ジョージ朝倉の新連載「ダンス・ダンス・ダンスール」の見どころをいち早くチェック!

「ジョージ朝倉」と言われてピンッとくる人はあまり多くないかもしれません。

ですが、「ピース オブ ケイク」と聞けば思い当たる人は多いのでは?少女マンガ家の中でも、数多くの実写映画化された作品を描いているマンガ家です。そんな少女マンガ家であるジョージ朝倉が現在、青年誌「ビックコミックスピリッツ」で連載しているのが、「ダンス・ダンス・ダンスール」少女マンガ家が男性誌に連載し、そのメインテーマが「男子バレエ」

そんな意欲的な作品「ダンス・ダンス・ダンスール」についてご紹介します。

あらすじ

出典:http://kojimangavip.com

「村尾潤平」は、幼いころに姉が習うバレエの発表会で見たバレエに魅了されていた。

しかし、アクション映画監督の父を亡くし、格闘術ジークンドーやサッカー部に打ち込む事で、亡き父親の遺志を継ごうと「男らしく」ある事を求めていた。

そんな彼が岩倉中学校で2年生となった頃、ふと知り合った美少女「五代 都」に半ば強引に誘われる。そこは彼女の母親が開講しているバレエ教室で、村尾潤平はそこで「男らしさ」を求めて封印していたバレエへの思いを思い出す。

多感な時期である中学生の友達に囲まれてバレエへの思いと、自分に優しく接する五代 都への淡い想いを高めて行く潤平。しかし、そんな彼の前に五代 都と同居する何やら曰くありげな同級生「森 流鶯(るおう)」が現れる。

登場人物

出典:https://twitter.com

村尾潤平

出典:http://kojimangavip.com

岩倉中学校の中学2年生。幼少の頃に見たバレエに魅了されてバレエを習い始めるが、父の死をきっかけにバレエを止めて「男らしさ」を求めてサッカーやジークンドーを習いだす。

性格はひたむきで思い込んだら一直線。あまり思い悩む事より行動して答えを見つけ出すタイプ。

ただ、作品を読んでいると「そんな性格」を演じている様なふしも見受けられ、本当の考えや性格はよく見えない気がします。

村尾一平太

アクション映画監督であり、息子の潤平には「男らしく」あって欲しいと願っていた様子。しかし、バレエを習いたいと希望する潤平の意志を尊重してバレエ教室に通う事を許す。

その後、脳梗塞にて急死。

村尾ななこ

出典:http://ja.whotwi.com

潤平の姉。潤平とは普通の姉弟弟らしく、色々とぶつかり合いが絶えない。しかし、ケンカはするが潤平の事をちゃんと理解している様子。

村尾(母)

名前がまだ出でいません(笑)。父親亡き後に女手ひとつで姉の「ななこ」と弟「潤平」を育ててきた。母親らしく潤平に対する理解が深く、彼らの希望を叶えようと協力的。

五代 都

出典:http://spi-net.jp

ある時、潤平が教室で見せたターンを見て、バレエの素質を見出だした少女。天然系?とにかく潤平以上に思ったら、即実行な半端ないアグレッシブ女子。

五代(母)

出典:http://tweez.net

「五代バレエスクール」の主宰。都が連れて来た潤平に対して色々と口やかましく文句を言いながらもバレエを教えだす。潤平からのアダ名は「ババア」。そう呼ばれても否定せずに受け入れる姿が格好良い。

性格的には「来る者拒まず、去る者追わず」。娘・都の様な強引さは無く、でもそのスタンスは、あくまでも潤平の意志を尊重する表れか?

