際結婚をする忍びが何組かいます。

シカマルは奈良家の後継ぎとして里で暮らす必要があり、テマリが木の葉隠れの里に嫁いできたようです。

映画には同年代の妻仲間のサクラ、いのと一緒にあんみつを食べるシーンもあり、木の葉隠れの里でも楽しく暮らせているようです

まとめ

新たに連載を開始した漫画『BORUTO』で登場なるか!?

出典:http://prcm.jp

ボルトが主役の漫画、BORUTOが週刊少年ジャンプで月1で連載されます。作画はアシスタントとして岸本先生を長年支えてきた池本幹雄先生、脚本は外伝小説も執筆した小太刀右京先生が担当します。

ボルトとシカダイ、そしていのとサイの息子イノジンはゲーム友達のようなので登場する機会が多いと思います。

それならきっとテマリも出てくるはず!親世代の活躍も見逃せないBORUTOの連載が楽しみです。