髭声優として認知されている竹内良太が担当したアニメキャラまとめ

声優として活躍中の竹内良太さんのこれまで担当されてきたアニメキャラをまとめてみました!

竹内良太さんとは??

出身:兵庫県神戸市

誕生日:9月22日

血液型:A型

身長:180cm

事務所:アーツビジョン

配偶者:寺島愛

【活動】

活動期間:2000年代~

出典:https://ja.wikipedia.org

経歴について

竹内さんが声優を志すようになったのは、物心ついた時から母子家庭で育っており、震災も経験するうちに、「なぜこの家には父親が居ないのか」と憤りを感じて、父親を見返したいと考えるようになって、テレビのスタッフロールに自分の名前が出ればそれができるのではないかと考えていた時、友人の誘いで高校の文化祭で劇に出演し、そこで演じることの面白さを感じたそうです。

かつては派遣社員と二足のわらじを履いていて、2011年に発売のPlayStation 3・Xbox 360用ソフト『エルシャダイ』にルシフェル役で出演する前までは、声優をやめることも考えていたらしいです。地声は元々高かったのですが、ドスの利いた悪役等に憧れていたためどうしても声を低くしたくなって、耳鼻咽喉科に相談に行きトレーニング方法を教えて貰い、それを4、5年やり続けた結果今の声になったということです。

今の渋めの声も素敵ですよね!!

担当したアニメキャラ

そんな竹内良太さんがこれまでに担当されてきたアニメキャラをまとめてみました。

『HEROMAN』ヒーローマン

ジョーイと共に戦う、巨大なロボットを模したヒーローを演じていました。人間のような顔立ちで、カラーリングは白をベースに青と赤がプラスされた三色で、両脇腹の白い三連五芒星の意匠は、星条旗を髣髴とさせました。

戦闘決着後は、両手を下ろして仁王立ちになって、胸、両腕、下腹部に走る赤く輝くラインをつなぎ、真円のリングマークを浮かばせる決めポーズを取るんですよ。スクラッグに果敢に戦うその勇姿はジョーイが望むヒーローそのもので、人語を話すことは出来ないのですが、何かを言いたげな瞳でジョーイを見つめることで、彼の心に勇気を奮い立たせることが可能になっていましたね。

スクラッグ戦での活躍やその後の復旧作業など数々の功績を残すも、その姿が一切視認されないためセンターシティの住人からはゴーストと呼ばれるようになっているのもこの世界観面白いなと思いました。

『クロスファイト ビーダマン』ドラヴァイス

竹内さんが演じられたのは人間ではなくて、白竜のB-アニマルを宿したビーダマンでした。B-アニマル以外にも、人間との会話が可能であるなどドラシアンとの共通点を持っています。スバル同様クールな態度を通していますが、彼に比べると口数が多く、人間と関わることにも積極的ですね。

そのせいかスバルに「黙れ」と一喝されることも多いのですが、そのたびに「失敬」と慣れた様子で返していて、面白かったです。カケルに興味を持っているようで、クロスファイトで活躍を見せ始めた彼を評価していました。

『DRAMAtical Murder』蓮

主人公・蒼葉のオールメイトです。犬型で旧式なのですが、冷静沈着で頼れる蒼葉のパートナーですね。このかわいい容姿で、竹内さんの渋いお声がのっているといい意味で違和感もあったのですが、だんだん愛着がわいてきて蓮が出るたび癒されていましたね(笑)

作品的には、アニメ化されましたがBLなんですよね・・・。でも、いいんです!

『暗殺教室』シロ

堀部イトナの保護者」を名乗り、対先生繊維で作った白装束に白覆面を着用した本名・素顔共に不明な謎の人物として登場した殺せんせーの宿敵で、「死神」と呼ばれていた人間時代の殺せんせーを現在の触手の化け物へと変えた張本人でしたね。仮面を破った柳沢とは演じている方が異なっているのですが、シロの時が竹内さんが演じられていました。

普段は落ち着いた口調で話していて、初対面の相手には穏やかに接しているのですが、本性は傲岸不遜かつ冷酷非道なエゴイストであり、他者全員を自身の目的を果たすための捨て駒としか見ていないところがあります。その自己中心的な手段による暗殺計画は、殺せんせーの奇策やE組の反撃によりことごとく失敗しているのでざまあって思いますが、生徒たちを巻き込むのはやめてほしかったです。

茅野事件の時に「二代目」なる人物と共にE組の生徒達と殺せんせーの前に現れて、3月までには確実に殺せんせーを殺すと宣言していますが、アニメはこれからどうなるのか。原作で結末を知っていますがどう表現するのかすごく楽しみでもあります。

『ハイキュー!! 』牛島若利

なんと竹内さんは、白鳥沢学園高校バレー部主将のウシワカちゃんこと若利くんを演じています。全国で3本の指に入るスパイカーで宮城県内トップのエースとして圧倒的な強さを誇っています。そして、19歳以下の日本代表である世界ユースに東北で唯一選ばれていますね。

青葉城西の及川さんの実力を認めているのですが、当人の及川さんからは「天才」の代表として敵視されています・・・。そして、コンクリートのくだりから烏野高校10番、日向に対して妙に張り合っています。また、嫌味で物事を言わないため、「腹立つ」などと言われている。

天然なのか、他に興味がないのかそっけないのですが、1期の25話で発表される前に声が聞けたときは嬉しかったです。今秋、3期があり白鳥沢VS烏野戦から始まるので、すごく楽しみです!!

最後に

竹内良太さんについてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?アニメマシテに出られてたときにおっしゃっていましたが、髭声優と言われていること、なんだかんだで、髭のやついたな~とか、あの長髪のやついたな~って記憶にとどまってくれる役者になりたいとおっしゃっていらっしゃったのを覚えております。

声優をやめようと思っていたこともあったとおっしゃられていましたが、辞めてくれなくて本当によかったです。そうでなければ、ウシワカちゃんも蓮も竹内さんじゃない・・・考えられませんから!!これからも、どんどんその渋いお声を生かして役者人生全うしてほしいです。応援しております!!

写真は大亀あすかさんと一緒に麻雀関係の写真ですね。