キスショットを想い続ける死屍累生死郎!初代怪異殺しの過去と現在!【物語シリーズ】

キスショットの最初の眷属・死屍累生死郎(ししるいせいしろう)。太陽に身を焼かれ灰塵と化した彼は400年間という時の中で、キスショットだけを想い続ける。それは純愛なのか、それとも愛深きゆえの憎悪なのか・・・。

死屍累生死郎について

出典:http://nyanpon.tumblr.com

傷物語、鬼物語で語られたキスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードの最初の眷属「初代怪異殺し」の本名である。

ギロチンカッターやエピソードのような退治専門の専門家で、忍野忍や阿良々木暦の主武器である怪異殺しの剣「妖刀心渡」も元々は彼の所有物である。他にも怪異を復活させる剣「夢渡」も所持していた。

出典:http://dic.pixiv.net

不完全体の鎧武者

出典:http://readerz.jp

「キスショットと合流したら、伝えておけい!もう少し回復したら拙者の大事な妖刀『心渡』を、返してもらいにいくと!」突然現れた鎧武者の正体はまだ未完成体の死屍累生死郎です。

神原駿河や阿良々木暦からエナジードレインを使って、知識や能力などを吸収することに成功する。

https://www.youtube.com/watch?v=QXEjtyXx73U
【終物語】高笑いする阿良々木さん~死屍累生死郎のモノマネ~

成年版・死屍累生死郎

成年版・死屍累生死郎!400年前の彼の姿はこんな感じだったのでしょうか。少年の時とはかなりイメージがかけ離れた感じがします。

死屍累生死郎が放った怪異

「人を迷わす怪異・・・え?でも、なんで今、このタイミングで迷い牛が・・・」怪異の力によって臥煙伊豆湖が待つ浪白公園に辿り着くことができない阿良々木たち。

「きみのそばには今、頼れる後輩がいるんだったね。だったらその子に頼ればいいだろう」臥煙伊豆湖はそう進言する。その言葉通り神原駿河はたぐいまれな才能を発揮し、その場から離脱することに成功する。

迷い牛を使って阿良々木たちを迷わせたのが死屍累生死郎だと後になってわかります。

合成獣

死屍累生死郎が作り出した怪異もどき合成獣「躊躇せんでいい、『あれ』は怪異であって怪異でない・・・怪異以前の『よくないもの』じゃ。斬ったところで罰は当たらんよ」妖刀心渡を忍野忍から受け取り、阿良々木暦は怪異もどき合成獣を一刀両断にする。「あれはおぬしに差し向けた刺客でござるよ・・・蝸牛もどきの怪異と同じじゃ。ま、後輩に対する嫌がらせだのう・・・」自分が差し向けたことを素直に認める死屍累生死郎です。

死屍累生死郎・明かされる過去

「じゃからそやつは、儂を退治しに来たわけではなく、とりあえず様子を見に来たわけじゃ。湖がひとつ消滅し、そこから神が顕現した・・なんちゅう話を聞けば、それは『由緒正しき身』としてはすててはおけんよな」数多くの部下を従えてキスショットの前に現れた初代怪異殺しは、キスショットととの友好関係を築いていく。

「一気に五十人近くが消したということではなく、少しずつ消えていったらしいぞ・・・で、気が付けば初代怪異殺しは一人になっておったということらしい」神隠しのごとく次々人が消えていく。

残ったのはキスショットと初代怪異殺しだけになってしまう。

「お前様の自転車も呑まれたのじゃろう?同じように、呑まれたのじゃ。黒に吸い込まれたという風でも、闇に吸収されたという風でもなかった・・・あくまで暗闇に呑まれたという風じゃった」『くらやみ』の出現により、伝説の吸血鬼キスショットと初代怪異殺しは、命からがらに僻地南極へと離脱する。右手首だけになった初代怪異殺しをキスショットは己の寂しさを紛らわすために眷属として復活させてしまう。

「『この化物が・・・よくも私達を謀ったな』じゃったな」今まで起きた忌まわしい現象すべての首謀者にされてしまうキスショット。

「結局奴が儂を『キスショット』と呼んだのは、投身する直前の一回だけじゃったな」その後自ら太陽の下に飛び出し、灰塵となった初代怪異殺し。過去の経緯から考えてキスショット(忍野忍)に怒りに似た感情があってもおかしくはない。

死屍累生死郎・担当の二人の声優さん

神谷浩史(少年の死屍累生死郎の声を担当)

出典:http://korekichi2ch.com

神谷浩史とは日本の声優、歌手。 青二プロダクション所属。1975年1月28日生まれ。167cm。A型。千葉県出身(資料によっては幼少期に長く住んだ茨城県が出身地となっているものもある)。声が同じ弟がいる。

出典:http://dic.pixiv.net

神谷浩史さんが声を吹き込んだキャラクターを紹介します。

リヴァイ

出典:http://cinema-labo.blog.so-net.ne.jp

進撃の巨人のキャラクター。主人公のエレン・イェーガーを上回る人気を誇ります。「人類最強の兵士」と周囲からは一目置かれ、その戦力は一人で一個旅団に匹敵すると言われる程の強者です。

