【黒ステ レポ】舞台『黒子のバスケ』開幕!キセキのキャストが集結!

現代の熱すぎるバスケ漫画『黒子のバスケ』がついに2.5次元化!黒子くんが黒子くん!?っていうかキャスト全員本物じゃない!??チケット争奪戦に見事勝利し行ってきました『黒ステ』!!!予想以上に面白かった~~~!!!!!

『黒子のバスケ』とは

「ボクは影だ」

出典:https://seichimap.jp

週刊少年ジャンプで2009年2号から2014年40号まで連載されていた、藤巻忠俊のバスケを題材にしたマンガ。部員数が100を超え、全中3連覇を誇る超強豪校・帝光中学校バスケットボール部には、「キセキの世代」という、無敗を誇った10年に1人の天才が5人同時にいた最強の世代があった。しかし、「キセキの世代」には妙な噂がある。誰も知らず、試合記録も残っていない。にもかかわらず、その天才5人が一目を置いていた選手“幻の6人目”がいるという…

熱く、興奮する試合内容は勿論、個性的すぎる各キャラクターの魅力で一躍ジャンプの看板マンガになった「黒バス」。特に「キセキの世代」の6人の人気は絶大!グッズが販売されると完売が相次ぎ、イベントのチケットは争奪戦必至。一見、女の子人気が強いと思われがちですが、熱い試合内容はジャンプ男子からも人気が高かったそう。2016年にはTVアニメの「ウインターカップ編」全3作が、そして2017年には待望の新作が劇場公開されることも決定し、連載終了から1年以上経った今でもまだまだ「黒バス」は加速しています!

今回のストーリー

「俺に勝てんのは、俺だけだ」

出典:http://kininaru-syumi.com

今回の『黒ステ』は記念すべき初演ということもあり、原作の冒頭・黒子と火神が出会う所からスタート。誠凛高校バスケ部に入部し、練習試合で海常、IH都予選で秀徳、桐皇との試合までが描かれていました。休憩含め2時間25分という、決して長くない時間の中で、バランス良く試合内容が描かれていたのではないかな?と思いました。所々笑いもあり、最後までだれることなく熱い気持ちのまま観劇を終えられる展開だったと思います!

『黒ステ』が舞台初観劇の方も、試合のテンポが良いので安心して最後まで楽しめるはず。これでチケットさえ取れたら…チケットは既に完売状態で、当日券も長蛇の列だそう。どうにかして当日券当てたいな…

注目キャスト

「人事を尽くして天命を待つ」

出典:http://xn--h9jya6d7a0b9k8qp965aco4a5t0g.com

舞台にしろアニメにしろ、「あれ、ちょっと違ったかな~…」と自分の想像と違うキャスティングを見ることもしばしば。しかし、『黒ステ』はびっくりするくらいそれが無かった!皆最高みんないい。そんなキセキのキャスト陣を一覧でご紹介!

出典:http://nijimen.net

誠凛と海常。

出典:http://nijimen.net

秀徳と桐皇。

黒子テツヤ役・小野賢章(おの けんしょう)さん


皆さまご存知の通り、アニメでも黒子くんの声を担当されていた小野賢章さんがまさかの舞台でも黒子くん続投!本誌で発表された時、「まじかよ…」とこの神キャスティングにTwitterがざわめきました。俳優さんの中に声優さんが混じって大丈夫かな?という声もありましたが、実は小野さんは元々俳優でもあり、子役の頃は劇団に所属していました。

小野さんは声優と俳優の両立について、「声優は声だけで伝えなきゃいけないけれど、俳優は表情や身体で表現できる。両方難しさがあるけれど俳優として身体を使うのも楽しい」と語られています。声の仕事も舞台の仕事も区別せず、色々な仕事に取り組みたいという姿はいつも真っすぐでひたむきな黒子くんそのもの!

実際、ステージにいたのは本物の黒子くんでした。最高の黒子くんだった………

黄瀬涼太役・黒羽麻璃央(くろば まりお)さん


笑顔が可愛すぎる黒羽くんは2010年 第23回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト準グランプリ・AGF賞を受賞し、芸能界入り。『テニミュ 2ndシーズン』で菊丸英二役を好演した後、様々な2.5次元系の舞台に出演されています。中でも『刀ミュ』ことミュージカル『刀剣乱舞』では三日月宗近役!今後ますます人気が加速しそうな俳優さんの一人です。

Utaco.は黒バスでは黄瀬くん推しなんですが、正直どうなるんだろう…と不安でいっぱいでした。イメージと違うかなーなんて思って行ったのですが、予想以上に黄瀬くんすぎて焦った。第一声から黄瀬くんだった。立ち振る舞いも黄瀬くんすぎた。本当、黒羽くんは天才だよ……

高尾和成役・山田ジェームス武(やまだ じぇーむす たけし)さん


山田くんはギャル男系ストリートファッション誌『Men’s egg』にて活躍していたモデル出身の俳優さん。現在は映画中心に活躍されているそうです。ご両親がクウォーターということもあり、目鼻立ちがはっきりしていて控えめに言っても最高にカッコイイ。2015年、話題を呼んだあの『セブンデイズ』にも出演されていました!

