銀河の妖精シェリル・ノームの曲や魅力を紹介!【マクロスシリーズ】

アニメ界の歌姫のなかでも群を抜いて有名な銀河の妖精、シェリル・ノームの名曲紹介や声優さんなど、素顔に迫ります!

シェリル・ノームプロフィール

出典:http://animewallpaperstock.com

声優は遠藤綾で、歌唱パートはMay’n。

プロフィール

誕生日:11月23日

年齢:公称17歳

性別:女性

身長:169cm(TV版の身長。劇場版では165cm)

体重:54kg

趣味:ヨガ、スポーツジム

職業:トップシンガー、美星学園高校航宙科

人物

銀河規模で絶大な人気を博している歌姫。通称「銀河の妖精」。

OVA『マクロスゼロ』のヒロイン、マオ・ノームは祖母。

幼少期に母のサリー・ノームと父のアベル・クーロがマクロス・ギャラクシー船団のインプラント推進派に射殺されており、ストリートチルドレンとして残飯をあさっていた過去がある。

プライドを懸けて仕事と向き合い、揺るがない歌への情熱が彼女の人気の理由の一つとも言える。遊びなれた女王様かと思ったら実はとんだ一途な純情娘だったという、ギャップ萌えにはたまらない設定付き。

物語後半には病気で命が尽きかけながらも懸命に生き、そして歌い、ギリギリのところで生還する。

テレビ版と劇場版では設定が少々異なるが、劇中劇という事でどちらも紛れもなくシェリル自身である。

曲ごとにセクシー系、可愛い系、格好良い系、清楚系や女王様系、ポップなものなどのあらゆる萌え要素をモチーフにした衣装を着こなす。

ちなみに髪の色も舞台のセットによりよく変化する。地毛は金髪に影の部分がピンクのグラデーションという高度なテクニックが駆使されている。このためテレビアニメ版の初期は動かせる動画の枚数が限られていた。監督と公式絵師折り紙付きの美乳とともに、絵師の腕の見せ所。

小説ではストロベリーブロンド(ピンクがかった金髪)と記載されている。

また、版権や光の当たり方によっては完全な金髪かピンク髪に見える事も多々ある。

物語の主要な舞台である、「フロンティア船団」に来訪した際に、主人公早乙女アルト、本作のもうひとりのヒロインランカ・リーと出会う。

劇中での台詞は「こんなサービス滅多にしないんだからね」や「あたしの歌を聴けー!」(マクロス7の熱気バサラへのリスペクトと思われる)などが有名。

出典:http://dic.pixiv.net

シェリル・ノームの声優さんは「遠藤綾」さん、歌パートは「May’n」さんの二役

「遠藤綾」さん

出典:http://www.famitsu.com

シェリルの喋り声と歌での声、どこか違うな?と感じたことのある方もいらっしゃるはず。それもそのはず、シェリル・ノームというキャラクターは二人の役者さんによって形作られています。

まず声優として、シェリルの話声を担当しているのはらき☆すたの高良みゆきや、ポケットモンスターシリーズのスモモなどを演じられている遠藤綾さんです。

シェリルの芯のしっかりとした雰囲気ながらも、カリスマ性と色気をも併せ持つ魅力的な声をつくられています。シェリルは多くの側面を持っているキャラクターですので、とても演じ甲斐があった事でしょう。

May’nさん

出典:http://www.cdjournal.com

May’nさんは本格的に歌手活動をされている方です。シェリルの歌を1曲でも聞いたことのある方ならお分かりかと思いますが、とてもパワフルなのに美声で、抜群の歌唱力を誇っています。

シェリルは銀河の妖精であり、マクロスF界1の歌唱力を持つ女性ですので、May’nさんのような実力のある女性歌手にぴったりの役どころでした。とても美しい歌を何度も披露して下さっています。

また、マクロスFのライブではランカの声優さんである飯島愛さんと共にステージに立ち、圧巻の歌唱力でライブを盛り上げることも。シェリルの歌を担っているのは日本の実力派女性歌手、May’nさんです。

①射手座☆午後九時Don’t be late

出典:http://ord.yahoo.co.jp


射手座☆午後九時Don’t be late「あたしの歌を聞けーっ!」というシェリルの掛け声からはじまる、とても有名なシェリル・ノームの代表曲です。サビの「持っていけ 流星散らしてDate」という歌詞もとっても印象的。

マクロスFの物語序盤において、アルトがステージで射手座を歌うシェリルを抱えステージを滑空するというシーンもあり、2人の馴れ初めの曲と言っても良いキーソングです。

シェリルの力強くも美しい曲をバックに繰り広げられる宇宙戦争も、まさしくマクロスシリーズの醍醐味と言ったところでしょう!是非ご視聴くださいませ。

②ノーザンクロス

出典:http://ord.yahoo.co.jp

https://www.youtube.com/watch?v=AyxOgud3VP4
ノーザンクロス身を焦がすほどの熱い恋心、命を懸けた思いを歌ったような力強い恋愛ソング。恋愛というより最早深い愛、それもかなわない想いを歌っているような切ない一曲です。

