五期の前におさらい!夏目レイコの魅力を徹底解説【夏目友人帳】

待望の夏目友人帳五期(伍)が2016年秋より放送開始決定!その前に夏目レイコの魅力を今一度ご紹介します!

夏目レイコとは?

主人公、夏目貴志の祖母

出典:http://mangabuzzca.com

声 – 小林沙苗

夏目の母方の祖母であり、故人(回想シーンでのみ登場)。

一人称は「私」。「友人帳」の作成者。妖たちにも評判となるほど美しい娘で、その名前は妖や現在の祓い屋達の間でも広く知れ渡っている。なお、孫である夏目も彼女のことは「レイコさん」と呼ぶ。娘である夏目の母を産んだ後、若くして他界しているが、死因を含め一切の詳細が不明。孫である夏目もその死を伝え聞くのみである[注 2]。結婚せずに、夏目の母を産んだため「男にだらしなかった」など親戚からは言われている。

回想に登場している限りでの姿は、常にセーラー服とロングヘアーで、孫の夏目同様、髪色は灰色がかった色(アニメ版では茶色)である。

過去の回想のみの登場であるため、本編での登場頻度は低めだが、各単行本の扉絵表紙には毎巻登場している。

出典:https://ja.wikipedia.org

夏目レイコは、夏目友人帳シリーズの主人公、夏目貴志の祖母で、物語のカギになる「友人帳」を作った張本人です。ニャンコ先生こと斑ともかかわりがあったようですが、詳細はいまだ不明。

今回は、きたる五期放送前に今後も鍵となりそうな夏目レイコの情報をまとめてご紹介します!これを読めば五期からでも楽しめる!?

夏目レイコの作った「友人帳」とは?

友人を記した手帳?はたまた呪いの書?

出典:http://coupfranc810.blog87.fc2.com

夏目友人帳シリーズで物語のカギとなっているのが、夏目レイコの作った「友人帳」と言われるものです。一見しては古びれたただの手帳ですが、その1ページ1ページにはそれぞれ夏目レイコが勝負で負かせた妖(あやかし)の名前が書いてあります。

友人帳に名前が書かれた妖は友人帳の持ち主に服従することになり、また名前の書かれた友人帳が破れたり燃やされたりすると名前の持ち主も同じ目に遭ってしまうというなんとも恐ろしい品です。

レイコ(もしくは血族)の唾液と息があれば妖に名前を返す事もでき、貴志は多くの妖に名前を返そうとしています。妖から見るとなんとも恐ろしい一品ですが、その力を求めて多くの妖が友人帳を求めて今の持ち主、夏目貴志の元に訪れます。

妖と夏目レイコのかかわりとは?

遊び相手

出典:http://ameblo.jp

夏目レイコは強い妖力を持ち、妖を見たり触ったりすることができましたが、その力を隠すことをせず、妖が見えない人間からは疎まれ距離を置かれていました。

そこで夏目レイコは妖を遊び相手として暇つぶしをするようになり、勝負して負かせた相手を友人帳に記します。名前を返してもらう目的ではなく夏目貴志とかかわった妖も友人帳に名前が有ったりするので、かなりの数の妖怪とかかわっている事になりそうです。

物語の中で、印象に残った夏目レイコと妖がかかわったシーンをいくつかご紹介しようと思います。

ヒノエ

出典:http://favoriteanime.blog.fc2.com

続 夏目友人帳第5話にて、夏目レイコにぞっこんの妖、ヒノエとのエピソードが紹介されています。森の中の湖で出会ったレイコとヒノエですが、ヒノエの大切にしているかんざしがカラスに奪われてしまいます。

かんざしは湖の中に沈まされてしまい、落胆するヒノエ。しかしレイコが果敢に湖に飛び込み、かんざしを回収してくれます。このことでヒノエはレイコにぞっこんになります。夏目友人帳では初の百合展開ですね。

