No.1ポイントガード!宮城リョータの魅力を紹介!【スラムダンク】

小さい体の電光石火!湘北高校バスケ部の切り込み隊長、宮城リョータの魅力を徹底解剖しご紹介します!

宮城リョータとは?

神奈川No.1ポイントガード!

出典:https://www.youtube.com

プロフィール

所属:湘北高等学校2年1組

身長:168cm

体重:59kg

誕生日:7月31日

背番号:7→4

ポジション:ポイントガード(PG)

バッシュ:コンバースアクセレレーター

出典:https://ja.wikipedia.org

やんちゃなところもカッコいい!?低身長を生かした、湘北バスケ部の電光石火のポイントガード。身体能力も高く、フェイクやアシストもお手の物な湘北ロースターのキーマンの一人です。

そんな宮城リョータのモデルや独特な髪型、バッシュのモデルまで魅力を徹底解剖!これを見れば彩子もリョータが好きになる!?

宮城リョータのモデルは?

モデルはNBAに名を残す名PG!

出典:https://twitter.com

巧妙なドリブルと電光石火が魅力の宮城リョータですが、彼のモデルは誰だったのでしょう?一説によるとスラムダンクの主要メンバーのほとんどはNBAのトップアスリートがモデルだとか。

雑誌の特集である選手が宮城リョータのモデルとして紹介されていたそうなので、その選手と宮城リョータを徹底比較してみましょう!

フェニックスの名PG、ケビン・ジョンソン!

出典:http://mediumhappy.com

宮城リョータのモデルとされているのは、1980年代から2000年までNBAで活躍したケビン・ジョンソンと言われています。ポジションも宮城リョータと同じポイントガードでした。

リョータとの共通点はまず背番号。リョータの背番号は7でしたが、ケビン・ジョンソンも背番号は7で、全盛期に所属していたフェニックス・サンズでは7は永久欠番になっています。

プレイスタイルも低身長ながら身体能力が高く、巧みなドリブルでアシスト能力が高い名ポイントガードでした。現在でもMLBではマジック・ジョンソンやジョン・ストックトンという名だたる名ポイントガードと並び称される選手です。

リョータとKJの相違点

出典:http://www.scientology.jp

元々宮城リョータは三井寿との乱闘騒動で謹慎処分になる不良でしたが、ケビン・ジョンソンは現役時代もチームメイトから人望が厚く、引退後はサクラメント市の市長も務める人格者です。

またプレイスタイルでも宮城リョータはゴール下などのシュートが得意でフリースローなどは不得意でしたが、ケビン・ジョンソンはミドルレンジからの得点力も高くシューティングガード的な活躍も多かったようです。

しかし作中では宮城リョータがケビン・ジョンソンを模したプレイも見られるので、宮城リョータのモデルはケビン・ジョンソンで間違いないかと思います。

宮城リョータのバッシュのモデルは?

玄人好みなモデル?

出典:http://sorriso.jp

スラムダンクといえばバッシュなどキャラクターの使用する道具にも凝っている作品ですが、宮城リョータの着用していたバッシュはどんなものだったのでしょう?

調べてみたところ、宮城リョータが着用していたバッシュは、当時としてはなかなか玄人好みでマニアックなものだったことが分かったのでご紹介しましょう。

リョータのバッシュはコンバース

出典:http://skit.cocolog-nifty.com

調べてみたところ、宮城リョータのバッシュは「コンバースアクセレレーター」だそうです。当時バッシュといえばナイキやアシックスが主流だったので、なかなか通なチョイスです。

宮城リョータのモデルは先述したとおりケビン・ジョンソンですが、コンバースのバッシュはマジック・ジョンソンが愛用していました。リョータがマジックジョンソンに憧れていたのか?と考えるとキャラクターに深みが出ますね。

20年ほど前に発売されていたもので、コンバースもその後このモデルの再生産は行っておらず、現在ではかなり入手困難な一品になっているようです。

26年を経て「リョータヘア」がブームに?

ラフパーマ×ツーブロック

出典:http://www.harvestsob.sakura.ne.jp

スラムダンクのキャラクターは桜木の赤坊主をはじめ仙道のツンツンヘア、清田のロン毛や赤木の謎の髪型等かなり独特な印象のキャラクターが多いですよね。

1990年当時は宮城リョータのヘアスタイルも当時はかなり先進的で独特に見えたものですが、26年の時を経てトレンドになりつつあるようです。

ラフパーマ×ツーブロック

出典:http://allabout.co.jp

ツーブロックが最近の流行であることはみなさんご存知かと思いますが、宮城リョータのヘアスタイルはそれにパーマアレンジも追加したものだとか。

ヘアスタイルには疎い筆者ですが、メンズカットもしてくれる美容院では「宮城リョータ風で!」というと近いものにもしてくれるそうですよ。料金は1万~2万円ぐらいで可能なようです。

出典:http://pbs.twimg.com

宮城リョータのスマートな名言集

今日もやるぜ花道!!

コミックス第7巻より。桜木花道との友情が芽生えたワンシーン。その後も二人は名コンビとして活躍し、山王戦ではあうんの呼吸で完璧なまでのアリウープも決めます。

いずれ神奈川No.1ガードと呼ばせてみせる 今はただのグッドプレーヤーですけどね

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

コミックス第21巻より。当時1年のりょーたが入部したとき、小暮に放った一言。当時から自信満々です。その後有言実行するところがカッコいい!

ドリブルこそチビの生きる道なんだよ!!

コミックス第30巻より。山王戦での一言。小さくてシュートも下手なリョータはこの言葉を胸に神奈川トップクラスのポイントガードになったんでしょうね。胸が熱くなる!!!

最後に

https://www.youtube.com/watch?v=ZSu5JGvmi0Q
いかがでしたでしょうか?登場人物でも宮益、彦一に次いで低身長で、レギュラークラスでは最低身長の宮城リョータが活躍する姿は爽快の一言ですよね。

彩子にぞっこんの宮城ですが、作中ではその恋が成就することはなく終わりました。筆者的には彩子には大学出るぐらいまではじらしてほしいところですが皆さんはいかがでしょう?

元バスケ部の筆者としては、バスケ人気が低迷している今こそスラムダンクの力で再び盛り上げてほしいと願う限りです!