【棚町薫】プジョルにそっくり?へそキスに悶絶する紳士が続出!【アマガミ】

アマガミの悪友(女)兼ヒロイン担当!自由奔放・暴力上等。中学からの腐れ縁だった女友達といまさらいきなりアヤしい関係に...!「プジョル」とか「やきそば」とか言われつつも人気を集める薫の魅力とは...!?

棚町薫とは

『気ままでさばさばした悪友』

出典:http://dic.pixiv.net

2009年にエンターブレインから発売された恋愛シュミレーションゲーム、『アマガミ』の登場人物、棚町薫 (CV:佐藤利奈)。

自由奔放!暴力上等!な中学時代からの腐れ縁キャラ、棚町薫。

ときメモなら早乙女、ダ・カーポなら杉並、アマガミなら梅原だったりとギャルゲーには大抵一人はいる悪友キャラだが、それなら悪友を女にしてみて、なんならヒロインにしてみちゃえばいいんじゃねってキャラが薫なのだ。

そういや、やんちゃな幼馴染とかグレたヤンキー女子ならいたけど、純粋な悪友ってなかなかいなかったよなぁ…。さすがアマガミ、変態向け。

一部では、「プジョル」とか「ふえるワカメちゃん」とか様々な愛称(蔑称)で呼ばれていたりする。というか、公式ですら「やきそばもじゃ子君」とか「輝日東の核弾頭」とか呼んでいる始末(公式が病気)。

しかし、そうやってネタばっか覚えていっていても、いざプレイしてみると、「なんだこの友達を乗り越える時のスリルは..!!」とか「なんだこの安心感とかわいさを兼ね備えたヒロインは..!!」とか、意外とハマっていく紳士たちも多い。

ツンデレでもクーデレでもない、今までにないタイプのヒロインなのだ。ゆえに、目覚めてハマってしまった人は逃れられない!見た目だけで薫ルートを避けている人は必見だ!

クラス\t2-A

所属\tなし

誕生日\t8月1日

星座\t獅子座

年齢\t17歳

血液型\tB型

好きな事\t明るい雰囲気・恋愛の話・悪ノリ・甘い物・炭酸飲料・掃除洗濯・新発売や季節限定など目新しいもの

苦手な事\t暗い雰囲気・退屈・ノリの悪い人・カエル・中学時代のあだ名・試験やテストなど試されること・あやふやな物言い・勉強

家族\t母

通学手段\t徒歩

主人公の呼び方\t純一・あんた

CV\t佐藤利奈

出典:http://dic.pixiv.net

以下は基本プロフィール。

美也のお株を奪う、耳あまがみ

上の画像は薫の「耳あまがみ」。薫ルートの最序盤にいきなりぶち込まれるおなじみのシーンだ。もちろん、この時点ではまだ恋人関係にはないので、友達同士のスキンシップとして耳を噛んでいるわけだ。

クラスでも1人はやたらと変なとこ触ってくる奴同性の友達とかいなかっただろうか。多分そんな感じだ。..まあそれでも、「男友達でもそんなことしねえよ!」とか「実際にそんなことしたらゲイ認定されるわ..」とかツッコミたいことは山ほどあるんだが!!

..それは置いておいて、この時点では薫にも主人公にも恋愛感情は一切ない。薫は純粋に反応を楽しむためにからかっただけだ。でも、後ろから脇をくぐって肩をつかんで、背中に密着してるんだぜこれ!友達とはいえかよ主人公…。

「健気小町と呼んでもよろしくてよ」



「ええ、健気小町と呼んでもよろしくてよ」

薫はこういう茶化した冗談がすごく面白い。ちなみにアニメを見ていたり、2週目だったりすると、「お前プロレス技めちゃくちゃうまいだろ!」とか「男子生徒にマジギレして殴りかかってただろ!」とか言ってしまうシーンでもある。

いやでも実際、薫はすごく健気なのだが!…まあ、ここで伝えたい事は、そうではなく、上の画像にもあるように薫は梅原とも相当仲の良い友達なのだ。いやぁ、三角三角。

作中では梅原が薫に行為を抱いている描写はない。しかし、今まで仲良くつるんできてた友達がいきなりくっついてしまうのを知る梅原の気持ちを想像してみると、不憫すぎて死にたくなる……..。

