天使!妖精!が似合いすぎる久野美咲が演じたアニメキャラまとめ

声優として人気急上昇中の久野美咲さんのこれまで演じてこられたアニメキャラをまとめてみました!!

久野美咲さんとは??

愛称:くのちゃん

性別:女性

出身:東京都

生年月日:1993年1月19日

血液型:A型

身長:150 cm

職業:声優、女優

事務所:大沢事務所

公式サイト\tプロフィール

【声優活動】

活動期間:2003年~

ジャンル:アニメ、ゲーム、吹き替え

デビュー作:ヨンジュ(『ボイス』)

【女優活動】

活動期間:1999年~

ジャンル:舞台

出典:https://ja.wikipedia.org

経歴について

久野さんは、子役から活躍しています。『ミュージカル オズの魔法使い』『放浪記』などの舞台に出演していました。ちなみに声優デビューは、2003年に韓国映画『ボイス』の吹き替えでした。主に外国映画の吹き替えで活躍していたのですが、2010年以降はアニメやゲーム作品への出演が増えています。声質は「幼い子のリアルな声」「独特の存在感のある声」と評価されています。

久野さんは、2010年の劇場版アニメ『いばらの王』の監督である片山一良さんに「普段は大人しくて全然しゃべらない子なのに、本番になるとガラッと変わる」と言われるぐらい、普段のほわほわな感じから役に入り込むのですごいなと思っています。収録の際に久野さんがアドリブで入れた息だけの演技があまりにも良かったので、カットせずに採用したという話もされていました。

久野さんの印象を同作品と『ブラック★ロックシューター』で姉弟として共演した花澤香菜さんは「現場ではずっと隅っこに座っていて、独特な声で可愛かった」とおっしゃっていました。また沢城みゆきさんからは「マトの弟くんの久野ちゃんは自分を持っていてすごい」とコメントされていらっしゃいました。

担当したアニメキャラ

人気声優・久野美咲さんのこれまで演じてこられたアニメキャラをまとめてみました。

『ログ・ホライズン』セララ

久野さんが演じたのは、生産職でのプレイがしたくて『エルダー・テイル』を始めた、〈三日月同盟〉の初心者プレイヤー。たまに妄想癖の出る、おっとりした性格の少女で、若干肉付きの良い体型を気にしているけなげな女の子を演じていました。にゃん太さんに恋心を抱いている事が周囲に駄々漏れな可愛いところもあります。

現実世界では高校2年生で、体型については現実でも気にしていたみたいですが、現実の体系をそのままキャラクターにも設定してしまったみたいですね・・・(笑)TRPGリプレイやアニメ第2シリーズでは、料理に大量のマヨネーズをかけるシーンがあったので、リプレイ集の注釈ではそれが体型の原因とされています。

もう、久野さん演じるセララがかわいすぎて、ログホラを観ていたといっても過言じゃないぐらいの入れ込みようでした!!第3シリーズが楽しみで楽しみで、早く続きを観たいです!

『怪盗ジョーカー』ロコ

久野さんが演じられているのは、研究所での実験により特殊能力を身に着けたスーパードッグです。人間ではないんですけど、本当に違和感ないすばらしい演技です!ロコは、本名「実験体101号」なんですが、同じく実験体の99号を追っている途中、修行時代のジョーカー達と出会いました。その際、ジャック(ジョーカー)にトウモロコシを食べていたからという理由で「ロコ」と命名されました。

大声で鳴くとコンクリートも破壊してしまう程の強力な超音波を出すことができますが、かなりの音痴なんですよ・・・。99号を討伐してからはしばらくジョーカー達と暮らし怪盗犬になりました。クイーンのことを気に入っていて、常に一緒に行動していて彼女のピンチを何度か救っているさすがスーパードッグな活躍をみせています。ちなみに、人間年齢は7歳なのですが、いろんな意味で大人なんですよ。

