セーラー戦士の美奈子役で有名!深見梨加が担当したアニメキャラまとめ

『セーラームーン』の愛野美奈子(セーラーヴィーナス)役を演じたことで有名な深見梨加さん。アニメではどんなキャラを演じているのでしょう。紹介していきます。

深見梨加とは?

プロフィール

本名\t津田 理佳

(つだ りか 旧姓:深見)

出生地\t日本・京都府

生年月日\t1963年8月8日(52歳)

血液型\tB型

所属\tビーボ

配偶者\t津田英佑(俳優)

活動

活動期間\t1982年 –

デビュー作\tミエール、少女(『ときめきトゥナイト』)

出典:https://ja.wikipedia.org

出典:https://www.google.co.jp

深見梨加さんといえば、海外ドラマや洋画を見る方にとっては色っぽい、妖艶な女性の声が印象的な声優さんというイメージが強いのではないでしょうか。本人も写真でわかる通り、美しい大人の女性です。

セーラームーン』で共演した篠原恵美さんとはなんと生年月日が一緒だという奇跡というか、運命的なところが。共演者と同じ生年月日というのは、確立としてどれくらいなんでしょうね。ちなみに誕生したのは深見さんの方が6時間ほど早いらしいですね。

夫は俳優の津田英佑さんで、美男美女の夫婦ですよね。

声優として演じたアニメキャラまとめ

愛野美奈子/セーラーヴィーナス 『美少女戦士セーラームーン』

出典:https://www.google.co.jp

深見さんといえばこのキャラですよね。色っぽい女性のキャラを演じることが多い深見さんにとっては異色のおバカ少女キャラ。成績は悪いですが運動神経がいい女の子。しかし、如何せん他がひどすぎる。ことわざを使っても使いどころも、言葉自体も間違えることがほとんど。

家事もできないというポンコツぶりで容姿やバカぶりがうさぎに似ていると言われていますが、うさぎよりもひどいとも言われています。趣味もアイドルの追っかけで、将来の夢もアイドルになること。ちなみにまことと同レベルで惚れっぽい。しかもトコトンまでメンクイミーハーです。

うさぎとキャラがかぶっているのは漫画では影武者とも扱われていたため。髪型は正直言って美奈子のほうがかわいい…いやなんでもないです。

https://youtu.be/98uM-VGM9yYセーラーヴィーナスの変身バンク。可愛い声ですよね。

かぐや 『YAIBA』

出典:https://www.google.co.jp

コナンで有名な漫画家さん、青山剛昌さんのSF剣豪漫画『YAIBA』に登場する月の国の女帝。アニメ版では途中で終わったためラスボスでもあります。すがすがしいほどの悪女で冷徹な悪役。見た目的には胸も大きく、うさ耳、黒髪の妖艶なお姉さまです。

しかし、中身は地球を侵略してやろうと考えている征服者。外見は平安時代に侵略を防いだ巫女の身体です。それにしてもかぐや姫の物語がフェイクとは驚きましたよね。たしかにかぐや姫は悪女だとも言われていますが…。

ヘアバンドをつけているのは耳を切られたためそれを隠す意味があるそうですね。それにしてもうさ耳でなくてもいいのでは(笑)また、24時間ごとに若い地球人女性の精気を吸わなければ老衰で死んでしまうという弱点も抱えており、見た目的に百合。ある意味美味しいキャラですよね。

マジョプリマ 『も~っと!おジャ魔女どれみ』



魔女界きっての名女優だそうで、確かに容姿はとても美しいですよね。ですが、なんと普段の食事の主食は栄養剤。食事を抜くこともしばしばだそうで、よく倒れないなと思わせる人物ですね。

ドレミたちにあったときは、時間にルーズなうえ超低血圧で寝起きが悪く、とんでもない気まぐれというイライラさせる人物でした。しかし、彼女は女優。全ては完璧なプランに基づいた演技…だったのかもしれませんね。女優で時間にルーズはダメでしょうし。

レギーネ/小山翔子 『ふたりはプリキュア』

出典:https://www.google.co.jp

ギャップが激しいキャラクター。というのも正体は闇の戦士というプリキュア達の敵なんですが、人間の姿の時はそれを自覚していません。翔子がレギーネになるときの演出。サスペンス的で恐ろしいものがありました。

翔子はとても小心者で、声が小さいことから他人からしばしば聞き返されほど。腹から声出せ!!といいたくなるような女の子ですが、それだけ自分に自信がないのでしょうか。翔子も容姿的にすごい可愛いと思うのですが。

闇の戦士レギーネに覚醒すると、容姿も変わりますが性格も正反対。とにかく強気で、はきはき話すように。

沢田奈々 『家庭教師ヒットマンREBORN!』

出典:https://www.google.co.jp

ママン」とよばれ、たくさんのキャラクターに慕われるだけでなく読者も引き付ける女性。34歳ということで、若い可愛い母親ですよね。ツナが羨ましいです。こんな可愛いママなら授業参観とか大騒ぎではないでしょうか。

容姿だけでなく性格もよく不在がちな夫・沢田家光の代わりに沢田家の家計を切り盛りするしっかりもの。料理も上手く、どんなにおかしい人物でもなにもおかしく思わずご飯を提供するほど。さすがに知らない人物をすぐに家にあげるのはダメでしょう。

天然ボケな女性で夢見がち。チラシを見てリボーンをツナの家庭教師として雇ったのもこの方。夫である家光のことになるとテンションがあがります。夫が好きで一途なところも可愛い女性ですよね。

エリザベータ 『BLOOD+』



ロシアでの小夜達をサポートする赤い盾のエージェントでした。美しいカッコイイ女性ですが、早々殺害され、容姿を乗っ取られるというかわいそうなキャラクター。もっと活躍をみたかったですよね。

Twitterの反応

おわりに

深見梨加さんの演じたアニメキャラクターをまとめてみましたが、どうでしたか?

深見さんはセーラービーナスのイメージが強いためかわいらしい声のイメージが大きいかもしれませんが、基本的に色っぽい、大人な女性を演じることが多い声優さんです。これからもたくさんのキャラを演じられることでしょう。今後の活躍に注目ですね。