無欲のフラウドリンは弱いのか?その強さと闘級を徹底考察!【七つの大罪】

七つの大罪で様々な秘密を抱えていた、影の大物フラウドリン。彼はいったい何者なのか、その強さは本物なのか、徹底考察しよう!!

フラウドリンのプロフィール

フラウドリンとは?

出典:http://7-taizai.jp

女神族の封印から逃れていた唯一の であり、「無欲」の戒律を司る。ドレファスの内側に潜んでいる他人の身体を乗っている間は、その身体の見た目をそのままにしているが、目元にだけ入れ墨のような黒い印があらわれる。

リズを殺害した際の格好は、頭部から背中にかけて10本ほどの突起物を生やしている大きな怪物であった。十六年前のダナフォール崩壊の際に、メリオダスにうち滅ぼされたはずであったが、実際は地中に身を潜めて復活の機を待っていた。

そして十年前にダナフォールの調査に訪れたドレファスの身体を手に入れて復活するに至った。洗脳したヘンドリクセンをも利用して、当時の聖騎士長であったザラトラスを殺害。殺害の濡れ衣を「七つの大罪」に着せて追放し、リオネス王国を混乱へと導いた。

操っていたヘンドリクセンが「七つの大罪」に敗れると、それをまた復活させ魔人族復活を成し遂げた。現在は十戒とともに行動している。

フラウドリン敗北?蒼天の六連星との戦いの流れ

フラウドリンは、あの「七つの大罪」でも手を焼く「十戒」のうちの一人。実際に、「十戒」の一人であるガランに対して「七つの大罪」は大敗を期してしまいました。しかし!突然現れた「蒼天の六連星」のうちの三人、デルドレー、アーデン、ワイーヨにたちまちやられてしまいました。「蒼天の六連星」、彼らは一体・・・

デルドレー:衝動(ラブドライブ)

出典:http://7tuno-taizai-ken.seesaa.net

まずはデルドレー。彼女の能力は「衝動(ラブドライブ)」彼女に対して少しでも好意を持ってしまったらそれが熱烈な愛情、妄信的な忠誠心に変わっていってしまうというもの。まずは、町娘のような恰好をしたデルドレーがフラウドリンを誘惑。好意を向けてしまったフラウドリンの自由を奪ってしまうのです。

アーデン:無駄(ベイン)

出典:http://7tuno-taizai-ken.seesaa.net

次はアーデン。彼の能力は「無駄(ベイン)」彼の魔力のこもった武器を受けてしまうと、魔力を通常より膨大に浪費してしまうというもの。デルドレーをかばってアーデンの矢を受けたフラウドリンは魔力をほとんど使えなくなってしまいます。

ワイーヨ:(?)

出典:http://7tuno-taizai-ken.seesaa.net

最後はワイーヨ。彼の能力は分かっていません。しかし、魔力がないとはいえ強力であるはずのフラウドリンの手刀を難なく受け止め、反撃の一発でフラウドリンをのしてしまいます。能力以前にそのパワフルさがすでに武器ですね。

なぜ負けたフラウドリン

フラウドリン、彼は一体なぜ負けてしまったのか。それはただ単純に相性や彼らの作戦勝ちなのかと。どんどんフラウドリンの力を奪っていき、討ち取りやすくできたのが勝因でしょう。「蒼天の六連星」恐るべし・・・

フラウドリンとドレファスの関係の詳細

フラウドリンとドレファス、その過去には・・・

出典:http://7tuno-taizai-ken.seesaa.net

魔人族のフラウドリン、そしてフラウドリンに身体をのってられてしまったドレファス。2人の間に何があったのか、その経緯をおさらいして行こう。

十年前、ダナフォールの調査に訪れたドレファスとヘンドリクセン。大穴の底に進むにつれ、魔神族の魔力を感じとる。その正体こそがフラウドリンであった。復活のため、身体を乗っ取ろうと試みるも、ドレファスの強い意志とその魂によって弾かれてしまう。

出典:http://7tuno-taizai-ken.seesaa.net

そこでフラウドリンはやり方を変える。ドレファスほどの力を持たなかったヘンドリクセンの身体をまず乗っ取ることにしたのだった。どうしようもできなかったドレファスは、やむなく自分の身体を差し出してヘンドリクセンを解放させるに至った。こうして、フラウドリンは復活をとげてしまう。

フラウドリンは弱い?フラウドリンの闘級を徹底考察

闘級って?

出典:http://nanatunotaizai-netabare.info

闘級とは、「七つの大罪」世界において、その人物の強さを数値化して測る指標となるものです。バロールの魔眼という魔具によって測れるようになりました。魔力の強さをしめす「魔力」、身体能力の高さをしめす「武力」、戦いにおける冷静さと忍耐をしめす「気力」の数値の合計が「闘級」となって数字であらわれる。聖騎士見習いで150、聖騎士で300というのが一般的な数値だそう。今のところ最高値を叩きだしているのはエスカノール(全力時)で50060以上!化物級ですね。

フラウドリンの闘級は・・・

出典:http://7tuno-taizai-ken.seesaa.net

フラウドリンの闘級はいまのところ発表はされていない。そこで、これまでの戦いなどを踏まえて予想していこう。

まず、一つ指標となるのは同じ十戒のガラン彼は初登場時で26000あります。ということは、フラウドリンも同程度あると考えられます。実際、十戒のことを知っているようなメリオダスが十戒の闘級を推算した時も、十戒の闘級はガランと同程度で考えていましたね。しかし気になるのはこの場面

出典:http://7tuno-taizai-ken.seesaa.net

ワイーヨさんしっかり受け止めてますね。そして先ほどもかいたように、この後反撃してフラウドリンを気絶させてしまいます。さすが蒼天の六連星!ワイーヨの闘級は・・・?

1710!!!

思ってたより低い・・・。これはワイーヨの能力なんでしょうか。まあ何かしら秘密があっても不思議じゃないですよね。アーデンの能力が効いていたとはいえ、ワイーヨの能力を吹き飛ばすほどの武力はなさそうですね。

思い返せば、フラウドリン。その能力の詳細は公開されていないが、人の身体を乗っ取る能力を持つ十戒。パワータイプではないでしょう。武力が低いのも納得です。となると、魔力、気力が高いのかもしれません。蒼天の六連星戦では、頼みの魔力が封じられたことが大きな敗因だったのかもしれません。

結論

フラウドリンの闘級は、

魔力12000、武力1500、気力10000の

23500(魔力回復前)といったもんじゃないでしょうか。これからの公式情報が気になりますね!

フラウドリンの活躍している場面、画像3選

仮の姿に身を潜めるフラウドリン。そんな彼が活躍している画像を見ていこう!

出典:http://7-taizai.jp

本編でちらっとだけ見えている本体。メリオダスの愛した女性リズを殺しているただ中の様子。

出典:http://blogs.yahoo.co.jp

ドレファスの身体を見事に手に入れた瞬間。絶望感が湧いてきます。

出典:http://7tuno-taizai-ken.seesaa.net

洗脳され、熱く愛を伝えるフラウドリン。熱い・・・!

最後に

リオネス王国騒動の黒幕だったにも関わらず、その強さに疑問が持たれるフラウドリン。腐っても十戒、一応やっぱり強いはず・・・!まだまだこれからも活躍するであろうフラウドリンも注目していきたい!