『世界征服〜謀略のズヴィズダー〜』星宮ケイト

久野さんは、この作品ではヒロインを演じていました。そんな役どころは見た目は可愛い幼女、しかしその正体は、謎の組織・ズヴィズダーを率いる首領なのです!!とある理由から街を補助輪付き自転車で彷徨していた際、ふと出会った主人公・明日汰を気に入って、強引にズヴィズダーへ入社させました。もう、久野ちゃんの癒しボイスで、上から目線のセリフが発せられるのは、別世界の扉が開きそうで怖かったですね(笑)

外見通り精神的に幼い一面を持っているのですが、高いカリスマ性と「世界征服」というものに対して独自の思想と信念を持っていて、配下を労う慈悲深さがあります。なので、年上であるはずの部下たちから崇拝されているところがあります。そして、喫煙者を非常に毛嫌いしていて、一切の慈悲を見せないところがあります。

ズヴィズダーとしての姿は、間に星の飾りを輝かす2本の触角とアイマスク状の仮面、ハイヒールや鉄グロープを身に着け、腹部や脇腹などの露出が高いコスチュームです。肌身離さず持ち歩くウサギのような化け物のぬいぐるみ「ガラクーチカ」から召喚できる機械仕掛けの巨大な上腕を用いることで様々な必殺技を発動させるのですが、中でも「征服実行」による「ヴィニエイラ式変異打倒説得術」を得意としています。

その正体は古代ウド川文明の王女で呪いのため永遠に年をとることがなくなって、ズヴィズダーを結社し、世界を征服し「呪い」が解けるその日を信じて今日まで活動していました。アニメ最終回で、所有する免許証(西ウド川村公安委員会発行)から、2月30日生まれ(生年不詳)であることが判明していましたね。

『selector infected WIXOSS』タマ

久野さん演じていたのは主人公・るう子のルリグでした。生まれたてでルリグとセレクターの関係やその秘密についても知らず無邪気なのですが、バトル中には時に好戦的になる子でしたね。幼さゆえか基本的に「にゃあ」といった猫のような声しか出すことができず、それを見たるう子が祖母の飼っていた猫の名を与えました。進化した後はるう子とより明確な意思疎通を図れる程度に話せるようになりました。

基本的に何事もバトルに関連させるう子をバトルに誘うかのように話すのですが、るう子と一緒にいたいと思う気持ちはそれ以上なので、徐々にセレクターバトルに恐怖していくるう子を見て、バトルを望まないようになっていきました。るう子がセレクターとルリグの真実を知るにつれ、「願い」によってるう子がルリグになってしまうことを怖れて、バトルそのものに否定的になってしまう心やさしい子でしたね。

謎多いルリグだったタマですが、その正体は、繭が孤独の中で生み出した空想のともだち「白の少女・シロ」ということが物語が進むにつれ判明しました。繭に生み出されたルリグの生き残りで、るう子の元に送られるまでセレクターの元に送られることなく閉じ込められていたらしいです。タマも、もう久野さん以外考えられないんですよね。

『七つの大罪』ホーク

久野ちゃんは、人間以外のキャラでも何だろう、このかわいさは!!と思わず言っちゃうぐらいかわいいマスコットを演じていましたね。人語を理解できて、話せる豚です。主人公・メリオダスの友人で、自称「『残飯処理騎士団』団長」ですね(笑)

破天荒な振る舞いと根拠のない自信に満ちあふれているものの、基本的にはツッコミ役で、耳に付けていた飾りをエリザベスに蘇生してもらった際に紛失したので、マーリンから譲り受けたバロールの魔眼を付けています。ドルイドの試練後で暴龍を食べたため、鼻から炎を吹けるようになったがすぐに能力を失っていますね。メリオダスが昔飼っていた鳥によく似ているらしいです。

もう、久野ちゃんのトントコがイベントでも披露してくれましたが、本当にかわいすぎて。初めてラジオのパーソナリティも演じられていたのが七つの大罪なのですが、そのトークもほんわかして先輩の鈴木達央さんや、梶裕貴さん達に可愛がられていましたね(笑)

