【天才ですから!】湘北の秘密兵器・桜木花道を徹底解剖!【スラムダンク】

スポ根漫画史上最も魅力的な主人公ともいえる、スラムダンクの主人公、桜木花道の魅力を徹底解剖しご紹介します!

桜木花道とは?

最強の初心者バスケットボールマン

出典:https://www.youtube.com

概要

CV:草尾毅

本編の主人公。湘北高1年。4月1日生。188cm83kg。

背番号10、パワーフォワード(PF)。

入学時にバスケ部主将赤木剛憲の妹赤木晴子に一目惚れし、誘われるがままにバスケ部へ入る。

出典:http://dic.pixiv.net

湘北の秘密兵器、赤猿、リバウンド王、等数々の異名を持つスラムダンクの主人公、桜木花道。日本でもっとも有名なスポ根漫画主人公ではないでしょうか?

まっすぐで純情な不良にみんなぞっこん!今回はそんな桜木花道を徹底解剖しご紹介します。これで桜木花道がもっと好きになる!?

桜木花道のモデルは?

あの有名なNBA選手

出典:http://video.unext.jp

大のバスケ好きでNBAの選手をモデルにすることもある原作者の井上雄彦先生。しかし赤い頭でハッスルプレーで問題児と、そんな独特なキャラクターが現実にいるのでしょうか?

インターネット上ではとあるNBA選手が桜木花道のモデルでは?と噂がささやかれているようなので、その人物と桜木花道を比較してみましょう!

モデルはデニス・ロッドマン?

出典:http://www.legimaga.com

ネット上でまことしやかに囁かれているのは、桜木花道のモデルはデニス・ロッドマン説。(画像右)90年代NBAで暴れまわり、のちに殿堂入りもする最高峰の選手の一人です。

ジャンクロード・ヴァンダム主演のアクション映画「ダブルチーム」に出演し話題もなりました。木曜洋画劇場でも何度か放送されていたので印象にある方も多いかもしれません。

異名も「リバウンド王」「天才」 「赤頭」「退場王」等、桜木花道との共通点も多いようですね。異名からわかる通り、ヘアスタイルも桜木花道と共通するものもあったようです。

デニスロッドマンと桜木花道の共通点

出典:http://es.klear.com

桜木とロッドマンはリバウンドやディフェンス力も同様に高く、逆に弱点もシュートと共通しています。またボールに最後まで食らいつく姿も共通しています。

プレイスタイルのみならず、デニス。ロッドマンが活躍したシカゴブルズのユニフォームも当時はホームが赤で、ロード(敵地での試合の事)が白と湘北と共通する点もあります。

また、例えば背番号。桜木は初の練習試合で背番号は10番になります。ロッドマンの初の所属チーム、デトロイトピストンズでの背番号も10で、のちに永久欠番となります。

デニス・ロッドマンがモデルではない?

出典:http://deepstone.blog64.fc2.com

あまりに共通点が多く、ここまで来ると桜木花道のモデルがデニス・ロッドマンでないとなると違和感があるほどですが、実は桜木花道のモデルはデニス・ロッドマンではないようです。

作者の井上雄彦先生もインタビューで否定していて、「モデルがいるとすればチャールズ・バークレー」だと語っています。また連載が始まった1990年当時のロッドマンは黒髪で、桜木がリーゼントでロッドマンが短髪と相違する点もあります。

しかし偶然にしてもここまで似ているとは奇跡的ですよね。

桜木花道のバッシュのモデル

30円はあり得ない!?

出典:http://video.unext.jp

緻密なバスケ描写でうならせるスラムダンクでもっともバスケファンをうならせたシーンといえば、桜木花道が初めてバッシュを買いに行ったシーンと言っても過言ではないでしょう。

春子に誘われ、チエコスポーツでバッシュを買いに行くシーン。初めての時は30円、二度目は100円でバッシュを買っていますが、実際にはいくらぐらいのものだったか検証してみようと思います。

一代目はエアジョーダン6

出典:http://moonitem.com

第六巻にて、チエコスポーツで30円で買った(というか強奪した)バッシュは、モデルはナイキエアジョーダン6のホワイト×レッド。当時の定価19800円のものでした。

このモデルは最近でも何度か復刻されていて、現在では6~10万に値が下がっていますが、オリジナルはスニーカーブーム時には30万で取引されたこともあったとか。

ちなみにナイキ側もこのモデルが桜木花道が着用していたことを知っているようで、ジョーダン6スラムダンクエディションを発売することもありました。こちらも現在ではプレミアがついています。

二代目は伝説のエアジョーダン1!

出典:http://sneakerbox.jp

22巻、二度目にチエコスポーツを訪問したときには店長も桜木の活躍を知っていて、快くバッシュを提供してくれました。それが伝説のAir Jordan1、当時は100$(12000円)で販売されていたものです。

こちらは飛行機で紙ナプキンにデザインされたとか、NBAの規定に違反し50万円の罰金を払いながら着用したとか逸話も多い伝説的なエアジョーダンで、現在ではショップの買い取り価格で20万円を優に超すプレミア価格になっています。

赤と黒が湘北の色だということでチエコスポーツの店長は桜木にプレゼントしようとしますが、桜木は「気持ちで」100円渡します。なんと破格な・・・!

桜木花道の名言

オレのせいで負けたからな

出典:http://p.twipple.jp

コミックス15巻より。インターハイ予選で自分のパスミスで負けたと落ち込む桜木が、自分へのけじめとして丸坊主にしてきたときの一言。

登場当初から自信満々だった桜木が初めて責任感を覚えたシーンで、桜木の精神的な成長も見られる一言です。

メガネ君 引退がのびたな

出典:https://www.youtube.com

コミックス21巻より。インターハイ予選最終戦で湘南が勝利し、全国大会に進めることが決定したときに小暮に言ったセリフ。小馬鹿にしているようで大真面目な顔の桜木に胸が熱くなります。

ヤマオーはオレが倒す!! By天才・桜木

出典:http://新世界アフィリエイト特典.net

コミックス27巻より。山王に湧くスタンドへ向けての一言。インターハイ予選以降精神的に大人になってきた桜木でしたが、まだまだやるじゃん!と思える一言でした。

大好きです 今度は嘘じゃないっす

出典:http://photo.sh

コミックス30巻より。腰の負傷であまりの痛さから意識がもうろうとし、走馬灯のような物を見た時の一言。このコマの高宮の存在感たるや。

真剣にバスケにのめり込んだ桜木は、初めて春子に「バスケはお好きですか?」と聞かれたときに下心からバスケが好きだといったことを後悔していたんでしょうね。

天才ですから

出典:http://english-cimic.hatenablog.com

コミック31巻ラストより。リハビリに専念する桜木が、春子からの手紙で気持ちも新たにリハビリに向かうワンシーンから。ドタバタしたラストですたが、これですべてまとまりましたよね。

このラストのコマの桜木の髪型がかっこよくてかっこよくて・・・。マネした人も多いのではないでしょうか?

最後に


いかがでしたでしょうか?この記事の執筆にあたって久々にスラムダンクを読み返してみましたが、多少懐かしさは感じましたがまったく色あせず25年前の作品とは思えませんでした。

桜木と言えは有吉に引けを取らないあだ名のネーミングセンスでも印象深いですよね。個人的には山王を野辺を「ポール」と呼んでいたことが印象的でしたが、みなさんはどのあだ名がお気に入りでしたか?

最近は新情報が少ないのがさみしいところですが、スラムダンクもとい桜木花道には今後も日本のバスケ界を盛り上げてほしいですね!