森 流鶯(るおう)

出典:http://kojimangavip.com

潤平と同級生の登校拒否児、さらには「引きこもり」。でも五代都が一番気にかけている少年。五代家に居候しているが、その由来も不明。バレエに対する才能が高い様子で、性格というか潤平との出会いは最悪。

幼馴染の兵ちゃん

出典:http://kojimangavip.com

どうやら前に潤平が「いじめ」ていた事もある友人らしい。今はそんな事もなく一緒に音楽バンドをやろうと誘う仲。しかし、過去の確執もあり、今後の関係は色々と変化がありそう。

作者「ジョージ朝倉」

出典:http://ma-chan.blog.jp

1995年に「別冊フレンド」(講談社)でデビュー。1999年から連載を開始した「恋文日和」が実写映画化され、さらに第29回講談社漫画賞少女部門を受賞。

2007年から、出産の為に一時連載を休止していたが、2009年から復帰。その後も2008年に「平凡パンチ」が2015年には「ピース オブ ケイク」が実写映画化。現在も他紙で「溺れるナイフ」「テケテケ★ランデヴー」を連載中。

「ダンス・ダンス・ダンスール」は2015年からビックコミックスピリッツで連載開始。ちなみに少女マンガ家らしからぬ、ペンネーム「ジョージ朝倉」。由来は『科学忍者隊ガッチャマン』に登場していた「コンドルのジョー」の本名「ジョージ浅倉」だそうです。

「ダンス・ダンス・ダンスール」の感想

出典:http://matome.naver.jp

今、マンガのジャンルではダンスがひとつのブームになっています。バレエマンガ「テレプシコーラ」から始まり、能をテーマにした「花よりも花の如く」社交ダンスの「ポールルームへようこそ」や少年ジャンプの「背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~」など、ダンスを題材にしたマンガが多く出ています。

そんな中で登場したのが、本作「ダンス・ダンス・ダンスール」です。「男子バレエ」がメインテーマなのは珍しいと思います。普通ならばプリマドンナを目指す少女が主役だと思うのですが…。

主役はかなり元気な猪突猛進タイプの男の子。こうした青春物マンガだと、男子主人公も色々と思い悩むじゃないですか。今の所はそうした感情表現は皆無。思いっきり「やりたい事」を「やりたい時にやる」そうした主人公も現代のマンガでは珍しいタイプ。

出典:http://kojimangavip.com

でも、すべて順風満帆とはいかない様です。バレエでも恋でもライバルになりそう…、いやライバルに絶対なる「流鶯(るおう)」との出会い。潤平自身も「ジークンドー」「サッカー」「バレエ」と3つも掛け持ちして、そんな多忙で大丈夫か…?

幼いころに習っていたとは云え、バレエの才能に関しては本当のところ未知数な潤平。「・・・すべてを捨てる覚悟があるならね。」誰よりもバレエが上手くなりたい、そう望む潤平に対して五代都の母は、そんな意味深な言葉を告げます。

潤平のバレエに色々と波乱が起こりそうな雰囲気です。年齢設定も「中学2年生」というのも微妙なお年頃ですよね、高校受験にはまだ1年あるし、何でも好きな事を好きなように出来る年齢な気がします。

小学生からひとつ大人になって夢や希望にあふれた時期かもしれません。潤平の抱く五代都に対する想いも、恋愛というよりは「ときめき」に近いです。さらには「幼馴染の兵ちゃん」との一見安定した関係も微妙なバランスの上に成り立っている感じ…。

まさに「幼年期の終わり」に差し掛かった潤平とその周囲がどの様に変化してゆくのかも見どころの一つじゃないでしょうか?


出典:http://pbs.twimg.com

動画

https://youtu.be/-D5F7X9BC7M単行本の紹介動画をあげておきますね

まとめ

普通のダンスマンガというよりは、村尾潤平の一代記を描きたいともとれる「ダンス・ダンス・ダンスール」。バレエをテーマにしたマンガというよりも、多感な青春を謳歌し始めた主人公の村尾潤平や周りの友人たちの関係や成り行きに注目し、これからの展開が気になります。
さらには、少女マンガの持つ叙情的雰囲気や心理描写を取り入れた本作品がどこまで青年誌で通用するのか、そうした様々な意味で今後も読みたくなる作品です。