こういったノスタルジックで命がけな曲はマクロスシリーズともシェリルともとてもマッチしていると思いませんか?「君を尽きるまで愛して死にたいよ」という歌詞、アルトとシェリルの恋を歌っているようでもありますね。

儚い歌詞と背反した力強い歌い方が、とても魅力的なシェリルのナンバーです。

③ダイアモンドクレバス

出典:http://e-shuushuu.net


ダイアモンドクレバス「神様に 恋をしていたころは こんな別れが来るとは思ってなかったよ―――」そんな切ない歌詞から始まる悲恋を歌った一曲。恋い焦がれた相手との別れ=クレバスということなのでしょうか。

別れというと、切なくて苦しいのに、別れてしまった相手の事はどうしてか美化されてしまう。そうして思い出に焦がれて生きて行く、そんな思いを感じられる一曲です。

シェリル・ノームの曲の中でも、悲恋を歌った切ない曲の中では1・2を争う人気曲でしょう。衣装もアクアブルーの美しいロングドレスで、普段のピンクゴールドの髪も美しい水色に。衣装にも注目したいですね。

④ユニバーサル・バニー

出典:http://frfdqyucyxj.cocolog-nifty.com

https://www.youtube.com/watch?v=W4GSi8GZIMk
ユニバーサル・バニー劇場版マクロスF 虚空歌姫~イツワリノウタヒメ~にて披露された、PV付きのとても力の入ったナンバーです。複雑な歌詞とアートなPVに初見でも最後まで魅入ってしまいました。

黒ウサギと白ウサギ、2人のシェリルが登場するとてもアーティスティックな一曲。激しい恋情の中に覗かせる二面性の様なものを歌ったのではないでしょうか。

歌もさながら、シェリルの小悪魔名黒ウサギと純情な白ウサギを演じる役者のような一面も見ることのできる貴重な曲ですね。是非ご視聴ください。

⑤妖精

出典:http://e-shuushuu.net


&list=RDsXMVDnhWhMY妖精「みんなが私のことを 妖精と呼ぶ 私はそれに応える―――」銀河の妖精という冠を頂く、シェリルの本当の心中を歌ったような美しい曲です。

シェリルがどのような思いを抱いて歌ってきたのか、歌詞からとても伝わってきて痛いような儚く美しいような感覚に苛まれます。特に「感じないから 心の重さ だからこの宇宙を飛べたんだ」という歌詞、シェリルの本音なのかもしれません。

銀河中から注目されているシェリル、とてもじゃないけれどファンや周りの環境をすべて受け入れることはキャパシティオーバーだったのでしょう。そうして感じないよう心を閉ざし歌い続けてきた……。

そんなシェリルがアルトと出会い変わっていくのが、マクロスFというシリーズなのだとライターは思います。皆さんはどう思いますか?

シェリルノームの壁紙に使える美麗な画像

出典:http://e-shuushuu.net

長い睫と豪華な受話器がラグジュアリーで美しい壁紙画像です。シェリルの長い睫と吸い込まれるような青い瞳、流れるような金髪に釘付けになってしまいますね。

出典:http://e-shuushuu.net

オリジナルでしょうか。全然違和感のない赤いドレスに身を包んだアニバーサリーな雰囲気のシェリルです。彼女はあまり赤は着ていませんでしたが、とても似合っています。

出典:http://e-shuushuu.net

水彩画タッチの美しいシェリル。黒ウサギの衣装のオマージュでしょうか。黒ウサギの時に見せてくれた青い髪はとても印象的でしたね。

出典:http://e-shuushuu.net

花嫁衣装に身を包んだシェリルです。純白のドレスとアップにされた髪が美し過ぎます。

出典:http://e-shuushuu.net

ファッションセンス溢れる衣装に身を包んだオシャレなシェリル。シェリルはどのような衣装でも上手く着こなしてしまう美貌の持ち主です。

出典:http://e-shuushuu.net

ギラギラサマーの花魁衣装です。和×銀河系はとても斬新なコラボレーションですね。

さいごに

出典:http://animewallpaperstock.com

いかがでしたでしょうか。シェリルのアダルトで美しい美貌から、切なく身を焦がす曲まで幅広くご紹介させて頂きました。シェリルの曲はアニソンの歴史に刻まれ、ずっと褪せることはないでしょう。

マクロスΔが登場したのでフロンティアの続編はなさそうですが、機会があればまたシェリルの新曲や登場シーンがあることを祈っています。