女子すぎありすぎる!代永翼が演じたアニメキャラまとめ

女子力高い声優で有名?女の子の声援なら任せて(笑)な代永翼さんのこれまでのまとめをしてみます。

代永翼さんとは??

愛称:ヨナー、ウィング、つっくん

性別:男性

出身:神奈川県

生年月日:1984年1月15日

血液型:A型

身長:165 cm

職業:声優

事務所:賢プロダクション

配偶者:西墻由香

【活動】

活動期間:2006年~

デビュー作:生徒(OVA『CLUSTER EDGE Secret Episode』)

     三橋廉(『おおきく振りかぶって』)

出典:https://ja.wikipedia.org

経歴について

専門学校 東京メディアアカデミーの声優ボーカル科(現:東京声優アカデミーの声優養成科)卒業→賢プロダクション付属の声優養成所『スクールデュオ』6期生として入所→賢プロ事務所預かり→賢プロ3年目にデビュー

第2回声優アワード新人男優賞受賞して、2015年5月4日、自身のTwitterで同じ事務所で声優の西墻由香さんと結婚したことを発表しました。

代永さんが声優を目指すきっかけになったのは小学5年の時に、コンプレックスを持っていた声に関して教師に相談した際、声優という職業を教えられたことかららしいです。あだ名についてですが、佐藤利奈さんと矢作紗友里さんから主に「うぃんぐ」と呼ばれていますが、他の声優仲間からも「うぃんぐ」と呼ばれることが多いです。

担当されてきたアニメキャラまとめ

そんな代永翼さんのこれまで担当されてきたアニメキャラをまとめてみました。

『おおきく振りかぶって』三橋廉

デビューして間もないころに既に主人公を射止めていました。球速は遅いものの、“まっすぐ”と、4つの変化球(スライダー・シュート・カーブ ・ナックルカーブ)の計5つを、“9分割”したストライクゾーンへ投げることができる逸材です。投球指導を受けていないが故に身に付いた“まっすぐ”は綺麗なバックスピンのかかっていない不規則な回転で、一見直球だが、打者の予想より落ちてこず浮いているように感じる癖球なんですよ。

性格は弱気で卑屈で、人見知りが激しく自己主張や友人を作ることは苦手で、会話時は吃りぎみで、言葉になっていない音だけを発することも多く、周囲は意思疎通に苦労しています。他方で単純で後先を考えない面もあり、田島とはウマが合っていますね。少しでも他人から親切を受けるとその人は「いい人」に位置づけられます。

マウンドに上がると独占欲と表裏一体の度胸を見せます。敬遠策を厭うことはなく、あくまで投げ続けることにこだわっているところが見受けられますね。嫌いなものは特に無くなんでもよく食べ、体が小さいのに大食いなので他校の部員に驚かれているところがありました。代永さんは、このおお振りの現場で応援の女生徒のモブも演じていましたね。

『S・A〜スペシャル・エー〜』山本純

S・Aのクラスメイトで、両親が海外を飛び回っているため芽と二人暮らしをしています。そのため、幼い頃から一緒にいる竜にべったりで兄のように慕っています。芽同様、基本的には大人しくてのんびり屋だが、竜が絡むと場合によっては激しい性格となっています。寂しがりやで、千歳やフィンが竜に懐いた時は芽と共にヤキモチを妬いていましたね。

感受性が豊かで他人の表情や変化に気がつくのが早いのですが、テスト中はすぐに飽きてしまい、鉛筆を鼻の下でくわえて足をぶらぶらさせているため、竜を心配させています。芽のようにスケッチブックで会話するほどではないが寡黙なのですが、スーパー銭湯にハマった際は、光に良さを説明するため普段からはありえないほど饒舌になりました。

バイオリンが好きだが、天才的すぎる音楽の才能ゆえコントロールできずなかなか上手く弾けない。桜相手に一生懸命練習している。子供の頃にテレビで見た「女性の前であがってしまう人が積極的になる」という催眠術にかかってしまい、女性にキスをされると性格が変わります(裏☆純)。桜にアプローチされるうちに次第に桜を好きになるが、桜と目を合わせるだけで裏☆純と普段の純が入れ替わってしまうようになり、逃げ回っていたがはっきりと気持ちを伝えることで乗り越えて、現在桜と付き合っていました。

『カードファイト!! ヴァンガード』先導アイチ

代永さんの代表作といって過言でない作品ですね。アイチくんは、やや引っ込み思案なのですがとても心優しい性格をしていて、またその声色で女の子が演じていると思ってしまい驚いてしまいました。櫂のことを尊敬していて、ヴァンガード人生の目標にしていました。そして、純粋な心と強い意志を持っていて、同じPSYクオリアの能力者であるレン、レオン、クリスを導くだけでなく櫂やコーリンを始め多くの人々に影響を与え、仲間達の先導者となっていきました。

しかし、一方で自分を省みない危うさを持っていて、第3期「リンクジョーカー編」では自らの命の危険を顧みずに戦い、第4期「レギオンメイト編」では世界のために自分自身の全てを捨てて封印されるという第3期の「自らが最強となるために全てを捨てた」櫂とは正反対の行動をとっていました。

また、世代が代わったGでは、第2期で留学中であることを利用し「Plan-G」には海外のファイター達への根回しを担当していることが判明していましたね。これからもどんどん出てきてほしいです!!