個人的に、山田くんの高尾が今回一番良かったです。公演前からTwitterやブログなどで高尾への熱い思いを語られていていたのが気になり、当日も注目して観ていたのですが本当に高尾だった。どうしてもタツ(鈴木達央さん)のイメージが強い高尾なんですが、タツの高尾の良いところも取り入れつつ、山田くんなりの高尾を演じられていてそれが最高に高尾で最高に良かった。気づいたら高尾ばっかり観てた…

Utaco.’sベストシーン!

火神vs青峰

出典:http://www.kurobas-stage.com

誠凛vs桐皇の試合にて、圧倒的強さを見せる青峰に対して周りが絶望していく中、脚のケガというハンデがありながらも活路を見出そうともがく火神が印象的でした。原作でも緊迫したシーンなのですが、火神役・安里勇哉くんの気迫が凄かった!一気にのまれました。青峰役・小沼将太くんは見た目よりも可愛い青峰(ピュア峰)な印象が強かったのですが、このシーンでは一気に強く悪い青峰に。ピュア峰も青峰も見れるなんて最高かよ…とUtaco.がこっそり悶えていたのは言うまでもない。(Utaco.の二推しは青峰くんです)

緑間の3ポイントシュート

出典:http://www.excite.co.jp

緑間役・畠山遼くんの3ポイントシュートのフォームが最高に綺麗。原作同様、何度も決めてくれるのですが毎回見惚れてしまうくらいの綺麗さに感動。そもそも畠山くんの緑間が美しすぎるのもあるんですが、動きの一つ一つが緑間でまさに本物でした。高尾とのやり取りも可愛いし、リアカーで引かれてるし、ラッキーアイテム等身大だしちょっとよく分からなかった。良すぎた。

黒子と火神の拳を突き合わせるシーンが好きすぎる

出典:http://natalie.mu

何度か拳を突き合わせるシーンはあるのですが(黒子と青峰など、他の組み合わせもあり)、最後の黒子と火神の拳を突き合わせるシーンが本当に好きです。いい終わり方だった。次があるのも予感させるし、何より2人の熱い友情と信頼が伝わってきました。泣きそうだった(我慢した)。

オープニングは皆で「Can Do」!

今回、オープニングでキャストがダンスをするシーンがあるのですが、その曲がまさかの「Can Do」!黒バスファンには嬉しすぎる演出。最近の俳優さんって皆ダンス上手いのなー…と感心しました。しかも、皆同じ振付でもそれぞれのキャラっぽく踊ってるのが本当に良い。相田リコ役・田野アサミさんが大好きなのですが、すんごい可愛かった。リコちゃんすぎた。余裕で推せる。

黄瀬ガールズが(色んな意味で)酷い

「黒子っち下さい」

出典:http://25news.jp

『黒ステ』で度々笑いを誘っていたのが、黄瀬くんのファンこと黄瀬ガールズ(勝手に命名)。この黄瀬ガールズは勿論俳優さん達が兼役として演じているのですが、それがもう色んな意味で酷い。真剣に観てたのに笑い過ぎてお腹痛くなる始末。中でも、黄瀬くんの着ていたブレザーを取り合うシーンはガチの取り合いで本当にアレな感じでした。もちろん褒めてます。

まとめ

「…じゃあまずは、シャツを脱げ!!」

出典:http://nijimen.net

今回、実はあまり期待していなかった『黒ステ』。しかしTwitterなどの反応は上々…実際どうかなーなんて軽い気持ちで観劇したのですが、想像の数百倍良かったです。2.5次元ってこれだよこれ!!!って思わず熱くなってしまうような舞台に出逢えて本当に良かったです。

ここまで人気でかつクオリティも高いなら気になるのは再演と続編の決定。できれば両方お願いしたい…キャスト陣も最高なのでこのままでお願いします。『黒ステ』のブザービートはまだまだ鳴らさないわよ!!!