沸点低すぎ!名探偵コナン犯人の理不尽すぎる殺害理由ランキングTOP10

『名探偵コナン』といえば推理漫画と言うことで犯人が絶対必要になります。しかし、あまりにも沸点が低い犯人が多すぎる!?そんなんで人殺すなとツッコんでしまう殺害理由をランキングにしてみました。

10位

人間的にもグズ

出典:https://www.google.co.jp

映画『沈黙の15分』の犯人は動機がどうという前に人間的にグズすぎます。盗んだ宝石の為に地下鉄爆破ダム爆破という自分勝手さ。しかも、宝石を盗んだのもギャンブルにハマって借金を作ったためで、まずそこからおかしいんですよね。

宝石を盗んで最初から最後まで自分のことしか考えずにすごい大それたことをするのが恐ろしすぎます。まあ、お金が絡むと人間はおかしくなるという面ではわかりやすい理由なんでしょうか?

9位

自分の美学に反する!

出典:https://www.google.co.jp

映画版の犯人って結構犯行理由がひどいのが多いんです。まず第一作から犯人の犯罪理由がぶっとんでます。映画『時計じかけの摩天楼』の犯人は「自分の美学に反する建築物を破壊したかったから」といって爆破。古典建築のシンメトリーが好きすぎてもう病的な感じになっていたのでしょうね。

8位

「^^;」なんてつけて馬鹿にした!

出典:https://www.google.co.jp

「奇術愛好家殺人事件」では、チャット心無い言葉顔文字を書き込んでしまって殺害されてしまいます。たしかに馬鹿にされて腹が立つ気持ちはわかります。被害者たちも不謹慎だと非難を浴びていました。ですが、これで殺していたら今のネット社会ではたくさんの人が殺害されてしまいます。

7位

shine=しねと勘違い

出典:https://www.google.co.jp

直接的な犯行理由ではないんですが、間接的にこれはひどいというものは「鳥取クモ屋敷の怪」。「君は光のような人」という意味で「shine」って書いたのに、彼女が「シャイン」じゃなくて「死ね」って読んでしまったことで自殺したそうです。好きな人に死ねといわれたかも!?と思ったら確かに傷つきます。

ですが、自殺するほどか?と思ってしまいますよね。犯人もまさか自分のせいで自殺するなんて夢にも思わないでしょう。それにしても殺された人物は彼の思い込みで殺されたわけで…。

6位

人の話はきちんと聞きましょう

出典:https://www.google.co.jp

「殺人犯 工藤新一」は人の話を聞くことの大事さがわかる事件ですね。簡単にいうと家族が死んだ原因を新一に無理心中だと推理されたと思い込んだ犯人が復讐に走ったというもの。

新一「これは無理心中ですね」
犯人「マジか…うそだろ」
警察「というもの深い理由があって~」
犯人「(上の空)」

それから1年ほどたって
犯人「無理心中じゃなかった、テキトーな推理しやがって」
新一「だから深い理由がある」
犯人「さきにいえよ」
警官「言ってました」

といったコントのようなやりとりが行われます。この犯人なんと復讐のために新一に整形までしているんです。逆恨みにもほどがあるというか、まさかきちんと聞いていないとは思わないわけで。人の話はきちんと聞かないと取り返しがつかないことになるんですね。

5位

元カレの髪形は今も私好みじゃないとだめ!

出典:https://www.google.co.jp

「弁護士妃英理の証言」では、別れたにも関わらず元カレの髪形を別の女の趣味に合わせることが嫌だったからという理由で人を殺してします。まだ未練があったようですし、そんな彼女に髪を切ってもらう彼もどうかと思いますが。

しかし、彼が新たに彼女ができたんなら髪型を彼女に合わせるのはおかしいことではありません。女の嫉妬は怖いですね。

4位

ハンガーを投げつけられたから

消えた凶器捜索事件」にて。これはもう伝説になっている殺害理由ですね。目暮警部が「そんなことで人を殺したんですか!?」とツッコむのも当たり前です。

ですが、注意してほしいのが、本当にただハンガーを投げつけられただけではなく、それまでの恨みがハンガーをきかっけに爆発したというお話です。それでもハンガーって…と思ってしまうのは仕方ないですね。

3位

名人を倒せるゲームに待った付けるんじゃねえ!

出典:https://www.google.co.jp

「残された声なき証言」の殺害理由は、自分の作った将棋ゲームに「待った」機能をつけることを提案されたからという理由でした。将棋仲間ゲームクリエイターが昔、被害者と加害者の夢であったいずれは「名人を倒せる将棋ゲーム」を製作しようと語りあいました。

そこでの提案でまさか殺されてしまうとは思いもしないでしょう。提案もできないなんて…。といってもこの被害者は本当に良かれと思っての提案ではないようですし、加害者の感じた「あのころの夢を捨てた」と感じたのは本当なんでしょう。

しかし、夢を捨てたと思っていても殺すほどか?と思いますよね。

2位

俺は義経になりたかったんやぁぁぁ!

出典:https://www.google.co.jp

映画『迷宮の十字路』にて、犯人は源義経マニアで、あだ名は「義経」では無く「弁慶」にされてしまいました。そこでピキっときた犯人。さらに、義経流の剣道場を作りたいがために、

盗賊団「源氏蛍」の仲間を殺害して金を独り占め。

ラストシーンで「俺は義経になりたかったんやぁぁぁ!」と言っていましたが、そんなこと言われてもとしか言いようがないですね。狂信者的な感じになっていたのでしょうか?

1位

オタク同士の喧嘩

出典:https://www.google.co.jp

「ホームズフリーク殺人事件」の殺害理由は被害者のホームズマニアがホームズを出し抜いたキャラ(アイリーン)を中心にした本を出版します。その本が「アイリーンの嘲笑」というタイトル。加害者のホームズマニアはそのキャラがホームズを嘲笑するワケがない!という 見解の違いで殺害します。

意見をぶつけ合うこともできないなんて…恐ろしいですね。オタクの熱情はわかりますが、自分と考えが違う、殺す!となるのは短絡的すぎでは?いろいろな考えがあってもいいですよね。

ツイッターの反応

おわりに

コナンのひどすぎる犯人の動機についてまとめてみましたが、どうでしたか?

あまり犯人に同情しないようにしているのか、たくさんの事件が起こりすぎてきちんとした動機を考え付かないのかコナンの犯人の動機はひどいのが多いですよね。それで人殺すなとツッコんでしまうことも多くなってきましたし。特に映画版は派手な事件を起こすわりに動機がひどすぎます。

といっても、私たちが下らないと思っても犯人にとっては許せないことなのかもしれません。まだまだひどすぎる動機がありますので、よろしければコナンを見返してみてくださいね。https://youtu.be/r1mvd2yc81s最後に犯人が自白するときのBGMをどうぞ