『キズナイーバー』新山仁子

2016年4月クールでも活躍していますよ。本作品では、主人公・勝平のクラスメートで、『キズナイーバー』メンバーの一人を演じています。現代日本の七つの大罪の一つ「不思議メンヘラ」の持ち主です。表向きは典型的な不思議ちゃんですが、実は親が開業医の金持ちであるため、嫌味に思われないように演じていた偽不思議ちゃんです。

ポイポイポ~イ!!」っていうシーンがかわいすぎてかわいすぎて。七つの大罪も出ていて、本作品も要なものなので、凄いつながりですよね。ちなみに主人公・勝平は、メリオダス演じる梶裕貴さんですから、これも縁なんですね(笑)

『ビッグオーダー』星宮瀬奈※アニメネタバレ注意

こちらも2016年4月クールの作品で、主人公・エイジの妹を演じています。兄とは仲睦まじいのですが、エイジの父・星宮源内の再婚相手の連れ子なので、血の繋がりはないんですよ。太宰府政庁の行ったオーダー適性検査はE-(不適格)です。

世界にも数例で治療成功例が皆無の珍しい白血病にかかっていて、エイジの伯父が経営する星宮総合病院に入院していました。余命半年と宣告されており、エイジはこのことを伏せていたが、それとなく知っていました。フラン中尉によって太宰府政庁に人質として拘禁され、彼の時間停止能力によって意識と病状の進行を止められていたのですが、実は10年前に世界の滅亡を願った張本人で、エイジのバインドドミネーターはそもそも彼女の能力でした。

世界を滅ぼしてしまった彼女を救うことを願ったエイジの本来の能力であるイリーガルディガーによって記憶と能力を奪われて10年を過ごしていたが、一連の事件によって頭部に取り憑いていたディガーが排除されたことで記憶を取り戻しました。その後、何を思ったか葉鳥ら何人かの能力者を連れて、世界を破滅させるために行動しています。また、その途中にエイジと再会した際、自分が世界を滅ぼした張本人であることを世界中に暴露していました。

『戦姫絶唱シンフォギアGX』エルフナイン

久野ちゃんは、水瀬いのりさん演じるキャロルと瓜二つの容姿を持つホムンクルスを演じていました。性別はなく一人称は「ボク」で、キャロルから彼女の持つ錬金術知識のうち、チフォージュ・シャトーに必要な聖遺物のパッチワーク技術をインストールされています。おどおどした言動をしがちですが、芯は強く、時に思い切った行動をとる大胆な一面を持っていましたね。

本来はキャロルが肉体のスペアとして創造したホムンクルスのうち失敗作の1つであり、チフォージュ・シャトー一部建造に携わっていたのですが、その建造に必要な最低限の錬金術だけでなく、キャロル自身が人間だった頃の記憶の一部もインストールされていて、イザークとの想い出の影響からキャロルから世界を守ることを選択しました。

計画が頓挫したキャロルが、復讐心に囚われてしまい装者を襲撃してしまったのですが、その時に無理をした行動により容態が悪化してしまいました。病床で死を待つ身だったのですが、記憶を失ったキャロルが自分の躯体にその「想い出」を転送複写させたことで転生を果たしました。転生後は正式にS.O.N.G.の一員となり、ウェル博士が遺した記録媒体の解析に携わることになった。こちらも、4.5期が制作決定しているので、エルフナインちゃんも活躍するに違いないですよね!!久野ちゃんの活躍に期待です!
https://www.youtube.com/watch?v=w4W7_rxi6ck

最後に

久野美咲さんのこれまで担当されてきたアニメキャラをほんの一部ではありますが、まとめてみました。本当まとめるごとに天使じゃないか!と言わざるを得ない可愛さにもだえておりました(笑)久野ちゃんも大学を卒業されたら声優一本でどんどん頑張っていかれるのかな?頑張ってほしいですよね。