目つきは悪く無愛想。近寄りがたいオーラを放つ彼ですが、仲間思いの一面も垣間見れ部下からの人望は厚いようです。

夜ト

出典:http://prcm.jp

「ノラガミ」の主人公。自分の社を持つことを悲願におき、多くの信者から崇められることを夢見ているマイナーな貧乏神。人気知名度とも皆無だが、日々自らの名を広めるため、賽銭五円で悩み解決に奔走しています。

普段はガサツでお気楽な彼ですが、本来武神と呼ばれるほどの実力の持ち主です。

小山力也(成年版の死屍累 生死郎の声を担当)

出典:http://topicks.jp

生年月日:1963年12月18日 血液型:O型 出身地:京都府 所属事務所:劇団俳優座  日本の男性声優兼俳優。声優やナレーターを中心として活動している。

出典:http://dic.pixiv.net

小山力也が声を吹き込んだキャラクターをご紹介します。

鷹村守

出典:http://matome.naver.jp

「はじめの一歩」の人気のキャラクター。鴨川ボクシングジム所属のプロボクサーで現役世界チャンピオン。自由奔放、品行下劣な彼に周囲の人間は日々振り回されている。

暴虐ぶりは日増しにエスカレートしていき、会長にどやされることは日常茶飯事となっています。

死神様

出典:http://hituzihane.blog40.fc2.com

ソウルイーターの登場人物。死武専の学校長でデス・ザ・キッドの父。その魂はデスシティー全体を囲い込むほどの強大なもので、敵の攻撃から皆を守護しています。普段のオチャラケキャラからは想像できませんが、世界最強と目される人物です。

二人の眷属・死屍累生死郎vs阿良々木暦

「キスショットに眷属は二人もいらない・・・そうであろう?」初代怪異殺しは淡々と言葉を紡ぐ。「肉体が修復できた拙者は、次は関係の修復を望む。その様子だと知っておろう?拙者はキスショットと喧嘩別れしておる・・・一時的な気の迷いで、キスショットに心無い言葉を投げかけた。そのことを謝って、許してもらいたい」「そしてかつてのように・・・共に怪異と戦いたい。女神のように美しい、背筋を凍るほど美しいあれの背を守り、となって戦いたい」それが初代怪異殺しの本音なのか、にわかには信じがたい阿良々木暦。怪異専門家の元締め・臥煙伊豆湖とヴァンパイアーハンター・エピソードの出現で初代怪異殺しはその場から一端退くことを決める。「今夜、殺し合おう」初代怪異殺しは宣言する。「キスショットがおらぬようだが・・・おぬしとの決闘に勝利すれば、拙者はあいつに会えると考えてよいのかのう?」初代怪異殺しは鎧武者姿で目の前に現れる。

先に妖刀心渡を手にしたものが相手より絶対的優位に立つことができる。重たい甲冑を脱ぎ捨てた初代怪異殺しは脱兎のごとく走り抜け、妖刀心渡を先に掌中に収めてしまう。

少年から成年に容姿を変える初代怪異殺し。一瞬誰だかわかりませんね。

出典:http://subcul.88ch.net

勝利を確信して高笑いする初代怪異殺し。彼が刀を振りかぶった瞬間、阿良々木暦は隠し持っていた御札をガラ空きになった胴体へとペタリと貼り付ける。

霊験あらたかな御札。初代怪異殺しの復活を封じるために作られた過激な効能をもつ一枚です。

出典:http://animemedia.info

「キスショット、キスショット、キスショット・・・」何度も彼女の名を叫ぶ初代怪異殺し。ただ会いたい、それが彼の本心であることをこの瞬間、理解することができた阿良々木暦。

死屍累生死郎とキスショット

「わかりやすく言うと怒っておったのじゃよ、初代怪異殺しは・・・儂があやつを吸血鬼化させたことをな」忍野忍は淡々と400年前の出来事を語る。「会ったところで、儂はあやつに、何を言ってやれるわけではないのじゃぞ?憎み合って別れ、憎しみ合って死に別れた関係じゃ・・・」神原駿河の言葉に動揺し始める忍野忍。

「もしもその想いに応えたくなったら、どうする?儂がうぬの先輩よりも・・・初代怪異殺しを選んだら、どうする。それでもいいのか」隠していた想いが口から溢れ出てしまう。

「そのそきは阿良々木先輩ときっぱり別れて・・・彼と永遠に添い遂げるがいい」神原駿河の答えに忍野忍は力なくうなだれ、その場に崩れ落ちてしまう。

「謝らんでもよい。許した・・・儂のほうこそ悪かった・・・生死郎」かつての眷属を名を呼び、完全なる死を与えるため泣きながら彼を食す忍野忍です。

「会えて嬉しかった。もう会えないと思ってたから。だけどもう会わない・・・今の儂には、うぬより大事な者がおる。今しばらくは、そやつのための儂でいたい」

その姿を黙って見届ける阿良々木暦の心中は複雑でしょうね。

まとめ

死屍累生死郎の400年間にわたる忍野忍(キスショット)への一途な思いは壮絶ですね。ただ一途に忍野忍という女性を求め、そして現・眷属たる阿良々木暦との戦いに敗れ屠られる。

とても悲惨な結末を迎えた死屍累生死郎ですが、最愛の女性・忍野忍に食され彼女の肉体の一部になれたことが唯一の救いなのでしょうか。