臥煙伊豆湖の正体とは!?その真相を徹底追跡!【物語シリーズ】

怪異の専門家・臥煙伊豆湖。ネットワークを駆使し膨大な情報源を操るスペシャルな彼女は、知識と洞察力で物語シリーズの秘密を解き明かす。彼女は一体何者なの!?徹底追跡の先に見えた答えとは?

臥煙伊豆湖について

出典:http://twicsy.com

駿河の叔母。初登場は「つばさタイガー」。「こよみデッド」「しのぶメイル」「おうぎダーク」のメインキャラクター。年齢は30歳を超えているはずだが、10代にも見える女性。小さな身体にXLサイズという服装は着崩しているものの、うまく着こなしている。

出典:https://ja.wikipedia.org

出典:http://aniban.ldblog.jp

「私は臥煙伊豆湖。なんでも知ってるおねーさんだ」はじめ臥煙さんの独特なノリについていけず苦労が絶えない阿良々木暦でした。圧倒的なスペックの差にただただ嬲られ続けます。

画像はその人間の器の差を如実に表していて笑えます。

出典:http://matome.naver.jp

「友達になろうと言っているのさ・・・とりあえず私からこよみんにとって有益な情報をもたらす前に、三つ、お願いしたいことがある・・・友達のよしみでお願いしたいことがね」

いつの間にか友達にされた阿良々木暦。全てはこの人の手のひらで踊らされているだけなんじゃないかと疑りたくなります。敵か味方かどちらになっても不幸な事態に巻き込まれることは必死です。

臥煙伊豆湖の家族

臥煙遠江(がえんとおえ)

駿河の母親で伊豆湖の姉。旧姓:臥煙。故人であり、「するがデビル」にて、やけにリアルな形で駿河の夢に繰り返し現れた。峻厳な性格で、立場や肩書きにこだわらず相手を一個人とみなす接し方をする。

世間一般の母親というイメージとかけ離れていて、駿河によると「異様」な存在。

出典:https://ja.wikipedia.org

「薬になれなきゃになれ。でなきゃあんたはただの水だ」実の妹にさえ容赦のない姉遠江。もしも生きていれば娘の神原駿河の変態ぶりもその厳格さで矯正されていたのでしょうか。

姪・神原駿河との関係

出典:http://blog.livedoor.jp

「私を叔母さんとは紹介しないで欲しい。不都合があってね・・私だけの都合というわけではないよ、むしろ駿河の気持ちを考えてのことだ」あの大胆不敵な臥煙さんも姪の神原のこととなると、人間的な優しさを醸し出します。

出典:http://blog.crosschannel.jp

「鋭いねえ・・・本当、野に放っておくには惜しい才能だ・・・まあそこは、あの変わり者の意志を尊重しておくがね」当事者の神原には彼女が何を言っているのか理解できない様子。

神原駿河と臥煙伊豆湖は見る限り容姿は似ていない。父親似なのかもしれませんね。だが臥煙家という特殊な家柄の血脈は間違いなく神原駿河に色濃く受け継がれているはずです。

怪異殺しの専門家・総元締め

出典:http://www.anizines.com

「助け合いの精神が大切だろう?あはは、私はメメとは違って、人は一人で勝手に助かるだけだなんて冷めたことを思っちゃいないんだ。人は助け合うことで生きているのさ、生きていけるのさ」

臥煙伊豆湖が意図的ではないにしろ作り上げた強力な怪異専門ネットワーク。そこから抜け出すことはその道での活動の財政的・精神的困窮を意味していた。

臥煙ネットワークのメンバー

詐欺師・貝木泥舟

出典:http://subculture.co.kr

「臥煙先輩が俺が思っているほど、器が大きく懐の深い人間でないことくらいは知っているさ。なにせ、最悪町がひとつ無くなる程度のことで、可愛い後輩との縁を切ろうとするような冷たい奴だぜ」

出典:https://twitter.com

その言い分を側で聞いていた戦場ヶ原ひたぎは不快な表情を隠そうともしなかった。稀代の詐欺師・貝木泥舟は自分の利益となることにしか興味がない。その信条は一貫してブレることはない。

ここまで徹底すると手を叩いて賞賛したくなります。

暴力陰陽師・影縫余弦

出典:http://ciatr.jp

「例えば私にとってはそうではない。いや本当を言えばメメか泥舟のどちらかがいてくれたらと思うよ。ただあの二人は、どうにも風来坊だからね。ちなみに余弦にはいてほしくない。ちっともだ」

出典:http://prcm.jp

女同士の対立は背筋に冷たい物を感じさせます。臥煙さんに毛嫌いされる暴力陰陽師・影縫余弦。お互い面と向かえばそんな素振りを見せず、腹の中は複雑に入り乱れてドロドロに渦巻いていることでしょう。

風来坊忍野メメ

出典:http://matome.naver.jp

「臥煙先輩のネットワークの幹部クラスでありながら、ネットワークの外にいる私に接触を取ってくるのは、相変わらず自由自在な男だと思ったよ。まあ、あの男ほどに、幹部という言葉が似合わない奴もいない・・」

かつてのオカルト研究部の仲間、人形使い・手折正弦が語る。

人形使い手折正弦(ておりただつる)

出典:http://twisave.com

「・・・大学やめて、この道に入った私だが、なにせ臥煙先輩に睨まれている身だからね、なかなか思うようにはいかない。商売が軌道に乗らない。そこで私が短絡的に発想したのは・・・」

己自身を怪異化させる禁呪に手を染めた手折正弦。その結果、この世とあの世の狭間を漂う半人半妖となってしまう。

謎のおねーさん臥煙伊豆湖

出典:http://seiga.nicovideo.jp

怪異関係の元締め的存在、臥煙伊豆湖の出発点は大学のオカルト研究部から始まります。特異な臥煙家という出自が彼女の生き方に影響を及ぼし、オカルト研究部のメンバー影縫余弦・貝木泥舟・忍野メメ・手折正弦と出会いで決定づける。

今現在の人間関係がここで構築され、そして自らの才覚で臥煙ネットワークという強大な組織を構築する。


「そしてその解決策とは君が死ぬことだ」臥煙伊豆湖の本当の恐ろしさを見た!そんな感じのシーンです。

Twitterの反応

出典:http://pbs.twimg.com

最後に

出典:http://hitter7777.blog.fc2.com

臥煙伊豆湖は破格で異例な存在。その無機質な笑顔に皆、恐怖し身震いする。臥煙家とは一体何者なのか。神原駿河の母遠江はなぜ家を出なければいけなかったのか!臥煙伊豆湖と神原駿河、二人が再び交わる時、その謎が解き明かされるのでしょうか。