【伏線回収】ワンピース最新826話が怒涛の展開!サンジの姉弟とヴィンスモーク家の正体判明!そして衝撃のラスト!!

【ネタバレ注意】2016年5月23日発売の『週刊少年ジャンプ』連載の「ONE PIECE(ワンピース)」第826話が怒涛の展開です!サンジの姉弟登場に、「ジェルマ66」や「ヴァィンスモーク家」の秘密が判明しました!尾田先生、やっぱり凄いよ!!早速確認してみましょう!

前話までの簡単な振り返り

サンジを奪還するために動くルフィたち。

● サンジが四皇ビックマムの娘と婚約する話が持ち上がる。
● サンジは話をつけるためにビックマムの元へ。
● 世界貴族が一堂に会する「世界会議」が始まろうとしていた。
● ルフィはサンジを奪還するために動き出す。
● サニー号の前に「ジェルマ」の船が姿を現す。

サンジの弟が登場!!

『ジェルマ66(ウインチグリーン) 』
=ヴィンスモーク・ヨンジ

サンジの姉も登場!!

『ジェルマ66(ポイズンピンク) 』
=ヴィンスモーク・レイジュ

『ジェルマ』 と 『ヴィンスモーク家』の正体が判明!

サンジは読者の予想通り王国の王子だった!!



ジェルマ
⇒ 治める土地を所持しない 国土を持たない王国 。 世界会議への参加を認められている

ジェルマ66
⇒ 「ジェルマ」が保有している 科学戦闘部隊

ヴィンスモーク家 
 大昔に「北の海」を武力を以て制圧した王族。ある時代の悪の代名詞。

ラストに衝撃のフラグが!!

いよいよ、ジンベエが再登場する!?

サンジ、やっぱり一国の王子だった!

アラバスタ篇で、自分を「Mr.プリンス」と名乗っていたサンジ。
読者の予想通り、一国の王子でしたね!
他にもいくつかありますが、以前からネットの考察では挙がっていましたが、第124話の扉絵から。
サンジのカバンに貼られた

1830
⇒ フランス最後の王位継承者の暗示(サンジのモチーフはフランス)
secret (秘密)

こういう遊び心ある伏線って、ワクワクするのと同時に感動しますよね。
尾田先生ってやっぱり凄いと思います。

今、最高に 『ワンピース』 が熱い!!

物語世界の設定に関わる話が進行中で、大変胸が熱い展開のワンピース!
ラストには、ジンベエの再登場フラグまで立って、次週が気になります。

現在の段階だと、ヴィンスモーク家の一族は『ジェルマ66』に所属しているようですが、果たして何人いるのか?
此方も様々な考察がなされているので、非常に気になりますね。
ヨンジ = 「ウインチ・グリーン」
⇒ ウインチ=動力? 海面を浮いていた

レイジュ = 「ポイズン・ピンク」
⇒ あらゆる毒を操作できる。→ 能力者?

上のように、『ジェルマ66』 の構成員は、特徴に沿った称号と色が割り振られているみたいですね。
という事は、本来はサンジにも何か割り振られていたのでしょうか? 気になりますね。