最強の毒使い!パープルヘイズの魅力を徹底解説!【ジョジョ】

ジョジョの5部に出てくるパープルヘイズは、本人も制御不能の最強スタンドとして有名です。そんなパープルヘイズの魅力について徹底解説しちゃいます!

パープルヘイズって?

プロフィール

出典:http://www.amazon.co.jp

パープル・ヘイズとは、、漫画『ジョジョの奇妙な冒険 第五部 黄金の風』に登場するスタンドです。本体は 護衛チームのメンバーであるパンナコッタ・フーゴ。 殺人ウィルスを操る「毒のスタンド」です。

【破壊力 – A / スピード – B / 射程距離 – C / 持続力 – E / 精密動作性 – E / 成長性 – B】。

外見的特徴は体の一部分を除いて紫と白のひし形の模様があり、首や両手足等の付け根にはツギハギが施され、両目はバッチリと見開かれ、常にヨダレを垂らしており、他のスタンドにはあまり見られないおぞましい容貌をしています。

出典:http://jojo.matomeno.net

性格もキレた時のフーゴと同様に凶暴で、攻撃方法もそんなおぞましい容貌に見合った、『殺人ウィルスをばら撒く』といった単純かつ恐ろしい方法です。拳に装着した小型のカプセルに殺人ウィルスを培養しています。

カプセルは脆く、壊れた途端に付近にウィルスが散布され非常に危険です。 カプセルの中に入っているウィルスは猛毒の生命体で、触れた生物はあっという間に体を蝕まれ、1分ほどで全身が腐敗して死んでしまいます。

また、距離が近ければウィルスに蝕まれたものを介して感染もするという特徴があります。 ただしこのウィルスは光に極端に弱く、すぐに殺菌は可能です。

出典:http://dengekionline.com

一旦殺人ウイルスに感染したらスタンドを解除しても増殖は止まらず、スタンドの本体であるフーゴ自身もウイルスに感染すれば死ぬという特徴もあります。

それと同時に知能を持つのですが、それほど高い知能は有していないです。一部のスタンド(エコーズ、アヌビス神など)と同様に独自の行動を取る事があり、スタンドの中では珍しく「神経質」という性格が存在します。

本体であるフーゴと「マン・イン・ザ・ミラー」にて隔離され完全制御を離れた時は、「野性的だが綺麗好き」という変わった性格を見せました。ただ本体と違って知能は低いです。スタンドの概念上、操縦性の低さがパワーに繋がっていると考えられます。

出典:http://gaga.main.jp

このように強力な効果を持つのですが、原作内では上記の「vsイルーゾォ(マン・イン・ザ・ミラー)」でしか登場せず、フーゴはその後ジョルノ達と袂を分かつことになったので一切の出番が無かったことも。

この理由として「能力が凶悪かつ使いどころが難しすぎた」と作者の荒木先生は述べています。最強すぎるのも考えどころですね!

パープルヘイズの能力者、フーゴ

出典:http://jojosoku.com

パープルヘイズのスタンド本体である「パンナコッタ・フーゴ」はジョジョの奇妙な冒険・第5部「黄金の風」の登場人物です。ギャング組織「パッショーネ」の構成員で、ブチャラティの部下。16歳。

とあるイタリアの貴族の家の生まれで、IQ152という明晰な頭脳を持ち、13歳で大学へ入るほどの才能を持ちます。

普段は落ち着きのある紳士的な性格をしている反面、とても短気でキレやすく、ある時大学の教師を百科事典で暴行、かけつけた警備員を叩きのめし逮捕された事でフーゴの上流階級としての人生は終わってしまうのです。

出典:http://blog.livedoor.jp

ナランチャにスパゲッティを食べさせてあげるなど、優しい一面も見られます。その中でもブチャラティには絶大なる信頼を寄せていたようです。

しかしやがてジョルノが加わり、ボスからの任務を受けるストーリー中盤、組織を裏切ったブチャラティ達に付いて行けず、ただ1人ブチャラティ達と袂を別つ事になります。

ちなみに作品中で語られなかった裏設定として、フーゴは実はボスによって送り込まれたスパイで組織を裏切ったブチャラティチームと敵対させる予定が当初用意されていたといいます。

しかし「組織に入った経緯が経緯なのでこれ以上落とすのはあんまり」「群像劇の色が強い第5部で仲間の裏切りは描きたくない」という作者の判断により再登場は描かれなかったそうです。

パープルヘイズの最強能力

出典:http://ameblo.jp

パープルヘイズは、スピンオフ作品「恥知らずのパープルヘイズ」でフーゴの精神の成長と共に進化し、「パープル・ヘイズ・ディストーション」となりました。

こちらはウィルスの凶暴性がさらに増した結果、ウィルス同士で共食いし始めるようになっており、そのため全力を出せば出す程ウィルスが減ってしまい、逆に手加減する程相手への殺傷力が増すという奇妙な性質を持ちます。

またジョルノは、パープル・ヘイズとノトーリアス・B・I・Gが怨念によって動くところが共通しているとし、フーゴが死亡した際にパープル・ヘイズも同じように能力だけが世界に残った場合、世界は滅亡するだろうと考えていました。

パープルヘイズの元ネタ

出典:http://www.mobypicture.com

パープル・ヘイズの元ネタは「パープル・ヘイズ(Purple Haze)」という見解があります。とても有名曲なので、知っている人も多いかも?

アメリカのミュージシャン、ギタリストである「ジミ・ヘンドリックス」によって1966年に作られ、1967年に録音、その後シングルとしてイギリスとアメリカの両国で発売された曲です。

これを踏まえてか『恥知らずのパープルヘイズ』オリジナルのスタンド名も全てヘンドリックスの楽曲から取られています。ただ、パープルヘイズは訳すと「大麻の煙」となり、その曲はたくさんあるので一概にジミヘンの曲と決めるのは困難かもしれません。

パープルヘイズのグッズ!

出典:http://www.amazon.co.jp

パープルヘイズのかっこいいグッズもたくさんあります。こちらは超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第五部 47.パープル・ヘイズ(荒木飛呂彦指定カラー)です。

彫像かどうなので、関節部分を動かすことができます!また、付属パーツが付いているので長く、たくさん楽しむことができます。

出典:http://www.amazon.co.jp

ちなみにこちらはフーゴのフィギュア。超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第五部 49.パンナコッタ・フーゴ(荒木飛呂彦指定カラー)です。

赤色の衣装がかっこいいですね!ジョジョは、いろいろな服装やカラーがあるのでたくさんの種類を集めたくなりますね!二体集めるときっと豪華になります!

まとめ

パープルヘイズはその名に違わずとても凶暴で最強なスタンドでした。姿もすごくかっこいいですね!5部はまだまだアニメ化は先ですが、フーゴとパープルヘイズの活躍を見たいです!

これからも彼らの活躍から目が話せない!要チェックです!