その50年後夏目貴志に出会ったヒノエは、匂いや見た目の似ている貴志をレイコと勘違いしますが、どうやらヒノエはレイコが死んだことを知らなかった様子。レイコの晩年の謎が深まりますね。

カワナ

出典:http://blog.livedoor.jp

夏目友人帳 参 第3話「浮春の郷」では、ちょっとおちゃめな妖との勝負が見られます。自分が元々いた浮春の郷に帰るため放浪していた妖、カワナと出会った夏目レイコはいつものように名前を書けて勝負を挑みますが、この勝負の方法がちょっとおちゃめ。

なんとその方法が昭和のバラエティー番組でおなじみの「たたいてかぶってじゃんけんポン」。じゃんけんをして勝ったほうがハンマーで相手をたたいて、負けたほうがヘルメットでそれを防ぐあれですね。

レイコの連勝で勝負はつきましたが、動作の遅いカワナがじゃんけんに勝っていたらグダグダになりそうですよね(笑)

妖を払うことも

出典:http://blog.livedoor.jp

妖と面白おかしくかかわっているような印象のレイコですが、時には妖を払うこともあったようです。そのエピソードは続 夏目友人帳 第10話「仮家」に登場します。

夏目貴志を引き取った藤原繁の幼少期の話。当時近所の変わり者で有名だった繁は、ひょんなことからレイコとかかわるようになります。ある日家にレイコを招いた繁ですが、そこでレイコは繁の家に悪い妖が憑りついていたことに気づき、その妖を払います。

払った副作用で部屋は崩壊してしまいますが、人間嫌いでも自分が汚名を被ってまで人を守ろうとするところに夏目レイコの心の複雑さがうかがえますね。

夏目レイコのその後は?

すでに亡くなっている

出典:http://blog.goo.ne.jp

物語に大きな影響を与えた夏目レイコですが、回想では女学生の姿でしか登場していません。その後どうなったのでしょうか?

一話の時点ですでに亡くなっていて、その死因や衰年は明らかになっていません。レイコよりも年下の親戚にも知られていたことから、恐らく40~50歳以上までは生きたことが予想されます。

また今夏目貴志の住んでいる、物語の舞台となっている田舎町の妖は女学生の姿のレイコしか知らないことから、レイコは晩年この町を離れて暮らしていたということも予想できます。

夏目レイコの夫は?

出典:http://japanese.reader.bz

血族の貴志が生まれているということは、レイコには夫がいたということになりますが、それもまた誰なのかは物語のなかでは明らかになっていません。

ここにも実は不可解な事があり、レイコは貴志の母方の祖母にあたります。母方の姓が残っているということは、少なくともレイコは娘(貴志の母)が結婚するまでは夏目姓だったことがわかります。

つまりレイコは結婚せずに子供を産んだか、結婚相手が婿入りしたことになります。また娘も夏目姓であることから、貴志の父も婿入りしたことになりますが、ここも物語では語られていません。今後の物語に注目ですね!

五期での登場は?

原作からみて登場しそうな予感!でも・・・?

出典:http://netallica.yahoo.co.jp

早くも期待が高まり話題沸騰の、今秋から放送予定の夏目友人帳 伍ですが、夏目レイコの登場はあるのでしょうか?

夏目友人帳 伍は原作でいえば13巻から15巻辺りまでをアニメ化すると予想されますが、夏目レイコ関連の妖も登場しているので伍での登場も間違いないでしょう!

しかし死因や夫について確信的なストーリーは出ておらず、気になるファンは連載中の原作も要チェックです!

最後に


いかがでしたでしょうか?なかなか謎の多いキャラクターですが、筆者はにゃんこ先生の化けた夏目レイコも含めて大好きなキャラクターの一人です。

まだ明かされていない謎もおおいレイコですが、ファンの間ではにゃんこ先生がその謎を握っているとも噂されています。皆さんはどんな予想をしますか?

原作はもちろん、五期でも活躍必至の夏目レイコに必見です!