吸血暴姫イレーネ・ウルサイスの素顔とは!?妹プリシラとの関係は?【学戦都市アスタリスク】

色気漂う魅惑の吸血少女=イレーネ・ウルサイズと、健気でやさしい妹のプリシア・ウルサイズ。魅力的な姉妹が圧倒的な破壊力を持つ『覇潰の血鎌(グラヴィシーズ)』を駆使して鳳凰星武祭(フェニクス)を混乱の渦へと誘います!

https://www.youtube.com/watch?v=uxvy0rbl4sEGAKUSEN
TOSHI ASTERISK OPENING

イレーネ・ウルサイスについて

出典:https://sumapo.com

二人は仲の良い姉妹です。

トラブルメーカー

周囲には返り討ちにされた男たちが数人転がっています。つい最近まで懲罰教室に投獄されていた彼女ですが、ブランクを感じさせずに次々屈強の男たちをなぎ倒していきます。

純星煌式武装(オーガルクス)が無くても相当な手練であることを実証しています。

見事なハイキックが相手の側頭部に決まる!たぐいまれな格闘センスで降りかかった火の粉を暴力という形で見事に鎮火します。レヴォルフ黒学院生徒会長に多額の借金をしているウルサイス姉妹。

カジノという手っ取り早い金策方法が仇となり、ガラの悪い連中につけ狙われているイレーネ。プリシラの平穏はいつ訪れるのでしょうか。

覇潰の血鎌(グラヴィシーズ)

生来の卓越した格闘センスを持つ彼女にとって、重力を意のままに制御できる純星煌式武装・覇潰の血鎌(グラヴィシーズ)は格好の得物だったのでしょう。その能力でレヴォルフ黒学院・序列三位は駆け上がった彼女です。

妹には頭が上がらない

「お姉ちゃんてばまた勝手に喧嘩して、もう!・・すいません!うちのお姉ちゃんがとんだご迷惑を・・・ほらお姉ちゃんも謝ってえ!」吸血暴姫(ラミレクシア)として恐れられている彼女にとって唯一頭の上がらない相手です。「なんであたしがぁ・・いたたた!」二人の微笑ましい姿が垣間見れ、なんだか楽しい気分になります。ありふれた日常を守るため、彼女は悪意渦巻く戦場へと向かうのです。

純情なプリシラ・ウルサイス

イレーネの妹で高等部一年。姉とともに鳳凰星武祭に出場しています。傍若無人の姉のそばに健気に寄り添い温かく見守る彼女にとって、自分のことよりも姉のことが第一。まるで母親のようなやすらぎを感じます。

恋愛には疎くチンピラに絡まれていたところを綾斗に助けられた際、軽く抱き抱えられただけでも頬を赤らめ、あたふたと挙動不審になっています。癒し系妹キャラといった感じでしょうか。

「いいじゃねえかちょっとぐらい・・・ほらアンタ達も食えよ!プリシラの料理は最高だぜ!」食事に招待された綾斗は、ユリスを連れてプリシラたちの住む家へと訪ねます。

プリシラの手料理を一口食べたユリスは、その美味しさに驚いています。王室生まれのユリスの舌を唸らせるとは、かなりの腕前です。

再生能力者(リジェネレイティブ)

「おそらくあの妹はりジェネレイトなのだろう・・・失った血液まで再生できるとなれば最高クラスだ。とんだ隠し玉だぞ」イレーネたちの戦いを観戦していたユリスはプリシラの能力に驚異を感じているようです。争いごとが絶えないプリシラの故郷。流れ弾がプリシラの家に直撃し崩れ落ちた落盤の下敷きになるプリシラ。瀕死の状態の彼女の救ったのが自ら持つ再生能力者(リジェネレイティブ)です。

その特性に目をつけたアルルカントは特待献身生としてプリシアを大金で買おうとしますが、危ういところをレヴォルフの生徒会長ディルクに助けられます。特待献身生とは魔女や魔術師の才能をもつ人間を、実験体として学院に入学させる制度です。

難を逃れたプリシラでしたが、その時生じた多額の借金を背負うことになります。イレーネはその借金返済のためにカジノなど裏社会に足を踏み込んでいるようです。

覇潰の血鎌(グラヴィシーズ)について

「グラヴィシーズは能力の代償に血液を要求してくるのさ・・普通に使ってたんじゃ、あっという間に干からびちまう。だからこうして使い手の体を変化させて、外から血を取り込めるようにしてやがんのさ」

力を得るための代償として使用者自らの血を献上しなければならない。行き過ぎれば自らの命を失うことにもなりかねない諸刃の武器です。重力を自在に操る類まれな攻撃力を有する鎌型の純星煌式武装です。

妹プリシラの再生能力者(リジェネレイティブ)によって、その弊害も解消され、ウルサイス姉妹によって覇潰の血鎌(グラヴィシーズ)は己の力を際限なく発揮させることができるのです。

