ヒロアカだけが堀越耕平じゃない!堀越耕平の描いた漫画をまとめてみた!

『僕のヒーローアカデミア』がアニメ化し、注目を集めている漫画家の堀越耕平先生。でも、彼の作品はヒロアカだけじゃない!というわけで、今までの作品をまとめてみました。

漫画家・堀越耕平

ケンコバマンガ大賞!

出典:http://natalie.mu

昨年、「漫道コバヤシ漫画大賞2015」を受賞した『僕らのヒーローアカデミア』、通称ヒロアカ。TVアニメの放送も始まり、人気上昇中の作品の1つです。

「漫道コバヤシ漫画大賞2015」は、芸人のケンドーコバヤシさんがMCを務めてるテレビ番組「漫道コバヤシ」内で行われている漫画賞です。

上の写真は2016年1月18日放送時のもの。顔が隠れている方が、ヒロアカ作者の堀越耕平先生です。顔だしNGだったんでしょうね…。

堀越耕平の履歴書

出典:http://natalie.mu

1986年11月20日生まれ、愛知県出身。愛知出身の漫画家と言えば『家庭教師ヒットマンREBORN!』の天野明先生や、『ボボボーボ・ボーボボ』の澤井啓夫先生がいますよね。

名古屋芸術大学デザイン学部イラストレーションコースの出身で、大学ホームページには堀越先生に関するニュースが掲載されました。

そりゃ掲載しますよ。売れ始めた漫画家ですから。新しい後進漫画家が名古屋から出てくるのを期待しましょう。

好きな漫画

出典:http://onepiece.ria10.com

赤丸ジャンプの新人紹介コーナーによると、好きな漫画は『ONE PIECE』『AKIRA』『鉄コン筋クリート』『ボーイズ・オン・ザ・ラン』などなど。

特に『ONE PIECE』に関してはイラストコーナー「ウソップギャラリー海賊団」に投稿して採用されたこともありました。白猟のスモーカーの絵ですね。

それ以来堀越先生は『ONE PIECE』作者の尾田栄一郎先生にお礼を言う事を目標として頑張ってきたそうです。

そして2015年のジャンプ作家新年会でついにこの目標を達成し、『ONE PIECE』のコミックス77巻の質問コーナー「SBS」で紹介されました。

出典:http://pbs.twimg.com

出典:http://bebemu.hatenablog.com

ところで、ヒロアカはアメコミっぽいヒーローがたくさん出てきてますよね。

あの漫画の作風からわかるように、堀越先生はヒーロー好きです。仕事場にはアメコミヒーローのフィギュアがたくさん飾ってあるんだとか。それを見ながら描いてるんでしょうか。

アメコミを読むきっかけになったのは『スパイダーマン』(2002年)だそうです。『バットマン』なんかも好きだそうで、なるほど王道だなあと言う感じですね。

ちなみに一部のキャラには元ネタとなったキャラがいるという噂も…。探してみるのも楽しいでしょう。

ゆるゆるな涙腺と異常な謙虚さ

出典:http://sokkoheroaca.blog.fc2.com

堀越先生は自他ともに認める涙腺の緩さで知られています。ヒロアカの主人公・デクが泣いてるときは、「こんな時は自分も泣くな」なんてことを考えながら描いているんだとか。

また、担当編集者さんによると相当ネガティブだそうで、作者コメントからもその片鱗をうかがえます。

特にひどかったのは2作目の連載だったバルジ(後述)が打ち切られたとき。「もう漫画描けないや」というくらい落ち込んだんだとか。

当時の作者コメントのあまりのネガティブさに、多くの読者がガチで心配していたようです。

祝!ヒロアカアニメ化!!

出典:http://sokkoheroaca.blog.fc2.com

さて、そんな堀越先生の最新作、そして代表作となった作品といえば『僕のヒーローアカデミア』ですよね。コミックス第一巻は即完売したそうです。

略称は「ヒロアカ」「僕アカ」など多数存在していて、公式の略称はまだないようです。好きに呼びましょう。

実はヒロアカは、『赤マルジャンプ』の2008 WINTERに掲載された読切作品『僕のヒーロー』が基になっていて、日常にヒーローがいる設定などが引き継がれています。

先述の通りバルジの打ち切りが決まり、落ち込んで創作意欲の停滞期が訪れた堀越先生。

一番思い入れの強い過去の読み切りをベースに、大好きなヒーローものなら描けるんじゃないかという事で描き始めたそうです。

そして作品はヒットし、ついに2016年アニメ化が決定。現在放送中です。観ているという方も多いのでは?

オープニングからとてもかっこいいです。最高。ポルノグラフィティを起用した人は神です。世界観にとても合っていますよね。

ヒロアカだけじゃない!堀越先生の漫画作品

出典:http://ima-colle.jp

ヒロアカが盛り上がっているときに言うのもあれですが…いや、今だからこそ!堀越先生のヒロアカ以外の作品も読んでみませんか…!

テンコ

出典:http://sclpsn.blog.fc2.com

成人する前に描いた幻のデビュー作、『テンコ』。ほとんど情報がありません。単行本にも未収録。

読めた人は相当ラッキーなのでは…?古本屋で地道に探したら読めるかもしれません。戦国時代が舞台の作品です。

「俺はこの世から刀をなくすんだ」というような台詞があったのは覚えています。うーん、もう一度読みたい。

僕のヒーロー

出典:http://ameblo.jp

ヒロアカのもとになった作品ですね。原型がなんとなく見て取れます。『逢魔ヶ刻動物園』第5巻収録。

出典:http://pbs.twimg.com

進化ラプソディ

こちらも単行本未収録の幻の読み切り。『赤丸ジャンプ』2008 SUMMERに載ってます。

逢魔ヶ刻動物園

出典:http://blogs.yahoo.co.jp

初の連載作品逢魔ヶ刻動物園』。読み切りを経て連載が決定した作品で、週刊少年ジャンプで連載されていました。

夕方になると動物たちが人間のような姿に変身する「逢魔ヶ刻動物園」 。園長で主人公の椎名は呪いでウサギの姿に変えられてしまいます。

彼とアルバイトとして飼育員をやることになった女子高生の蒼井華はが、動物たちと一緒に「天下一の動物園」を目指す物語です。

出典:http://pbs.twimg.com

戦星のバルジ

出典:http://elrincondemoniaco.blogspot.jp

連載2作目。読み切り『宇宙少年バルジ』を経て連載が決定した作品です。読み切り時は少年ジャンプNEXT!に、連載時は週刊少年ジャンプに掲載されました。

舞台は戦乱の星・インダストリア。宇宙中から集まった様々な異星人たちが覇権を争う星です。

異星人に苦しめられ”戦星の世”と呼ばれる状況の中、貧乏少年アストロはある日自分とうりふたつの少年と出会って…という感じの物語。 

そして先生の創作意欲を削いだ問題作。いや、打ち切りになったのが悪いのであって決して悪い作品ではありませんよ。むしろぜひ読むことをお勧めします。

最後に

出典:https://twitter.com

ヒロアカ以外にも堀越先生の素晴らしい作品がある事、お分かりいただけたでしょうか。

TVアニメの方から先生の作品に興味を持ったという人、ぜひ過去作品を読みましょう。単行本未収録の作品が短編集として出版されたらいいんですが…待つしかないです。

ヒロアカのアニメの方も楽しみにして来週を待ちたいですね。