「えるたそ」こと千反田えるの魅力、私気になります!【氷菓】

えるたそ~でおなじみ、氷菓のメインヒロインである千反田えるたそ。今回はその魅力を徹底分析!!

まず、「氷菓」について

出典:http://anime-information.jimdo.com

「氷菓」とはもともと、第5回角川学園小説大賞のうちのヤングミステリー&ホラー部門で奨励賞を受賞し、角川スニーカー文庫で出版された米澤穂信氏のデビュー作です。

古典部シリーズ」の第1作目であり、 後に「愚者のエンドロール」「クドリャフカの順番」「遠回りする雛」「ふたりの距離の概算」と続きます。なお、アニメ化は「遠回りする雛」までとなっています。

アニメ化に伴い、「古典部シリーズ」を「氷菓」と題して、テレビシリーズ22話とOVA1話の全23話構成で放送しました。

とにかく作画が美しい!!!

出典:https://www.youtube.com

https://youtu.be/89e0pFV9SmIやはり、圧倒的作画力、ヌルヌル度が違いすぎる!!!!この作品は、かの有名な「京都アニメーション」が制作していることも相まって、放送以前から期待の声が多く上がっていました。この頃は、ちょうど「けいおん」パニックが起きている時代であり、京アニといえばほぼ誰もが知っているような時代でした。そりゃ期待も高まります。

放送前のPVをみて戦慄したかたも多いのではないでしょうか。窓際に佇むえるたそに近づいていくシーンがありますが、もうぬるっぬるで、ぬるっぬるで、、、僕はその印象がとても強いですね。

アニメも全編通してとにかく作画が美しかったです。流石京都アニメーションとしか言いようがありません。感謝です。

千反田えるのプロフィール

出典:http://blogs.c.yimg.jp

では、千反田えるについて書いていきましょう。

千反田えるは、本作のヒロイン。神山高校1年A組の生徒で、神山市の「豪農」千反田家の一人娘です。「一身上の都合」により古典部に入部するが、部員がおらず廃部寸前だったために1年生で部長に就任します。

聴覚や嗅覚が鋭く、視力2.0で視覚も上々、これらを生かした観察力も素晴らしく、多くの事件に役立っています。また、記憶力も優秀です。学業も優秀であり成績は学年でも上位に食い込むトップランカー。才色兼備を文字通り表したようなキャラクターですね。

決め台詞は「私気になります」

出典:http://blog.goo.ne.jp

そんな彼女「千反田える」の決め台詞はズバリ、「私気になります」です。みなさんどこかで聞いたことあるのではないでしょうか。私気になります!

彼女の好奇心は青天井であり、何か気になる事に出くわしてしまった時にこの台詞は彼女の口から発されます。一度彼女が気になってしまったら、もう止まることは出来ないのです。疑問が解消されるまでしつこく、絶対に諦めません。

この台詞は主に主人公、折木奉太郎に向けられるものです。この一言が出てしまうと、彼の省エネ主義は崩壊します。そして彼女の好奇心を満たすため、謎に挑むのです。こうして物語は幕を開けて行きます。所謂お約束ってやつですね。ただし『クドリャフカの順番』の作中では一度は回避に成功しています。驚きです。

主人公「折木奉太郎」との関係

出典:http://kimazui.ldblog.jp

えるたそは本作のメインヒロインであります。次は、主人公の奉太郎との関係を見て行きましょう。

二人の出会いは入学して間もない神山高校の特別棟4階、地学講義室、古典部の部室。扉の鍵を掛けた掛けないの不可解な食い違いをきっかけに、時に古典部として、時に二人きりで、さまざまな難問ないしは危機的状況に直面していきます。互いの呼び方は「千反田」「折木さん」。 中高生らしくて実に甘酸っぱいですね!

最初は奉太郎の信条たる省エネ主義の敵でしかありませんでしたが、時間を共にするうちに彼女への想いは徐々に募っていき、アニメ版の最終回にあたる「遠回りする雛」では、自身の恋心を自覚する、という所でアニメシリーズは幕を閉じるのでした。続きを!!続きをはよ!!!

実は笑い上戸!?

出典:http://blog-imgs-51.fc2.com

実は彼女、カフェインやアルコールに弱い所があります。アニメ9話にて、誤ってウィスキーボンボンを食べてしまった際、少量にも関わらず酔っぱらってしまいました。その時に彼女は「笑い上戸の絡み酒」であるということが判明、後日は二日酔いで寝込んでしまいました。カフェインに対する耐性のなさについての実例はいくつもあるとか。 

この酔っぱらったえるたそがすんごいかわいいんですよね!もっかい9話見直したい…(切実)

実家は静岡県にあり!

出典:http://blog.livedoor.jp

「豪農」千反田家の一人娘である「えるたそ」。その彼女の家にはモデルがあります。

場所は静岡県掛川市にある加茂荘・加茂花菖蒲園という所。EDクレジットにも加茂花菖蒲園の表記があります。取材は7月頃に行われたそうです。氷菓の主な舞台モデルは飛騨高山ですが、えるちゃんちだけはこことのこと。

ここへの聖地巡礼は頻繁に行われていたようで、アニメ放送後の効果は絶大だったそうな。聖地巡礼は心躍りますものね。何気ない場所に驚くほど感動できます。

ネット上の愛称は「えるたそ」

出典:http://seiga.nicovideo.jp

彼女はしばしばネット上にて「えるたそ」と呼ばれています。原作やアニメではそのような呼ばれ方はされたことはありません。当たり前ですね。

「たそ」はネット上での敬称の一つ。もともとはバッファローベルの相性「ベルたそ」から改変されてこのように呼ばれるようになったとかなってないとか。語感がいいのでみんなで呼んでみよう。「えるたそ~

着物が似合う!!

出典:http://otanews.livedoor.biz

流石名家のご令嬢とあって、着物が大変お似合いです。

この画像は、アニメ20話の一部です。彼女が着物を着るシーンが出てきます。この話をみて名家には名家の苦労があるんだなと遠巻きに思いました。それにしても尊い…

Twitterでの反応

みんな病気ですね!

出典:http://pbs.twimg.com

出典:http://pbs.twimg.com

出典:http://pbs.twimg.com

出典:http://pbs.twimg.com

出典:http://pbs.twimg.com

最後に

どうでしたか?みなさんに氷菓、そしてえるたその魅力は伝わったでしょうか?

アニメは終わってますが、氷菓と言うコンテンツはまだまだ不滅です。みなさんどんどんもりあげていってください!

えるたそ~