青キジ(クザン)の本当の目的は!?その真相を徹底考察!【ONEPIECE】

海軍大将だった男・青キジは新世界編になると海軍を抜け姿を消していた。彼の真の目的はなんなのか?考察していこう!

青キジとは

出典:http://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com

元海軍本部大将。マイペースかついい加減で、「だらけきった正義」がモットーの男。だがその実、海軍の「絶対的正義」に縛られない強い信念を内に秘めており、職務を全うしながらも「正義とは立場や状況によって変わるもの」という考えを持つ。アイマスクに青いシャツに白いベストを着用。

新世界編では、サングラスをかけ放浪者のような服装をしている。また、右上半身に大きな火傷の痕があり、左足には能力で作った氷の義足をつけている。海軍をやめてからは、超ペンギンのキャメルを旅の供にしている。ガープには世話になった過去があり、敬意を払っている。「あらら」が口癖。47歳→49歳。誕生日は9月21日。

自然系悪魔の実「ヒエヒエの実」の能力者。体を氷に変えることができる「氷結人間」。冷気であらゆる物質を凍結させられる。凍結した状態で衝撃を加えられた物体は瞬時に粉砕される。水を凍らせることができるため、能力者の弱点である海に対して強い耐性を持つ。氷の性質故に物理攻撃を受け流せないが、氷の破片を集結させることで再生できる。海に出る際は、愛用の自転車「青チャリ」に乗って海水を凍らせながら移動している。

30年前、海軍に入隊。中将時代の22年前、バスターコールによりオハラに派遣される。脱走したかつての同僚であり親友のハグワール・D・サウロを捕縛した。そして、サウロの意志を酌んでバスターコールからロビンを逃がし、その動向を静観していた。また、当時は「燃え上がる正義」という信念を掲げていたが、オハラの事件以降悩み続けた末、確固たる意志で現在の「だらけきった正義」に行き着いた。

出典:https://ja.wikipedia.org

海軍としての青キジ

出典:http://blogs.c.yimg.jp

30年前に海軍に入隊し、入隊当時からその強さは話題になっていたらしい。その8年後、オハラの事件で親友サウロの意思を受けロビンを逃がす。この事件がきっかけで「だらけきった正義」というモットーを持つようになる。

そのモットーの通り普段からだらけきっているが、真剣になったときは「大将」としての威厳を感じさせる。上からの命令には従うようで、マリンフォード頂上戦争に参戦。白ひげによる大津波を凍らせたりルフィや白ひげと交戦、ジョズを凍り漬けにするなどハッキリと敵対している。

戦いの様子から「大将」にふさわしい強さを誇り、ルフィに対しても「お前にゃまだこのステージは早すぎるよ」と言っている。

青キジとロビン

出典:http://matome.naver.jp


青キジは麦わらの一味の危険性を示唆しているが、なによりもロビンとのかかわりが深い。オハラでの事件の際、行き過ぎた正義を見た青キジは親友サウロの遺志を酌みロビンを逃した。

その後ロビンの生き方を静観していたが、ロングリングロングランドで敵対。捕縛のためにスパンダムにバスターコールの権限を与えたりとロビンを捕らえる姿勢を見せていたが、CP7の敗北を受けロビンの動行を見守ることに決めた。

親友であるサウロの残した「」の見せる「答え」を求めており、それ以降自分からロビンに対して手を出すことはなくなった。

マリンフォード頂上戦争終戦後

出典:http://livedoor.blogimg.jp

終戦後、センゴクが元帥を退任したことにより次期元帥を決めることになった。その際センゴクから推薦されたが、もう一人の候補が赤犬であることに強く反発し、決闘が行われることになった。

10日間に及ぶ決闘の末、赤犬が勝利。赤犬より下に付くことを求められたが拒否。海軍を後にし、それ以降行方不明となった。その後、2年後のパンクハザードに再登場。スモーカーを助け再び去っていった。

青キジが黒ひげとつながっている!?

出典:http://onesoku.com

2年後になり、青キジの意外な動向が明らかになりつつあった。青キジが黒ひげに加担している?ということだ。最初の情報はパンクハザードでの再登場。ドフラミンゴの「いい噂をきかない」スモーカーの「闇とつながっている」と、意味深な発言が多い。

ドレスローザにおいてはバージェスが「青キジなんざ信用できねェ」と黒ひげに漏らしている。そして最大の情報は五老星と赤犬の会話である。「黒ひげに加担している」とハッキリ口にしているのだ。

仲間になったのか、ただの協力関係なのかはわからないが、青キジと黒ひげに関係があることは間違いなさそうだ。

青キジは何のために黒ひげに加担しているのか?

出典:http://blogimg.goo.ne.jp

黒ひげは既に「四皇」に数えられているほどの大きな勢力である。海軍とは完全に敵対している。もと海軍だった青キジがなぜ黒ひげに加担しているのだろうか?

考えられる理由はスモーカーと青キジの会話にある。「最初から世界政府が全てとは思っちゃいねェよ」「海軍に所属しなくても実行できる事はある」「所属しねェから見えて来るもんもある」

この台詞から青キジは「世界政府」に対して疑問を持ち、そのために海軍に所属していた。海軍を去った今、別のやり方で「目的」を果たそうとしている、ということになる。

その目的とは?

出典:http://ecx.images-amazon.com

では一体その目的とは何なのだろうか?青キジは過去に「今後の世界のために」という発言をしている。そして「世界政府が全てとは思っていない」という発言もある。現在は世界政府に支配されてる世界だ。青キジはそれに疑問をもっているのだろう。

黒ひげに完全に加担しているとは考えにくいため、黒ひげという巨大な勢力が一度世界を崩すのを狙っているのかもしれない。

Twitterではどのように予想されているだろうか。

まとめ

黒ひげに加担しているのはスパイ説が濃厚そうだ。革命軍か海軍か個人的なのか、もしくはその他の関係なのかはわからないが、「世界政府」に対する目的があるのは間違いなさそうだ。

青キジは今後再び登場するだろう。彼の目的が一体何なのか、早く知りたいものである。

最後に青キジのかっこいいシーンをどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=R-fGvFVMjlc