足の筋肉が凄すぎる!相坂優歌が担当したアニメキャラまとめ

声優・相坂優歌さんがこれまでに担当されてきたアニメキャラをまとめてみました!

相坂優歌さんとは??

愛称:ゆうにゃん、優ちゃん、相坂くん

性別:女性

出身:千葉県

生年月日:1990年9月5日

血液型:A型

身長:160 cm

職業:声優、歌手

事務所:アプトプロ

公式サイト:相坂 優歌|FlyingDog

【声優活動】

ジャンル:アニメ、ゲーム、ラジオ

【音楽活動】

活動期間:2016年~

ジャンル:J-POP、アニメソング

職種:歌手

レーベル:FlyingDog

出典:https://ja.wikipedia.org

経歴について

相坂さんが声優を試みたきっかけが、子供の頃に見たテレビアニメ『カードキャプターさくら』で初めてアニメに興味を持って、様々なアニメ雑誌を読むようになったのも一つですね。元々は、漫画家を志していて絵を描いていた時期もあったらしいのですが、自分には演技の方が向いているかもしれないと思ったことで、声優を目指すようになったそうです。

経歴としては、専門学校東京ビジュアルアーツ声優学科→アプトプロ所属

相坂さんの尊敬する人物は、お母様だとあげていらっしゃいますね。

担当したアニメキャラ

声優そして、2016年からソロアーティストデビューも果たされている相坂優歌さんについてまとめてみました。

『甘城ブリリアントパーク』ミュース

この作品で相坂さんが演じられたのは、水の妖精で、性格は若手で真面目、四大元素の妖精の中ではリーダー格の子でしたね。チャームポイントは指で、特技は歌とダンス、苦手な物は寒さと虫ですね。甘ブリキャストの中での人気は高くて、アクの強いメンバーばかりの中では比較的常識人なのですが、反面キャラが薄い事に悩んでいる子です。

いすずとの百合めいた絡みも多く、西也企画のキャンペーン告知動画に出演するなど、パークのお色気担当的なポジションを務めることとなってしまっています。アクワーリオのリーダーを務めており、一見ばらばらな方向を向いているようにも見えるサーラマ・シルフィー・コボリーの3人からはしっかりと支持されています。人間体の姿のモッフル・マカロン・ティラミーをどれもタイプで、しかもイケメンなら節操無しに惚れっぽい傾向がありますが主人公・西也への感情も伺わせるようになっています。

『桜Trick』野田コトネ

相坂さんのテレビ初出演作が、この『桜Trick』です。そのインタビューで、 「女の子同士の物語に興味」があって、「初出演のアニメでその念願が叶ったのはすごくうれしかった」とこたえていらっしゃいました。そんな相坂さんが演じていたコトネは、財閥の令嬢で、コトネ×しずくになっていますが、そんなしずくの従姉妹で彼女の家に居候しています。

性格は、明るくノリが良く、他人をあだ名で呼んだり、独特の挨拶をしたりしていますね。しずくとは春香と優のようにキスをする関係で、2人ほどではないものの時々キスをしています。この関係については春香と優には目撃されており気づかれている。スタイルは春香と同じ位良いですよ。

『俺、ツインテールになります。』津辺愛香/テイルブルー

この作品では、主人公・総二の幼なじみでヒロインを演じていました。腰まで伸ばした左右均等の青色ツインテールが特徴で、総二からは「貧乳を除けば完璧」と評されていますね。祖父が武術家で、幼いころから稽古をつけられて育ったこともあって、格闘戦の実力が異常に高いんですよ。

トゥアールから奪った「テイルギア」で「テイルブルー」に変身して戦っていて、家族や友人想いだが、敵に対しては恐ろしい勢いで牙を剥き、「アルティメギル」からは「二足歩行するケモノ」「鬼神」として恐れられています。また、作中の報道でも評価は劣悪で、世間一般からも酷評され、猛獣やアルティメギルより凶暴な存在として認知されている。

トゥアールが命名した、自身のキレた状態である「貧乳凶獣状態」(バーサーカーモード)は、アルティメギルが逃げたりすると近くの巨乳(変身中のイエロー)に襲いかかる危険な状態になっていますね。いわゆる筋肉馬鹿の女の子バージョンです(笑)

『えとたま』ウサたん

相坂さん演じるのは、干支神の兎さんで、「ウサたんカンパニー(UTC)」という多方面に手を広げた事業を立ち上げ、プロデューサーとして活躍している神さまを演じていました。実は超スピード能力の持ち主で、にゃ〜たんとのバトルはあっち向いてホイで行い、超スピードによる力技で圧倒したのですが、にゃ〜たんがラビットフットを連想してとっさに掴んだ足が性感帯だったために隙が生まれ、敗北しました。

ウサたんは、簡単に言うとツンデレ要員ですね(笑)

『城下町のダンデライオン』佐藤花

メインキャラではないのですが、王族の長男修のために、存在感を出すために化粧をするなど努力をしているのですが、クラスメイトからは未だに認識されていないことが多い中、偶然修に告白してしまい、返事は保留されたとはいえ、実質恋人のような関係になっていました。その後、付き合うことを真剣に考えた修が婚約を申し出て、正式に付き合うことになったんですよね。

ギャル風メイクの目元がポイントで、表情はコミカルなものが多い印象ですね。王様を目指す修のために彼の選挙活動に参加し、スケジュール管理を担当していて、そして修が見事次期国王に選ばれて、彼の王妃となりました。

『アクティヴレイド -機動強襲室第八係-』山吹陽

ダイハチのボスである凛の妹で学園生徒を演じています。凛とは年齢がそれなりに離れていますが、容姿は瞳の色、彼女より短く跳ね上がったアホ毛、やや大きなバストサイズ以外は一緒で、ダイハチのメンバーにも見間違われるほどです。凛にはダイハチのボスであることを知らされていなかったのですが、生徒会長の八条の逮捕の際に知ることになりました。

色々な事が重なりすぎたのと、身近な者に嘘を吐かれていたこともあって落胆してしまいました。その後、登校拒否していたのですが、陽のノートパソコンに八条が細工をしていてそれを利用されていたのに気付いて、そのパソコンに残されていたLikoのデータは、ミュトスとの最終決戦でダイハチに勝利をもたらすこととなったんですよね。ある意味、1期のキーパーソンでした。

そんな相坂さんは、この作品のエンディングテーマ「透明な夜空」で、アーティストデビューしました。今秋から2期がはじまりますが、また歌われるのかな?すごく気になりますね。

最後に

さて、相坂さんについて、まとめてみましたが、いかがでしたでしょうか??相坂さんは、歌に定評がある新人声優さんですね。2016年にソロアーティストデビューしたのも大きいですが、その前からもキャラソンでも話題を呼んでいました。

テイルブルー以降あまりめだった役をつかめていませんが、きっとこれからどんどん活躍されていくに違いない役者さんだと思います。応援していますので、がんばってください!!