『黄昏乙女×アムネジア』新谷貞一

この作品では主人公を演じていました。旧校舎に迷い込んだ際に「旧校舎の幽霊」こと夕子に遭遇して、それ以来行動をともにするようになりました。夕子の姿が見え、声を聞くことができ、触れることもできて、夕子の死因解明と学園内で頻発する様々な怪奇現象の原因解明を兼ねて怪異調査部を設立しましたね。

部長は夕子であるが、他の大多数の人間には夕子が見えないため部長代理を自称し、対外的には「部長は滅多に来ない」と説明していました。初登場時は眼鏡をかけていなかったのですが、目は悪く(本人曰く「本の読みすぎ」)、ときどき眼鏡をかけた姿で登場することもあります。身長はさほど高くなく、第5巻ではそれを気にしているようなシーンもありました。

性格は心優しく真面目だが、時おり熱い一面を見せることもあります。恋愛に関してはストレートに好意を寄せられることが多いのですが、まだ中学1年という年齢のせいもあってか女性そのものにまだ慣れておらず、戸惑ったり動揺したりすることが少なくないです。テレビアニメ版の設定では、夕子が助けた浅葱(後述)という女の子の孫にあたります。

『曇天に笑う』曇宙太郎

曇り兄弟の三男で、長男の天火のことが大好きで、家に住み着いたタヌキを「ゲロ吉」と名づけて可愛がっています。天火を「天兄」、空丸を「空兄」と呼んでいて、天火の言う事なら、どんな無理難題でも素直に聞き入れ、必ず実行するところがあります。足が速く、語尾に「っス」を付ける事が多いですね。

『Free!』葉月渚

代永さん演じる渚は、遙や真琴といった親しい間柄の人物を下の名前二文字に「ちゃん」付けで呼ぶ、天真爛漫な性格の男の子です。自由な発言をしつつも、周りのことをよく考えています。突拍子もない言動で怜をよく振り回していますね。もう、代永さんの渚ボイスは、もうFree!の癒しですよ。

邪気がなく、大胆で真っ直ぐな性格で行動力があり、メンバーのムードメーカーでもあります。遙と凛の対決後に岩鳶高校での水泳部設立を提案し、真琴を部長、遙を副部長に指名すると自身も会計に就き、意欲的に取り組んでいます。同級生の怜の棒高跳びのフォームに惚れ込んだことや、名前が女っぽいという共通点による親近感から、熱心に勧誘して入部させることに成功しています。

種目は平泳ぎ。後半でタイムが速くなる泳ぎが特徴で「腕が伸びるような錯覚を起こすストローク」と評されていて、イメージはペンギンで、本人もペンギン好きというかわいいキャラですね。中学時代、親に強制的に進学校へ通わされていたが、精神的に参ってしまったことから、親に岩鳶高校へ通うことを許される。今は水泳と勉強の両立をする為に努力している。チャームポイントはヒラメ筋です!

『霊剣山 星屑たちの宴』王陸

代永さんが演じられたのは、珍しい系統の役柄ですね。自称「プロ冒険者」で、付き人の王忠とは幼なじみの王舞の真伝弟子という役でした。性格面ではかなり図々しくて毒舌なキャラで、その毒舌の裏腹は誰にもわからない優しさや気配りが隠れている、いわゆるツンデレで誤解されやすいタイプです。身内には優しいがそうでない人に対してはかなり厳しく、変態発言を時々します。

霊剣山の昇仙大会で海雲帆と親友になった。離れ離れになってもずっと文通していますね。代永さんのこのかっこいい系男子の演技は本当に珍しいなと思う反面、いい!!と太鼓判を押してしまいました。

『LOVE STAGE!!』瀬名泉水

泉水は、8歳の時、両親とのCM共演に失敗して以降、芸能界が大嫌いになった根暗でオタクの大学生を演じていました。漫画研究会に所属していて、ララルルを愛して止まず、将来は漫画家になりたがっています。両親と共演していた龍馬とは、同系列のCMで再共演したことをきっかけに、付き合い始めました。現在は、芸能界と大学生活で二足の草鞋を履いていますね。母親似の女顔、兄を非常に慕っているいわゆるブラコンですね。

泉水は、本当に女の子顔で代永さんの声に合っていますよね。BL作品なんですけど、本当に純粋な物語でほわほわしてしまいました。

『ベイブレードバースト』緑川犬介

バルトのチームメイトです。両手に犬の人形をつけて腹話術で話すブレーダーです。最初は、主人公・バルトと勝負しましたが、負けてしまいました。そして、バルトが根気強く誘ってチームメイトになりましたね。犬介くんは、左手の人形がケルで右手がベスを持っています。

パペットで話している姿、バルトのお母さんのパンをほおばっている姿に微笑ましくなってしまいました!!
https://www.youtube.com/watch?v=NiPU6wzyLME

最後に

どうでしたか?代永翼さんのこの役幅!すごいですよね。おおふり初めみたとき、女の子がえんじているのかな?っておもっていたら、まさかの男性で、なんと女子の応援のモブもやられていたんですよ!本当に違和感ないんですよ。渚とかもどちらかというと女の子ボイスですが、少年より少女が合う役者さんですよね。

30代すぎて、結婚もされているのですが、そう感じさせない不詳な男性役者さんです。これからもばんばん活動されていくに違いないなと思うので、応援し続けていきたいと思います。うたプリの新シリーズもナギが出てくると思うのでそれも楽しみですね。