残念なイケメン!?島崎信長が演じたアニメキャラまとめ

スマイル素敵過ぎる島崎信長さんがこれまで演じてこられたアニメキャラをまとめてみました。

島﨑信長さんとは??

愛称:ザッキー、のぶりん、ノッブ

性別:男性

出身:宮城県塩竈市

生年月日:1988年12月6日

血液型:A型

身長:174 cm

職業:声優

事務所:青二プロダクション

【活動】

活動期間:2009年~

デビュー作:ヘルバート・ニールセン(『戦場のヴァルキュリア』)

出典:https://ja.wikipedia.org

経歴について

島崎さんが声優を目指したきっかけは、『新機動戦記ガンダムW』のヒイロ・ユイや『テイルズ オブ デスティニー』のリオン・マグナスを演じる緑川光さんに憧れたからとのことです。そして、母親が申し込んだタレントオーディションでの経験を通して、それまで手が届かないと思っていた芝居に挑戦しようと決心したとのこと。

青二塾東京校第29期卒業→青二プロダクション所属 2012年『あの夏で待ってる』の霧島海人役でテレビアニメ初主演し、第7回声優アワード新人男優賞を受賞されています。

なんと、趣味は料理、お菓子作り、ゲームで、パソコンを自作することができるらしいです。そして、何より声優界でもかなりの「ラブライバー」としても知られていて、お気に入りのキャラは小泉花陽ちゃんです。

担当したアニメキャラ

残念イケメン??な島﨑信長さんのこれまで担当されてきたアニメキャラをまとめてみました。

あの夏で待ってる(霧島海人

初主演務めたこの作品では、眼鏡男子を演じていました。祖父の遺した8mmカメラ(フジカシングル8 P300)での撮影が趣味で、妄想癖があって、つい口や行動に出してトラブルになることもありましたね。イチカの出現以来、しばしば謎の体調不良を起こしては彼女に治癒されていましたね。そして、同居人となったイチカに惹かれていって、檸檬などの助言に後押しされた後、自らの想いを彼女に告白し恋仲になりました!!

『好きっていいなよ。』中西健志

主人公・大和の友達で、巨乳好きの、少しスケベの男の子を演じていましたね。他校との合コンが好きで、女生徒にセクハラを行うため女生徒からは「変態中西」などと言われることが多い子です。めいの後押しによりあさみの恋人となっていました。

信長さんが、チャラ男を演じているイメージがなかったので、驚きでしたね。

『TARI TARI』田中大智

ただ一人のバドミントン部員で、高校で全国大会出場経歴を持つ男の子です。バドミントン部が定員に満たないため廃部通知を受けるのですが、合唱部と合流して「合唱部ときどきバドミントン部」とすることで定員を確保して、バドミントン活動を継続することができたのですが、遅刻の常習犯ですね(笑)

姉がバドミントンを始めたことがきっかけで自身もバドミントンをはじめ、憧れていた選手が白浜坂高校の出身だったことで自身も白浜坂高校に進学しました。自身が描いた絵について、見た人間から「二度と絵は描くな」と批評された経験があり、合唱部の発表作に関してイラストを描いたのですが、来夏達からも酷評されたシーンありましたよね、あれ面白かったです!

『ダイヤのA』降谷暁

信長さんが、世間に認知された作品、代表作として挙げられる作品ではないでしょうか??降谷くんは、浮き上がるかと錯覚するかのような150km/h前後の剛速球を投げる怪物ピッチャーで、クリス先輩曰く「センスの塊」で、打撃面もムラがあるが、バックスクリーンへの本塁打を量産できる長打力の持ち主とのこと。

長打力と強肩を買われ、マウンド降板後もレフトに入ることが多い選手です。「投げる試合はすべてノーヒットノーランを達成する」という意識が強く、マウンドに対する執着心が非常に強い反面、打撃には全くと言って良いほど興味がないんですよ。そして、周囲からたびたび休めと言われるほど練習熱心で、投球練習を止められたり、マウンドから降ろされる際にはオーラを発するほど不機嫌になるところがあります。

表情の変化に乏しく無愛想でクールで口数も少なく、「一匹狼」的な存在ですが、内には並々ならぬ闘志が漲っており、感情の起伏は分かりやすいです。実はかなりの天然ボケで、他人の話を聞かないことも多く、特に自分に都合の悪い話をよく無視する。表には出さないが、主人公・沢村の明るく誰とでも話せる性格を羨ましく思っていて、あと注射嫌いなところがあるイケメン投手ですね。

『Free!』七瀬遙

信長さんの代表作の一つと言って過言でない作品!映画化にもなったFree!でハルを演じています。表情が顔にあまり出なくて、無愛想でマイペースに振る舞うところがありますが、泳ぐことが大好きで、競泳の才能があり、その泳ぎは人を魅了するものがあります。本人は「」というものに独自の価値観を抱いており、タイムや勝敗には無関心だったんですよね。

女性のような名前にコンプレックスがあるようで、幼馴染の真琴や渚から「ハルちゃん」と「ちゃん」付けで呼ばれることを嫌がっています。中学1年で水泳部を退部し競泳から離れ、「20歳過ぎれば、ただの人」という諦観を囲い無気力な日々を送っていたのですが、凛や渚のおかげで競泳の世界に戻ってきました。

