現まる子のおじいちゃん!島田敏が担当したアニメキャラまとめ

現在『ちびまる子ちゃん』のおじいちゃん、友藏を演じている島田敏さん。アニメでは他にどんなキャラを演じているのでしょうか。紹介していきます。

島田敏さんとは?

プロフィール

出典:https://i.ytimg.com

本名\t島田 敏

(しまだ さとし)

性別\t男性

出生地\t日本・新潟県新潟市

生年月日\t1954年11月20日(61歳)

血液型\tB型

身長\t164 cm

職業\t声優、俳優、ナレーター

事務所\t青二プロダクション

活動期間\t1978年 –

デビュー作\tユーガー(『宇宙魔神ダイケンゴー』)

出典:https://ja.wikipedia.org

島田敏さんは、1978年の『宇宙魔神ダイケンゴー』のユーガー役でデビューされました。ロボットアニメに数多く出演しているお方で、『エルドランシリーズ』では3作品通して登場するエルドランや同時にパイロット役のキャラクターも演じています。

冷徹な役から少年・青年役、陽気なコメディアン役、さらに最近では老人役まで、演技の幅が広い声優さん。またギャグキャラクターを演じる際の甲高い声が特徴的。

さらに、ベテラン声優から役を受け継ぐことが多いようです。亡くなった松尾銀三さんから『忍たま乱太郎』のヘムヘムと、『スクライド』のビフ、『ちびまる子ちゃん』のさくら友蔵役を青野武さんから受け継いでいます(友蔵としては3代目で、初代は富山敬さん)。

声優として演じたアニメキャラまとめ

さくら友蔵(3代目) 『ちびまる子ちゃん』

出典:https://www.google.co.jp

主人公・さくらももこの祖父。優しい性格で、孫であるまる子に非常に甘く、おかしをあげたり、買ってあげたりしています。こんなおじいちゃんほしいですよね。何かあると心の中で俳句(通称「友蔵心の俳句」)を詠むのがお約束。

しかし、季語が入っていないので俳句ではないだろというツッコミがありますが、そこは大きな心で許してあげてください。

ブロリー 『ドラゴンボールZ』

出典:https://www.google.co.jp

島田さんといえば、このキャラという方も多いでしょう。劇場版アニメに登場するアニメオリジナルキャラクター。主人公すら単独で勝てない史上最強のサイヤ人というチート設定、屈強な肉体とそれに見合った破壊力を持ち外見が地球人型といった原作にはいない体格のボスキャラです。

さらにその設定から清々しいまでの戦闘狂で残虐非道な悪役ぶり、強すぎるが故の不幸な生い立ちなどから、国の内外を問わず高い人気を誇ります。悟空と同じ日に生まれ、保育器では隣同士。その悟空の泣き声に泣かされていたため、悟空に対して強い憎しみと異常なまでの執着心を持っているようです。

劇中ではなにかにつけ「カカロット」と叫んでいるが、これはブロリーが悟空に激しい憎しみを抱いているからであり、2作目で「カカロット」しか喋らなくなったのは敗北した怒りの余り理性を無くした復讐鬼となっているためです。
https://www.google.co.jp/url?sa=i&rct=j&q=&esrc=s&source=images&cd=&cad=rja&uact=8&ved=0ahUKEwiV8cvz4JPMAhXMJ5QKHT_iBssQjhwIBQ&url=http%3A%2F%2Fmatome.naver.jp%2Fodai%2F2138037176822280901&psig=AFQjCNFMzdP8gwvymYJVGmuxMwQdO3V26w&ust=1460916621879443ブロリー役の島田さんと悟空役の野沢さんの生演技。さすがですね。

パプテマス・シロッコ 『機動戦士Ζガンダム』

出典:https://www.google.co.jp

地球連邦政府の木星資源採掘船ジュピトリスの責任者。階級はTVでは大尉、劇場版では大佐。木星船団を統率する指揮官であり、いわゆる「木星帰りの男」。ニュータイプの資質を持っていて、事態を予見する洞察力、優秀なモビルスーツを独自に開発する知識を備えた天才肌の軍人です。

自身にとって有益と思える人物を惹き付ける天性のカリスマを備える等、非の打ち所の無い完璧さを兼ね揃えています。しかし、その内面は非常に傲慢かつ自信過剰で、切り捨てた人間に対しては傲慢な態度を崩しません。

その性格はある意味すがすがしいほどですが、自身直属の配下を除く人間達の多くから、反感を買い続けていました。パイロットとしての能力もとても高く、自ら開発したニュータイプ専用機ジ・Oでファンネルの挙動すら予測し、これを完全に封じています。

ユダ 『北斗の拳』

出典:https://www.google.co.jp

TV版を島田さんが演じています。南斗六聖拳の一つ、南斗紅鶴拳の使い手。「妖星」の宿星を背負う拳士であり、戦争の混乱に乗じて暗躍し、南斗六聖拳を分解させる原因を作った男でもあります。「美と知略の星」を自負し、相手の弱点をつく戦略を得意としています。

その知略の深さと、自らの美しさに絶対の自信を持つナルシストでもありますが、それと同時に自らが心の底から美しいと感じるものの前では無力になってしまう一面を持ちます。

そのため、自分より強く美しい水鳥拳を操るレイに対しては、その存在が許せぬという憎悪にも近い嫉妬心を持つと同時に、強烈なまでの憧れを抱くという相反する感情を併せ持ちます。いろんな面で怪しい発言が多いので、「アー!!」な人と言われていますね(笑)

ワポル 『ONEPIECE』

出典:https://www.google.co.jp

世界政府公認国家悪ブラックドラム王国国王。元は偉大なる航路ドラム王国(現在のサクラ王国)の国王で悪政をしいて国民を苦しめていましたが、海賊の襲撃であっさり国を捨て海に逃亡するというすがすがしいほどの悪役。

そこでブリキング海賊団という海賊団を旗揚げして船長となり、海賊達がドラムから去りほとぼりが冷めるまで海賊として活動していました。その後ドラムの住民麦わらの一味によって追放されて放浪生活を送るも、紆余曲折合ってどういうわけか世界貴族入りを果たしたようですね。

バクバクの実の能力者で、口を自在に巨大化させ、ありとあらゆるものを美味しく食べることができる「雑食人間」。砲弾も、さらには自分自身すら食べてしまいます。

Twitterの反応

おわりに

島田敏さんの演じているアニメキャラクターをまとめてみましが、どうでしたか?

島田さんは敵役でも三下のような小物感から、ボスとしての貫禄も自在に演じ切るすごい声優さんです。また、キャラの年齢もなんのその。老人から青年まで自在に演じます。これからもたくさんのキャラを演じられることでしょう。島田さんのこれからの活躍に注目です。