エルフーンの育成論オススメを紹介!これを見て自分なりに育てたい人必見!

可愛らしい見た目から大人気のポケモン「エルフーン」。今回はそんなエルフーンの育成論をご紹介致します!

エルフーンとは

出典:http://ameblo.jp

ポケットモンスターブラック・ホワイトから登場したポケモン。登場した当初は草単タイプでしたが、XYからは「草フェアリータイプ」になり、ドラゴンタイプに強くなりました!その可愛らしい容姿から非常に人気の高いポケモンですね!

種族値は「60-67-85-77-75-116」と素早さは高いですが、他は非常に低いです。ですが、エルフーンには「補助技の優先度を+1する」という優秀な特性「いたずらごころ」があり、そのおかげでレーティングバトルでも活躍出来るようになっています。

ムーンフォースやギガドレインなど、優秀な攻撃技も覚えますが、やはり「いたずらごころ」を活かした補助技がエルフーンを使う上で中心となってきますね。耐久がないので、使いどころを間違えるとすぐ瀕死になってしまうのが辛いところです…

出典:http://pokemonbbs.com

余談ですがエルフーンの対となるポケモン、ドレディアも非常に可愛いですよね!こちらにはフェアリータイプがつかなかったためか対戦環境で見ることはほとんどありませんが、ドレディアも人気が高いポケモンです。

育成論

お待たせしました、それでは本題に入っていきます。まずはどのようなエルフーンが多いのか見ていきましょう。この画像は、2016年5月10日現在のエルフーンの情報です。技で見るとやはり圧倒的に補助技が多いですね。

持ち物は、受けよりのポケモンが持つことが多い持ち物がトップに入ってきています、性格で見ても素早さを活かすための「おくびょう」、低い耐久値を補うための「ずぶとい」で9割以上を占めているので受け型が多いということがわかりやすいです。

基本的に補助技主体のエルフーンの攻撃技は一つだけであることが多いため、「ちょうはつ」を入れられてしまうと何も出来なくなってしまうので、そこは十分に注意しましょう。それでは事前知識も入った所で3種類の育成論をご紹介致します!

①無限型

出典:http://kotori139.blog.so-net.ne.jp

この型は有利対面を作って、やどりぎのたねとみがわりのループで嵌め倒すという型になります。一度嵌めてしまえば、対策がないパーティだとこの無限ループをしているだけで倒せてしまうほど恐ろしく強い戦法です。持ち物は「たべのこし」。

性格は「おくびょう」、努力値は「76-x-156-44-4-228」で、最速メガルカリオ(112族)まで抜くことが出来ます。技構成は「やどりぎのたね・みがわり・アンコール・ムーンフォース」と見事にトップ4ですね、使ってみた感想ではこの形が一番使いやすかったです。

立ち回りとしては、最初に言ったとおりやどりぎとみがわりのループですが、草タイプ・そうしょくのポケモンには通用しないので注意してください。ループ出来そうにない時は、死に際にアンコールを打って後続の起点にしちゃいましょう!

②ゴツゴツメット型

出典:http://seiga.nicovideo.jp

ゴツゴツメットを持たせた物理受け型ですね。性格は「ずぶとい」、努力値は「x-252-x-236-x-20-x」で、HP防御ベースの調整です、素早さは無振りでも実数値が136あり、最速70族(実数値134)まで抜けますが、76振って最速80族まで抜けるようにしてもいいですね。

技構成は「やどりぎのたね・コットンガード・ムーンフォース・アンコール」です。コットンガードとは自分の防御を3段階上昇させるという物理受けにはうってつけの技で、もちろんエルフーンなら先制で打つことが出来ます。

コットンガードを1回積むことで、攻撃特化メガガルーラの捨て身タックルのダメージを「36~43」まで抑えることができるので、余裕で受けきれます!(エルフーンのHP実数値は167)。更に攻撃特化メガバシャーモのフレアドライブも耐えるので相当な耐久になりますね!

③おいかぜ脱出型

出典:http://urakazelp.tumblr.com

おいかぜ(味方の素早さ2倍)をし、脱出ボタンで引っ込んで裏のアタッカーで全抜きするという形を作るエルフーンです。性格は「おくびょう」、努力値は「252-x-36-x-x-220」で、HP素早さにほぼぶっぱですね。素早さはボルトロスまで抜けるようにし、挑発されても1回は確実に動けるようにしました。

技構成は「おいかぜ・アンコール・ちょうはつ・おきみやげ」が安定すると思います。脱出出来なかった場面でも、おきみやげ(相手の攻撃特攻を2段階下げる)をすれば起点になるので、相手によって柔軟な立ち回りをしましょう。

裏に置くエースとしては、鉢巻ドラゴンやメガの高火力ポケモン(メガガルーラ、メガヘラクロス)などがオススメです。ただし、おいかぜは3ターンで切れるのでターン数を数えながら立ち回りましょう!

一緒に入れると良いポケモン

ヒードラン

炎・鋼タイプのポケモンですね。お互いの弱点をフルにカバーすることができ、一般的に「エルフドラン」といわれる並びになります。やどりぎによる定数ダメージで削りながら、ヒードランの高火力でどんどん押していきましょう!

ヒードランは「ステルスロック」も使えるので、非常に有利なサイクル戦を繰り広げることが出来ますね。あとガブリアスやゲンガーなどを入れると、使いやすくて強いパーティになるので色々試してみてください!

Twitterの声

最後に

出典:http://www.nicovideo.jp

いかがでしたでしょうか?害悪なポケモンが好きではない人には抵抗があるかもしれませんが、起点作りとして非常に優秀な働きをしてくれるので、是非この記事を参考に育成して頂けると幸いです。

それではありがとうございました。良いポケモンライフをお過ごしください!
https://www.youtube.com/watch?v=avXN2zvISqI