【平沢憂】出来る妹!可愛い魅力やフィギュアを徹底紹介!【けいおん!】

【平沢 憂】とにかく出来る子!みんなの妹的存在!可愛いフィギュアや画像などを紹介します!【けいおん!】

平沢 憂とは?

桜が丘高校在籍、1年2組→2年1組→3年時不明

2月22日生まれ(魚座)、身長154cm、体重50kg、血液型はO型。

唯の2歳年下の妹(ただし早生まれのため学年は1学年下)。姉の唯がだらけがちなのと対照的に、赤ちゃんや幼稚園児、小学生の面倒見が良く、真面目で礼儀正しい性格。原作第2巻およびA-1.8から桜が丘高校に進学した。

家事に関しても万能で、留守がちな両親に代わって家事をこなすなど、非常に「出来た子」。生真面目で、体調を崩したときに家に来た軽音部のメンバーにお茶を出そうとするほど。ただし、本質的には唯と同様に無邪気で人懐っこい面もあり、和のことも人前ではさん付けで呼んでいるが、それ以外では幼い頃と変わらず「和ちゃん」と呼んでいる。

出典:https://ja.m.wikipedia.org

人学年上の軽音部員とは、唯が家によく連れて来ることもあり仲良くしている。初対面の時から中学生とは思えない礼儀正しい挨拶をし出来た子!と感心されあまりにシッカリしているので憂の方が姉の様に見られ程だった。

平沢 憂の画像を紹介!

憂の初登場は中学3年生の時で、受験生にも関わらず旅行などで不在が多い両親に変わって炊事や洗濯などの家事を一手に引き受けていた。

だらしない所がある姉を朝から起こしたりご飯を作り、まるで妹ではなくお母さんの様な役割を果たしていた。受験生と主婦の様な生活をしていたが頭もよく勉強が出来るので問題なく唯と同じ高校に受かることが出来た。

自分の体調がどんなに悪くても何時も姉のことを優先的に考えているので、起き上がって姉の客人にお茶を用意し振る舞おうとする程。

どんなに元気でも自分のことも妹のこともしない唯が憂に甘やかされているのがよく分かるが、憂も頑張り過ぎてしまう傾向がある。

姉の唯がダメな姉なのではなく、憂が人間として何に関しても出来が良すぎる為に年子の姉は何かと比較されダメに見えてしまうが、お互いの事が大好きでとても仲が良い姉妹

唯が出来ないから仕方なく憂がやってあがげている感覚はなく、唯もそれが当たり前にはなっているが感謝の気持ちは言葉やスキンシップで示している。

平沢 憂のフィギュアを紹介!

けいおん! 平沢 憂 (1/8スケール PVC塗装済完成品)
アルター (2011-11-18)
売り上げランキング: 17,265

朝の身支度の様子が表されていて制服に着替えた後に髪の毛を結ってる仕草が高校生とは言え女性らしい仕草が色っぽい仕上がりとなっている。

憂は殆ど身支度が出来ているのに唯はまだ寝惚けて何も支度が出来ておらず、憂の足元でうなだれているのが平沢家の日常らしくスリッパを履いていて生活感が出ているのも家での一コマを表しているのが分かる。

けいおん! 平沢憂 水着ver. (1/7スケール PVC塗装済み完成品)
アルファマックス (2012-07-07)
売り上げランキング: 56,475

アニメでも好評だった憂の白いビキニの水着姿のフィギュアで、この憂がフィギュア化されることを強く望んでいたファンは多いと思うので待望の立体化となった。

同じ年の あずさは小柄で幼児体型なので並ぶと憂のビキニ姿は大人っぽく見えるが清楚で爽やかな憂にとてもよく似合っている。

軽音部員達は文化祭のライブで可愛い衣装を着たり新入生の部活勧誘で動物の着ぐるみなどを着ていたが、憂は特別に変わった衣装を身に付けることはなかった。この不思議の国のアリスの登場するキャラの衣装を着たパラレルワールドの世界感でも可愛く仕上がっていて憂はシークレットキャラとなっている。

平沢 憂は可愛い

憂が可愛いと言われる要因は、ただ顔などの見た目が可愛いと言うだけではなく物腰の柔らかさや誰に対しても優しい所など、何処をとっても可愛いと思えるパーソナリティの持ち主

姉妹仲が非常によく、クリスマスプレゼントではお互いが欲しかった物を用意し、引き当て喜ぶという微笑ましい光景もまた可愛らしい。

憂には安定している安心感があり、何時でも無条件の可愛い笑顔で迎え入れてくれて憂が側に居てくれるだけで穏やかな気持ちになれ、逆に憂が居ないと何も出来なくなってしまいそう。

放送されたアニメ内では軽音部には所属していなかったが「U&I」と言う唯が歌う曲がまるで憂の事を歌っている様な内容でアルファベット表記で「UI」とも読める。
唯だけでなく、あずさや純も憂の事を友達として人として好いているのが分かる。物語の中でも常識人で勉強や家事など何でもこなし誰に対しても優しいので作品のファンの人からも妹や嫁になって欲しい人多数の全てが可愛い人気キャラクターとなっている。

平沢 憂はギターが弾ける?

唯が高校の部活として軽音部に入部し、弾くことも出来なかったがギターを購入し日々学校や家でも練習に明け暮れていた。

その様子を微笑ましそうに見ながら唯が弾けるようになることを応援していて、一緒にコードなどを覚えていたが憂が家でギターを掻き鳴らす様子などは見られなかった。

唯が風邪を引いて大事な軽音部の練習に憂が変装して代わりにギターを演奏したが、見た目だけでは誰も憂だと言うことに気が付かずポニーテールを下ろしただけで唯と見分けがつかない程ソックリだった。

あまりにもギター演奏が完璧過ぎて、そこに本当に唯の演奏?と違和感を持たれ、さわちゃん先生が唯ではなく憂だと気付き、憂の方が唯より胸が大きいから分かった!とまさかの視点でバレてしまった。この時まで誰も憂が唯以上に完璧にギターを弾きこなせるとは思ってもみなかった。

唯達が高校を卒業し、軽音部員があずさ1人になってしまい純と憂が軽音部に入部して憂はギターを担当することとなったが数日練習しただけで唯より上達し、あまりの飲み込みの速さに周囲を驚かせていた。憂は何でも器用にこなすが、ギターもその内の一つだった。

Twitterの反応

https://youtu.be/JUoUoRJAerE

まとめ

軽音部員や部室での物語が中心となる作品で、放送されたアニメ内では軽音部に所属していないのにも関わらず登場する度に魅力が溢れ出し誰からも愛される可愛いキャラクターとなりました、憂が軽音部でギターを演奏している姿をアニメでも是非見たいですね!