独特の言い回し「広川節」が好評!広川太一郎が担当したアニメキャラまとめ

「なんともはや」「…っちゃったりなんかして」という独特の言い回しで愛されていた声優の広川太一郎さん。アニメではどんなキャラを演じていたのでしょうか。紹介していきます。

広川太一郎さんって?

プロフィール

広川 太一郎

本名\t広川 諶次郎

ひろかわ しんじろう

生年月日\t1939年2月15日

没年月日\t2008年3月3日(満69歳没)

出生地\t日本の旗 日本・東京府

死没地\t日本の旗 日本・東京都渋谷区

民族\t日本人

身長\t170.5cm

血液型\tA型

職業\t俳優・声優・ナレーター

活動期間\t1961年 – 2008年

著名な家族\t妹:広川あけみ(声優・歌手)

出典:https://ja.wikipedia.org

広川太一郎さんは、お亡くなりになられた現在も「ようっとな」「いいんでないかい」「なんともはや」「…っちゃったりなんかして」「はた?」「恥ずらかしい」「きらーん♪」と駄洒落を交えた台詞などファンの間で「広川節」といわれる独特の言い回しが愛させている声優さん。

彼のコメディー作品の吹き替えは思わず癖になるほどで、海外作品を吹き替えで見ないという方も思わずこの方のものは見てしまうという中毒性を持ったお方です。なんといっても台本にないことも独自の言い回しでいってしまうのですから、これは聞きたくなりますよ。

声は渋く男前なんですが、声のトーンを変えることが巧みでうまいお方。トーンをかえるだけでときには渋い二枚目に、高い時にはコミカルな三枚目キャラへというギャップがありました。2008年3月3日、のため東京都渋谷区の病院にて死去され、その知らせにはたくさんのファンが悲しんだことと思います。

声優として演じたアニメキャラまとめ

カーロス・リベラ 『あしたのジョー』

出典:https://www.google.co.jp

作品のヒロインである白木葉子が招待したベネズエラ出身のボクサーで、世界ランキング6位。性格は明るいラテン系のプレイボーイです。無類の女好きで、事あるごとに女性をナンパしています。もちろん、葉子のこともナンパしていました。

ですが、その陽気な面とは裏腹に高い実力を持ち、デビュー以来34連勝・目下19連続KO勝ちという恐るべき戦歴を持ちます。つ、強い!!そんなに強いならなんで6位なのかと誰もが思うでしょうが、その圧倒的実力を恐れ、チャンピオンをはじめとする上位者が対戦を避けて逃げ回っているから……という噂があるほどで「無冠の帝王」の異名を持っています。

最大のライバルにして最大の目標でもあった力石を殺してしまった事で、顔面を打てなくなってしまったジョーの新たな目標として登場したキャラ。

スノーク 『ムーミン』

出典:https://www.google.co.jp

スノーク族の青年。妹のノンノンと住んでいます。緑色で金色のかつら特徴的。原作のスノークはムーミンにそっくりなので、「たのしいムーミン一家」の裁判シーンでのみ着用したかつらがデザインに取り入れられているようですね。

旧アニメの初期は名門スノーク家を鼻にかけムーミンやムーミン家を馬鹿にしていましたが、旧二期以降は威張っているが憎めないギャグキャラクターのように。堅物のように思われているが王立学習院時代にはティミー(テミー)という恋人に近い友人がいました。リア充ですよ。

妹想いですが、基本的に自分勝手でプライドが高いので暴走することもしばしば。広川さんの影響で「はずらかしい」「はた?」「~であるからにしてからにして」「いいから加減に~」等の「へんこちょりん」な口癖があり、それが好評でしたね。

https://youtu.be/FPWb-J2cljAご機嫌なスノークが歌っている動画

古代守 『宇宙戦艦ヤマト』

出典:https://www.google.co.jp

主人公古代進で現状唯一の肉親です。「男なら一人でも多くの敵をやっつけて、死ぬべきじゃないんですか」という男前な言葉を残し、単艦ガミラス艦隊に突入。このシーンは守の見せ場ですよね。見ていて本当にしびれました。ですが、もちろん勝てるはずもなく、艦長を務めていた「ゆきかぜ」は撃沈してしまいます。ですが、守の運がよかったのか奇跡的にイスカンダルの後に伴侶になるスターシアに救助されるのです。

その後ヤマト・沖田十三艦長・そして弟の古代進との再会を果たすことに。一時は地球へ戻ることを決心しますが、スターシアとの間に芽生えた愛情に従いイスカンダルに残留します。守とスターシアは夫婦となり、後に一人娘のサーシアをもうけました。

ロベール 『ラ・セーヌの星』

出典:https://www.google.co.jp

ド・フォルジュ公爵息子で、後にシモーヌの義兄となります。成人しても官職に就かず、にも入らずぶらぶらしている現代でいうところのNEET。しかし、実は「ラ・セーヌの星」誕生以前から、仮面の剣士「黒いチューリップ」として貴族に虐げられる民衆を救うべく暗闘していました。

シモーヌが「ラ・セーヌの星」となった後もその危機をたびたび救うように。公爵の死後、爵位を継ぎますが国王暗殺未遂の濡れ衣を着せられ爵位没収の上、国外追放となります。番組後半で密かに帰国して汚名を晴らし御家を再興するが、巻き起こる革命の嵐の中、貴族と民衆の狭間で苦闘する事に。中間管理職のような立場になるわけです。

ホームズ 『名探偵ホームズ』

出典:https://www.google.co.jp

ロンドンでその名を知られた探偵。ロンドン・ベーカー街221Bのハドソン夫人の下宿に住んでいます。頭脳明晰沈着冷静。しかし、反骨精神をのぞかせるときも。原作よりも健康的で若い設定となっており、喫煙の習慣はあってもほとんどパイプをくわえているだけ。

ホームズはコカイン中毒だったようですが、本作のホームズはコカインを打ったりしません。NHKはさすがにそれは許しませんでした。原作の時代ではコカインは悪いものではなかったのですが、今のタバコと同じ感じなのかもしれませんね。

本人曰く植物学、化学、物理学のエキスパートで、下宿の自室で妙な科学実験をすることもあるようです。バイオリンの名手。愛車「プロトベンツ」に乗り今日もロンドンを駆け巡ります。

ルパン 『ルパン三世:パイロットフィルムTV版』

出典:https://www.google.co.jp

原作者のモンキー・パンチさんは、当時放送されていたアニメに不満を持っていたため、アニメ化に反対していました。アニメ化の説得材料として13分弱のパイロットフィルムが製作されました。本来パイロットフィルムとして製作されたアニメーションであり、配給元やスポンサー、放送局に売り込むために製作されたもの。

しかし、1971年頃にテレビ用にスタンダードサイズで作り直されました。テレビ版パイロットは当初の映画化が実現しなかった経緯から作り直されたもので、内容的にはほぼ同じであるがキャストが異なっています。そのテレビ版のルパンを広川さんが演じています。

Twitterの反応

おわりに

広川太一郎さんの演じたアニメキャラクターをまとめてみましたが、どうでしたか?

広川さんのあのコミカルで印象に残るアドリブは誰も真似できないものでしたね。今でも作品を見返すと広川さんの存在の大きさを感じます。もっとたくさんの演技を見れたらと願ってしまいますね。もしよければ広川さんの出演されている作品を視聴してみてください。きっと広川さんの魅力に惹かれますよ。