【さすチョビ】アンチョビとアンツィオ生のノリと勢いだけはシーンまとめ【ガルパン】

個性あふれる後輩たちを引き連れ、総帥アンチョビは今日も突き進みます。十八番(おはこ)のノリと勢いは彼女たちの士気をあげ、迫り来る強敵を迎え撃ちます。彼女たちの活躍に目が離せません。

アンチョビについて

出典:http://animepeace.jp

隊長の3年生。軍人姿の出で立ちでツインテールの髪型に黒いリボンを付け、普段は鞭を携帯している。搭乗車両はP40で車長を務める。愛知県出身ながらスカウトされアンツィオ高校に入学、大洗と同じく衰退していた戦車部を立て直すために尽力している。

出典:https://ja.wikipedia.org

P40

出典:http://ss-bass.oops.jp

アンチョビが搭乗する戦車です。

戦車道について

出典:http://saviour.doorblog.jp

作中世界で、戦車を用いて行なわれている武道。現在ではマイナーな武芸とされているが、かつては華道・茶道と並び称されるほどの伝統的な文化であり、世界中で女子の嗜みとして受け継がれてきた。

出典:https://ja.wikipedia.org

試合形式

出典:http://seiga.nicovideo.jp

試合形式は相手チームの全ての車輌を行動不能にすれば勝利となる「殲滅戦せんめつせん」と、自チームの車輌の中からあらかじめ1輌をフラッグ車として指定し、相手のフラッグ車を先に行動不能とした側が勝者となる「フラッグ戦」の2種類があり、公式戦となる全国大会は戦力差を少しでも縮めるため、全試合とも「フラッグ戦」となっている。

出典:https://ja.wikipedia.org

アンツィオ校生のノリ

「全員気を付け!」アンツィオ戦車道の生徒たちが集合しています。「きっと奴らは言っている。ノリと勢いだけはある。調子の乗ると手ごわい」アンチョビが演説します。「おーっ強いって!」「照れるな~」アンツィオ生は皆まんざらでもない様子。単純です。「でも姉さん。だけってどういう意味っすか~」一人のアンツィオ生の質問に自体は一変。「つまりこういうことだ。ノリと勢い以外何もない。調子がでなけれりゃ総崩れ」アンチョビは答えます。「なんだと~」「なめやがって!」「言わせといていいんすか?」「戦車でカチコミ行きましょう」アンツィオ生は烈火のごとく怒ります。「みんな落ち着いて。実際言われた訳じゃないから」副隊長カルパッチョがなだめます。「そう!わたしの想像だ」胸を張って答えるアンチョビ。「なんだ」「ああびっくりした~」アンツィオ生はすぐに怒りを収め、和やかムードに。感情の波が激しすぎて笑えます。「いいかお前たち。根も葉もない噂にいちいち惑わされるな。私たちはあのマジノ女学園に勝ったんだぞ!」アンチョビは愉悦に浸ります。「おおーっそうだった」アンツィオ生からも同調の声。「苦戦しましたけどね」一人冷静な判断のできるカルパッチョ。「勝ちは勝ちだ!」アンツィオ校の校風を体現している人物、副隊長ペパロニ

「ノリと勢いはなにも悪い意味だけじゃない。このノリと勢いを二回戦に持って行くぞ。次はあの西住流率いる大洗女子だ」自らの演説に酔い始めたアンチョビ。次の対戦校の名前を上げます。

「西住流ってなんかヤバくないっすか!?」「勝てる気しないっす」次々おこる不安の声。

「心配するな。いやちょっとしろ。なんのために三度のおやつを二度にして、コツコツ倹約して貯金をしたと思っている」アンチョビは皆の不安を一掃するため、とっておきの話をし始めます。

「なんででしたっけ?」すでに忘れているアンツィオ生たち。「前に話しただろ!それは秘密兵器を買うためだ!」皆から歓声がわき起こります。

「コホン。秘密兵器と諸君の持っているノリと勢い、そして少しの考える頭があれば、必ず我らは悲願の三回戦出場を果たせるだろう・・・みんな驚け!これが我がアンツィオ校の必殺秘密兵器だーっ!」

アンチョビの見事な決めポーズとともに、正午の鐘が校内に鳴り響きます。

「ごはんごはん!」目の色が変わるアンツィオ生。皆一斉に走りだします。彼女たちの優先順位は戦車よりランチの方が上のようです。「おまえらそれでいいのか!」隊長アンチョビは皆を引きとめようとしますが・・・「今の季節食堂のランチ売り切れ早いんすよーっ!」屈託のない表情でそう答える後輩たちに二の句が継げないアンチョビです。「ハーッ・・・まあ、自分の気持ちに素直な子が多いのがこの学校のいいところなんだけどな~」アンチョビの大変さが伝わりますね。

