ルフィのライバル!?イケメンになっていたコビーについてまとめてみた【ONEPIECE】

ワンピース第2話で登場したコビーが再登場!チビでデブだったコビーはイケメンの好青年になっていた!彼に一体なにがあったのか?コビーについてまとめてみた!

コビーとは

出典:http://trend-pickup-news.blog.so-net.ne.jp

声 – 土井美加

アルビダ海賊団航海士兼雑用→海軍第153支部雑用→海軍本部雑用→海軍本部曹長→海軍本部大佐。

ガープの部下。弱気で臆病な性格だが、ここ一番での行動力や度胸はある。一人称は「ぼく」。登場初期はかなり貧弱な体格だったが、海軍入隊後は背は大きく伸び、別人のように逞しくなっている。トレードマークである大きな眼鏡は額にかけるようになり、バンダナを巻いている。また額には大きな傷ができている。新世界編ではさらに背が伸び、ルフィと同じぐらいの背丈になっている。

誕生日は5月13日(コ→5、B→13)。ルフィが海に出て出会った最初の人物。かつて釣りに出かけた際、誤ってアルビダ海賊団の船に乗り込んでしまい、そこの雑用として2年間もこき使われていた。アルビダが拠点にしていた島に流れ着いたルフィと出会い、ルフィがアルビダを倒したことで解放される。

それからルフィと友達になり、一時行動を共にしていたが、海軍将校になる夢を持っていたため、シェルズタウンでゾロと入れ替わりに別れ、その後海軍第153支部で雑用として働くことになった。

出典:https://ja.wikipedia.org

コビーの人気ぶりをどうぞ

出典:http://pic.prepics-cdn.com

チビでデブで弱虫だったコビーだが、階級はどのように変化しているのだろうか?

出典:http://onepiece.xii.jp

コビーはルフィたちと別れた後、海軍支部で雑用として働くことになった。その後本編では再登場するまで一切触れられていないが、表紙連載『コビメッポ奮闘日記』で彼の活躍が描かれている。何の縁かヘルメッポと親しくなり、二人組「ヘルメッポ」としてのストーリーだ。

その表紙連載ではガープと出会い、ガープの元で修行している。そのため再登場した際もガープと共にルフィの前に現れた。さすが伝説のガープに鍛えられただけあって、ルフィたちには敵わないものの当時の見る影がないほど強く成長していた。

再登場時には曹長、新世界では大佐の地位にまで上っている(ONEPIECE千巻より)。

新世界では大佐にまで昇格しているコビーの強さとは?

出典:http://blog-imgs-74.fc2.com

コビーが実際に戦っているシーンは原作ではルフィとの再開しか描かれていない。その際はCP7の「」を使えるようになっていた。CP7を倒したルフィたちには遠く及ばなかったが、十分強くなっている。

アニメオリジナルでは新世界の姿が原作に先駆け登場しており、更に強くなっている姿を見せている。その際も「剃」を使用していた。原作でいつ再登場を果たすかはわからないが、そのときには更に強くなっていることだろう。

コビーは「大将」を目指しているため、対象にふさわしい強さを持って登場するかもしれない。

コビーが見聞色の覇気を覚醒!他の覇気は使えるのか?

出典:http://www.maniado.jp

マリンフォード頂上戦争で覚醒したコビーの「見聞色」の覇気。覚醒当時はわけがわからず混乱し使いこなせていなかった。おそらく戦争後にガープから使い方を学んだことだろう。では他の覇気はどうだろうか?

現状では覇王色の覇気を持つ可能性は低いと考えていいだろう。覇王色自体が非常に稀なことであり、更にコビーの性格的が「覇王色」の性質からかけ離れている。もしコビーが覇王色を持っていたら非常に面白い展開になりそうだが。

武装色は十分に可能性はある。現在の情報では武装色を持っている描写はないが、今後武装色を持って登場するかもしれない。コビーの戦闘スタイルが「剃」を使用したスピードタイプなため、武装色をも扱えたら非常に手ごわい敵になるだろう。

コビーは悪魔の実を食べているのだろうか?

出典:http://pic.prepics-cdn.com

今現在の情報では悪魔の実を食べている様子は見られない。ウォーターセブンでの再開のシーンでも使用せず、己の力のみで戦っている。アニメオリジナルでも悪魔の実を食べていそうな描写は見られなかった。

コビーは「大将」を目指しており、海軍大将はみな能力者だ。悪魔の実の力は強さを求めるには非常に有効だろう。海軍の中には能力者もかなり多い。

しかしコビーの教育者は「ガープ」であり、ガープはおそらく能力者ではない。そのガープに教わっているコビーが悪魔の実を食べるとは考えにくい。悪魔の実を食べる状況になったとき、コビーはどうするのだろうか。

コビーvsルフィーの戦いはくるのだろうか?勝者はどちらだ?

出典:http://onepiece01.wpblog.jp

ウィーターセブンでの再登場時で、コビーはルフィに全く歯が立たなかった。ガープにも「全く敵わんな」と大笑いされている。コビーが強くなると同じくルフィも強くなっているためそれも当然である。

二人が戦ったとき、勝者はどうなるのか。通常であれば主人公であるルフィが勝つか、引き分けかである。更に、コビーの夢は「海軍に入ってえらくなって悪いやつをつかまえる」ことだ。いずれ大きな戦いが起き、ルフィが「悪いやつ」でなくなったとき、コビーにとってルフィは捕まえる相手ではなくなる。勝つ必要がなくなるのだ。

将来、コビーvsルフィの本気の戦いは訪れるだろう。コビーが勝つ姿は想像できないが、勝った姿も見てみたいものである。

将来有望な男・コビー。未来の姿とは?

出典:http://idlinks.vivian.jp

まさかあのコビーが再登場し、かっこよくなっているとは誰が想像しただろうか。「剃」を使いこなし、曹長になり、新世界では大佐にまで昇格している。次にルフィたちと再会するとき、本当に「大将」になっているかもしれない。コビーは「やる男(ルフィ談)」なのだ。

しかしコビーの意思はルフィ寄りである。マリンフォード頂上戦争では赤犬の命令を無視して立ちはだかり、「海軍」に属しながら海軍至上主義ではない。今後世界を揺らがす大きな戦争が起きたとき、彼がルフィに力を貸す姿は十分に想像できる。

彼は「大将」になり、ルフィとは一度は本気で戦い、おそらく最終的には味方になるのだろう。

まとめ

出典:http://pds.exblog.jp

コビーが非常にかっこよく成長しており、衝撃を受けた人も多いだろう。しかもあのガープに教えを受けているというのだから驚きだ。まさかそんなことになっているとは思いもよらなかった。

彼は臆病で弱虫だが、やるときにはやる男。いざというときには驚くような勇気を見せてくれる。非常に人間らしいキャラクターである。彼とルフィの再会はどうなるのか、非常に楽しみである。

そんな彼の「勇気ある数秒」をぜひもう一度見てみてはいかがだろうか。