バスケ漫画のヒロインを演じる!平松晶子が担当したアニメキャラまとめ

バスケ漫画の金字塔『スラムダンク』のヒロイン赤木晴子を演じたことで有名な平松晶子さん。そんな平松さんはアニメでどんなキャラを演じられているのでしょうか。紹介していきます。

声優・平松晶子さんってどんな人?

プロフィール

愛称\tぴら、ピラりん

性別\t女性

出生地\t日本・東京都

生年月日\t1967年8月31日(48歳)

血液型\tO型

職業\t声優

事務所\t賢プロダクション

活動

活動期間\t1986年 –

デビュー作\tよう子(『めぞん一刻』)

出典:https://ja.wikipedia.org

平松晶子さんは、1986年の『めぞん一刻』第27話(よう子役)で声優デビューされました。初レギュラーは1987年の『機甲戦記ドラグナー』のローズ・パテントン役。林原めぐみさん・白鳥由里さんらと仲が良く、共演回数も多いようですね。

そのため林原さんが産休の時には『ポケットモンスター アドバンスジェネレーション』のムサシ役を代わって務めていました。広域な声質と確かな演技力を持ち、様々なキャラクターを演じる声優さん。そのレパートリーの広さゆえに、同じ人物が演じたとは思えないという反応もよく見られます。

声優として演じたアニメキャラまとめ

赤木晴子 『スラムダンク』

出典:https://www.google.co.jp

花道の憧れの人物で、本作のヒロイン。「バスケットはお好きですか?」は平松さんの声でさらに可愛さが増しましたよね。花道からは「ハルコさん」と呼ばれています。赤木の妹で、兄には全く似ていない美少女。ほんとに兄貴に似なくてよかったですよね。もしかしたらジャイアン兄妹みたいになっていた場合も…。

花道を初めて見たときに、花道の体格の良さや驚異的なジャンプ力から彼をバスケ部に勧誘しました。何かと花道のことを気遣い、落ち込むことの多い花道をあくまで友人として健気に支えるため、彼女の存在が花道の原動力になっています。

流川に片想いしていますが、自身への恋に疎い性格で花道の想いに気づいていません。原作では流川と会話したのは初対面時のみでそれ以降は流川が無口なこともあり返事を返されるシーンはないです。

小早川美幸 『逮捕しちゃうぞ』

出典:https://www.google.co.jp

主人公の一人で、警視庁墨東署交通課に勤務する警察官。階級は巡査頭脳明晰で勘が鋭い女性。論理的思考力の高さから来る洞察力により、他人の企みを見抜きます。機転や咄嗟の判断が利きますが、一方で不安や悪い予感も的中しやすい面も。

周囲からは、冷静・温和と評価され、本人もそれを自負している節があります。機械いじりが趣味で、車の整備も自分でこなします。運転に関しては暴走癖があり、普段とのギャップが激しいところが。

ホラー映画など怖いものは苦手のようですね。 アニメでは放送開始当初から髪型がおさげになっているが原作初期のころはショートカットでした。

ブラッドベリー 『セイバーマリオネットJ』

出典:http://stat.ameba.jp

セイバーマリオネットJ』ではパワーに優れ、3人の中では長女的存在の姉御肌の性格。素手で凱旋門を打ち崩し、車を掴んで紙屑のように投げ捨てるなど、破壊描写では群を抜いています。

一人称は「あたし」、語尾には「~さね」「~だよ」と付くコテコテの姉御キャラ。衣装はざっくり開いた胸元が特徴的なハイネックインナーの上から、赤い半被と注連縄を巻いている「祭り」を意識したデザイン。両耳にどでかい金色のイヤリングを付けています。

喧嘩っ早くて大雑把ですが、実は繊細な一面も。ナイスバディを活かしたお色気攻撃で小樽に迫ります。

日向秋 『ケロロ軍曹』

出典:https://www.google.co.jp

日向家の家長で夏美と冬樹の母親。夫は不明ですが、秋の言葉から察するに、家を買った頃にはいなくなったらしいですね。ここらへんは複雑な事情があるようです。年齢も不明ですが、20年前には中学生だったので、見た目的にも30代前半ほどではないでしょうか。 

角山書店から発売されているマンガ雑誌の編集者として働くキャリアウーマン。同僚や漫画家からとても人気があり、上司から「編集長にならないか?」と勧められるほど仕事上手。しかし、その影響で子供たちと一緒にいられる時間が少なく、そのことを彼女は悩みの種になっています。

好奇心旺盛運動神経も高い。ペットが嫌いですが、宇宙人のようなものは特別歓迎します。また、ケロロ小隊に対して「~ちゃん」と呼んだりする。例えば、ケロロに対して「ケロちゃん」、など。

前方のヴェント 『とある魔術の禁書目録』

出典:https://www.google.co.jp

ファンの中では全身が黄色い服なために「バナナ」、もしくは「前方のバナナ」と呼ばれているキャラクター。ローマ正教・神の右席」の一人(紅一点)である魔術師。二つ名は「前方のヴェント」「二十億の中の最終兵器」。舌にピアスを留め、そこに腰の下まで伸びる細い鎖と小さな十字架を取り付けた若い女。

幼い頃に遊園地のアトラクションの試運転と二人で参加したが科学的に安全とされていた乗り物が誤作動を起こし、事故に遭ってしまいました。その治療に際して必要な輸血が一人分しかなく、弟の「お姉ちゃんを助けてください」という希望からヴェントのみが助かることに。

ですが助かった彼女からすれば、最愛の弟を科学に見殺しにされたとしか思えない出来事でしかなく、このことから科学を嫌い憎むようになりました。

谷崎ゆかり 『あずまんが大王』

出典:https://www.google.co.jp

英語教師で、1年から3年までちよたちと一緒にずっと3組の担任を1年ずつ受け持ってきました。破天荒で自由奔放な性格の持ち主。勤務中にゲームを買いに抜け出したり、「飽きた」と言う理由で脈絡も無く英語の授業を体育の授業に変更したりします。仕事しろ!

職員室の自分の机はいろいろな物がうず高く積み上げられています。基本的に極めて大雑把だが、くだらない事ですぐ駄々をこねるなど小さい面も。よく教頭に小言を言われるが全く悪びれず、面と向かって悪態をつくことも。

Twitterの反応

https://youtu.be/LyDEP3_V37M平松さんの声はやはり素晴らしい。演技の幅の広さがよくわかりますね。

おわりに

平松晶子さんの演じたアニメキャラクターをまとめてみましたが、どうでしたか?

平松さんはヒロイン役だけでなく、脇役としても幅広い演技とぴったりの演技でそのキャラクターを演じ切る声優さんです。狂気にあふれた演技も素晴らしく、聞いただけで鳥肌が立つほどですね。今後も平松さんの活躍に注目です。