決戦!アンツィオvs大洗女子

「たのもーっ!」隊長アンチョビが威勢よく登場します。「オーッ!チョビ子」「で、何しに来た安西」空気を読まないことに定評がある大洗女子のツートップ。「アンチョビィ!!試合前の挨拶に決まってるだろう。私はアンツィオのドゥーチェ・アンチョビ!そっちの隊長は!?」「ほおーっあんたがあの西住流か~・・・ふん相手が西住流だろうが、島田流だろうが私たちは負けない。じゃなかった勝つ!今日は正々堂々勝負だ!」威勢がいいアンチョビです。「アーバンティ」試合は開始され、アンチョビの号令一下全車輌が動き出します。「いけいけ!どこまでも進め。勝利を持ち得る者こそがパスタを持ち帰る」ノリノリのアンチョビです。「最高っすよアンチョビ姉さん!てめーらモタモタすんじゃねえぞ。このペパロ二に続け~地獄の果てまで進め~!」副隊長ペパロ二も意気揚々と前進します。「よしこのままマカロニ作戦開始!」隊長アンチョビの指令が伝達され、作戦が決行されます。「OK!マカロニ特盛で行くぜ!」ペパロ二が吠えます。「看板、板だ!偽物だ!」数が合わないことに気づいた隊長みほは、それが欺瞞作戦であることを見破り、確認のため攻撃をさせます。「はははっ今頃あいつら十字路でビビって立ち往生してるぜ。戦いは火力じゃない、おつむの使い方だ」得意げなペパロ二。すでに作戦が失敗していることに気づいていません。「なんでバレてんだ。まあいいや、ビビってんじゃねえ!アンツィオの機動力についてこられるかっつうの!シカトしとけ!」すぐに気持ちを切り替える所はさすがはアンツィオです。「おいマカロニ作戦はどうなってる」アンチョビは状況を確認します。「すみませーんそれどころじゃないんで後にしてもらますか~」パペロ二は作戦失敗を隊長アンチョビに報告します。「ちゃんと置きましたよ全部!」自信満々に答えるパペロ二にアンチョビは絶句。「十一枚全部だと数多いから即バレるだろうが~!」「そっかさすが姉さん。かしこいっすね~!」パペロ二は素直に感心しています。「おまえがアホなだけだ!おい出動だ。敵はそこまで来ている・・・二枚は予備だってあれほど言ったのに~なんで忘れちゃうかな~」切り替え早く動き出すアンチョビ。「全車停止敵フラッグと隊長車発見」偶発的に互いのフラッグ車が遭遇し、戦闘態勢に入ります。次々と大洗女子に撃破されていくアンツィオ校。大洗女子は味方のフラッグ車を囮にして、敵フラッグ車を単独でキルゾーンへと誘いこみます。『フラッグ車P40走行不能。大洗女子学園の勝利!』武運つたなく二回戦敗退が決まるアンツィオ校。「いや~今年こそ勝てると思ったのにな~でもいい勝負だった。決勝まで行けよ我々も全力で応援するから・・・だよなー!」歓声が湧きます。負けて悔いなし、アンチョビは男前です。「試合だけが戦車道ではないぞ!勝負を終えたら試合に関わった選手スタッフを労う、これがアンツィオの流儀だ!」てきぱきとアンツィオ生は食事の支度に取りかかります。

「我が校は食事のためならどんな労も惜しまない。この、この子たちのやる気がもう少し試合にいかせるといいんだけどな~まあ、それはおいおいやるとして。せ~の・・・いただきまーす!!」

アンチョビの号令のもと慰労会が開催されます。

決勝観戦

「よーし我々が一番乗りだーっ!」まだ日が昇らないうちにアンツィオ校会場に到着します。「これで明日の決勝には余裕で間に合いっすね~」相変わらず大雑把なペパロ二。

「でもまだ早すぎませんか?」アンツィオの良識・カルパッチョが疑問を呈しますが、まるで意に返さないアンチョビたち。

「物事進めるには、慎重なぐらいがちょうどいいんだ」「さっすが姉さん!ぬかりねえっす!」ノリと勢いだけで突き進みます。「メガホンと双眼鏡持ってきたー!」「横断幕も用意した」「あたいたち本当に準備いいよなあ」アンツィオ生の能天気さは相変わらずです。「ようし時間もたーっぷりあるし、おまえら宴会だー。湯を沸かせ釜を炊け!」アンチョビの号令にもと準備にとりかかるアンツィオ生たち。大宴会が催されます。『優勝大洗女子学園!』遠くでアナウンスが聞こえます。「しまったー!寝過ごしたーっ!!」最後まで残念なアンツィオ高校です。

ガールズ&パンツァーED 【全員集合版】

Twitterの反応

最後に

出典:http://cohga.net

本編でカットされたアンツィオ戦は最高におもしろいですね。アンチョビと後輩たちの掛け合いも小気味良く、味わいを感じます。続編として彼女たちのグダグダな日常を描いほしいものです。

出典:http://cached.static.festy.jp

サンタクロース姿で悩殺するアンチョビたち。アンツィオ高校の伝統、ノリと勢いが反映したイラストですね。間違いないくガルパンおもしろ部門があれば最優秀賞でしょう!