真琴からは「水なしでは生きていけない」とまで言われるほど「水」に飢えていて、日常では朝から水着着用で水風呂に浸かり、下着の代わりに常時水着を着用するという徹底ぶり。プールがあるということだけで、凛の学校に忍びこんだり、幼いころに通っていたスイミングスクールに忍びこんだりしてましたからね(笑)

『寄生獣 セイの格率』泉新一

全国区で名前を知られた作品ではないでしょうか?ごく平凡な高校生だったのですが、右手に宿ったパラサイト、「ミギー」により数奇な運命を辿ることになった少年を演じました。ミギーとの共生は、パラサイトを探知する能力と同時に探知される役目も果たしていて、人間と寄生生物との中間者としてパラサイトに関する一連の事件に巻き込まれる羽目になりました。

また自身の安全のみを考えるミギーの意向に逆らうわけにもいかず、家族や親しい友人に己の境遇を明かすことのできないジレンマを抱え、物語の終盤までそれに苦しむことになっていました。性格は至って普通の高校生で、ヒロインに片思いをしたり、遠回しなアプローチを送ったり、不良に絡まれたり喧嘩になったりすると震えたりとどこにでもいる普通の少年なんですよね。

『アクエリオンロゴス』灰吹陽

アクエリオンシリーズの主人公を演じましたね。阿佐ヶ谷に住む少年で、寡黙な割に性格は直情径行なところがあります。書道家の義父・興之助の影響で元々文字には造詣があって、達筆なんですよ。手先が器用で絵なども得意です。

走行中のバイクからキーを抜き取る、手の関節を外して手錠から抜ける、嘘を簡単に見破る、など器用という言葉で片付けられないほどの技術を持っていて、状況把握能力は高いが空気が読めているとは言えないですね(笑)

幼少期より自分が「救世主」になることを決意していて、ネスタによって世界に危機がもたらされた時に、心音のマスコットを返しにディーバに訪れ、そこで元凶を目の当たりにした結果、自らを「救世主」と宣言していました。救世主になると決意した理由が幼い日の舞亜との約束であると思い出したことで復活し、舞亜を救うために一度はくじけていましたが復活していましたね。もう、「救世主」=信長さんですね(笑)

『ハルチカ 〜ハルタとチカは青春する〜』マレン・セイ

信長さん演じたのは、「退出ゲーム」より登場した中国系アメリカ人の男の子の役です。日本の慣習に合わせているので、マレンが姓、セイが名なんですよ。父親がサックス奏者で、自身もサックスの名手。誘われるままに演劇部に入った幽霊部員だったのですが、吹奏楽部にスカウトされたんですよね。

演劇部員と吹奏楽部員による即興劇対決の結果、それまで抱えていた出生についての悩みも解決することができて、吹奏楽部へ入部しました。クリスマスの話で、ハルタが路頭に迷いそうになった時に家に誘っていました。最初の頃のツンツンからは見違えるいいイケメンになりました(笑)

『キズナイーバー』由多次人

由多くんです☆」が印象的な主人公・勝平のクラスメートで、『キズナイーバー』メンバーの一人を演じています。現代日本の七つの大罪の一つ「狡猾リア」の持ち主です。キザな性格で、異性には好意を寄せられて、同性には嫌われている典型的な男の子ですね。今でこそスリムな美少年の姿をしているのですが、虫歯予防週間のポスターから小学生の頃は太っていたことがバレました。

本人にとっては思わず脱毛してしまうほどのトラウマらしく、半ば弱みを握られた状態で渋々キズナイーバーの活動に協力しています。そうした過去があり、他者の評価基準にはルックスに重きを置いているため、「性格が最悪」と認める穂乃香にもアプローチを掛けているのですが、実際の交際は純愛嗜好ゆえ未だ童貞なんです(笑)

『俺物語!!』砂川誠

俺物語では、主人公・猛男の親友で3歳の頃からの幼なじみのすなを演じていました。周りの人にさりげなく気配りができて、直情的な猛男とは対照的な性格をしているのですが、気の合うところは多いんですよ。そして、イケメンゆえ昔から女子にモテますが、告白してきた子がいずれも猛男の悪口を言っていたため断っていました。

女子には無関心ですが、猛男のことを「かっこいい」と言っていた凛子には好印象を持っていて、二人が付き合い始めた後は、暖かく見守っています。猛男から凛子のことでたびたび相談を受ける際に、親身になって考えたり的確なアドバイスをしているのは、親友である猛男の幸せを誰よりも願っているからなんです。

普段はあまり感情を表に出さないのに、猛男の猪突猛進な言動にはたびたび笑っているのは、なんか微笑ましく見守ってしまっていました。すなのこのイケメンぶりが表現できたのは信長さんの中にその一面があるからに違いないと思います!

最後に

この爽やかイケメン声優島﨑信長さんの魅力少しは伝わったでしょうか??選びきれなくて結構作品をピックアップしてしまいましたが、本当に様々な作品に主要キャラで出るようになりましたよね。

これからも絶対活躍するに違いない役者さんです。このスマイルにスタイルもよくて、モデルとして雑誌に載っていますからね。いや、モデルといっても過言でないかっこよさですから!!

歌もうまいので、そのうちソロアーティストデビューしそうですが、これからも応援しています!