『グラヴィシーズは重力制御の能力を持つ、強力なオーガルクスです。ただ場所に対して能力を発揮するタイプらしいですから、常に移動することで効果を受けないようにしているのでしょう』

解説のファム・ティ・チャムの言葉にも熱を帯びます。

「・・・そしてグラヴィシーズ最大の弱点は、それは燃費の悪さだ。その能力の副作用に耐えられた学生は過去いないと聞く。つまり長引かせれば長引かせるほど、こちらが有利!」

轟遠の烈斧(コルネフォロス)レスター・マクフェイルはシュミレーション通りに攻撃を図りますが、圧倒的な力の前にあっけなく敗北してしいます。

覇潰の血鎌(グラヴィシーズ)の技名

単重壊(ウーノ・ファネガ)

吸血少女イレーネは妖しい笑みを浮かべながらグラヴィシーズを振り下ろします。覇潰の血鎌の能力を行使して、大型の重力球を展開させる技です。綾斗たちとの対戦で使われたのですが、当たらず不発に終わります。

重獄葦(オレアガ・ペサード)

設置型の防御能力・・・こいつはプリシラのために仕込んでおいた隠し玉だ。ちょっとやそっとじゃ壊せねぇよ」敵の攻撃から防御するため強力な重力の檻を展開させます。

百葬重列(シエン・グエスティア)

レスターのパートナー・ランディ・フックが妹プリシラに攻撃するのをみて、イレーネはグラヴィシーズを地面に突き刺します。覇潰の血鎌の能力を行使で、広範囲に重力を展開させます。圧力の受け地面に押し潰されるランディを、獲物を狙う肉食獣さながらにじわじわいたぶります。

十重壊(ディエス・ファネガ)

十個の重力球を展開させて攻撃を行う能力です。綾斗との斬り合いに押され気味なったイレーネの隙をつくようにユリスが背後から攻撃。瞬間自らを防御するため十重壊(ディエス・ファネガ)を繰り出します。

万重壊(ディエス・ミル・ファルガ)

拳大の100以上の重力球を展開させ攻撃をおこなうこの技も、綾斗の天霧辰明流の前では通用せず、追い詰められてしまいます。

三重壊(トレス・ファネガ)

覇潰の血鎌を振るい 三つの重力球を展開させて攻撃をします。レスター戦の時に使用しています。

イレーネ・ウルサイスを取り巻く人たち

ディルク・エーベルヴァイン

イレーネの命令を与える立場にいるレヴォルフ黒学院の生徒会長。鳳凰星武祭において綾斗を潰すことをイレーネに命令した張本人です。赤髪に小太りという見るからにヤラレキャラ的要素を持つ彼ですが、頭脳明晰の要注意人物なのです。

ユリス=アレクシア・フォン・リースフェルト

リーゼルタニア国の第一王女。星導館では学園序列五位「冒頭の十二人」と呼ばれる実力の持ち主です。イレーネの何事にも暴力でカタをつけたがるその性格に反発し、言い争いが耐えません。

意外に話してみれば分かり合える気がするのですが・・。

天霧 綾斗(あまぎり あやと)

学戦都市アスタリスクの主人公。天霧辰明流の使い手であり純星煌式武装・黒炉の魔剣(セル=ベレスタ)を駆使して星武祭の頂点を目指します。イレーネにとっては倒すべき相手といったところでしょうか。

天霧 綾斗と対戦!

『フェニクス4回戦第11試合、バトルスタート!』ついに最強の純星煌式武装(オーガルクス)同士の戦いが始まります。今まで瞬殺で相手を倒してきた綾斗も覇潰の血鎌(グラヴィシーズ)の前では苦戦を強いられます。「目を覚ませイレーネ!力と大切なものとを混同しちゃだめだ!本当に大切なものなら両手で掴め!いま君が望むのはどちらの手だ!」覇潰の血鎌(グラヴィシーズ)に精神を呑み込まれしまったイレーネは暴走します。「天霧辰明流中伝・刳裡殻(くりから)!」綾斗によってグラヴィシーズは破壊され、イレーネを救われるのです。

まとめ

「私は強くなりたい。お姉ちゃんが戦うなら私も一緒に戦いたい。守られてるだけじゃなくてお姉ちゃんの隣に立ちたいの!」イレーネは妹の成長を本当に嬉しそうですね。

普段みせる険悪な表情が消えさり、とても優しい笑顔がかわいく感じられます。これが本来のイレーネの姿なのかもしれませんね。

イレーネ&プリシラのウルサイス姉妹のアニメ登場回

出典:http://stat.ameba.jp

出典:http://cached.static.festy.jp

出典:http://cached.static.festy.jp

出典:http://cached.static.festy.jp