「女友達」って下手をすると振られる異常に癒えない傷をもらいかねない危ない関係だよなぁ…。

パステル系のピンク・・・

薫の親友、田中さんが思いを寄せる男に良いように遊ばれており、それを聞いて薫が激昂している場面。本気で苛立っていた薫が「一発かましてやるんだから!」と腕を振り回していたところ、薫に用事があって近づいた主人公にクリティカルヒットしてしまったのだ。

KOされて地面にノビている主人公。それを薫が上から気遣って様子を見ているシーンのイベントCGが↓。
何かを目にした主人公が口にした言葉が「パ……」。「パンツ」でも「パンチラ」でも「パンチ」でもなく「パステル系の……ピンク」であった。

そして、もういっかいKO、気絶、保健室送りとなった。(いや救急車だろ…)。

度胸試しで「ヘソにキス」

やはり悪友というからには、「どっちが限界まで酒を飲めるか」とか「女子の着替えを覗く」とか「先に寝たほうが負け」的な無意味な度胸試しをやるものだ。

不毛に思うかもしれないがこの「度胸試し」は、やり遂げればヒーロー、挑戦すれば失敗しても勇者、しかし逃げれば負け犬のクソチキンとなって七十五日はイジられ続ける…。その明暗を分ける重要な闘いなのだ!(ちなみにずる賢い奴は常にやらせる側に回る!

そして、薫にうまくノセられて主人公は「男を見せてやる!」という運びとなり、そのときに選択肢が現れるのだが、それが…↓
ロクな選択肢がない…。一応「ヘソにキス」が異彩を放ってはいるものの、他の選択肢も十分ネジが飛んでいる。ちなみに、ここでヘソ以外を選ぶと「紳士失格だな…」とかやたらと主人公が落ち込んでミスになる。変態紳士も辛いんだな…。

そして、薫も引くに引けなくなって二人で人気の少ない図書館の本棚の影へ。そんなこんなで変態プレイにいたるわけだが、いやぁバカすぎる。自分でワイシャツをまくり上げる薫とか、その前にひざまずいて頭突っ込む主人公とか本当にバカすぎる。

そして、薫も引くに引けなくなって二人で人気の少ない図書館の本棚の影へ。そんなこんなで変態プレイにいたるわけだが、いやぁバカすぎる。自分でワイシャツをまくり上げる薫とか、その前にひざまずいて頭突っ込む主人公とか本当にバカすぎる。

あとヘソをなめられるのはくすぐったいらしい。このシーンはアニメにももちろんあるので絶対に見るべし。

バイト先のウェイトレス姿が可愛い

薫のバイト先はファミレス。ウェイトレスをやっていて、そのウェイトレス姿が可愛いのだ。

いつもふざけあっている友達が一変して真面目な態度と口調で働いているのは笑えてしまうものだ。そんなつもりでひやかしのつもりで言ってみると、存外に可愛い薫が…。知り合いとかじゃなくてもこれは通ってしまう、間違いない。というか、今日び、こんなかわいい制服のファミレスなんてなかなかない。メイド喫茶みたいに「ご主人様」とか言ってくれなくてもいいから制服だけ可愛くしてくれ!って人多いと思うんだけどなあ…。

ちなみに、3枚目の画像は保健室でこの制服を着た「保健室でウェイトレスごっこ!」なるプレイのシーン。斬新である。シュルレアリスム宣言。

いろんな薫の画像集

これからは、ツイッターや動画のコメントで「もしかして薫なんじゃないか?」と思われている画像を紹介!。…悪ふざけしすぎないようにしたい。

プジョル

薫っぽいが、カルレス・プジョルというスペインの有名なサッカー選手らしい。…が、薫の動画のコメントで「プジョル」を見なかった時がない。というか、「カルレス・プジョル」でググった時の二番目の検索候補が「棚町薫」である。どういうこっちゃ。

彼はすでに引退してしまったようだが、今はダビド・シルバというブラジルのサッカー選手が第二のプジョル=薫として浮上しているようだ。

モンジャラ

モンジャラというポケモンらしいが、これも薫らしい。「モンジャラのこと棚町薫って言うのやめてやれよ!」というスレやイラストが投稿されていたりもする。モンジャラはくさタイプらしいが、薫はたぶんかくとうタイプも持っているのでそう考えると…ガッサか!!!絶許。

ポケモンの擬人化のイラストが流行っている時に、「モジャンボの擬人化」と言って薫をそのまま貼った猛者もいた。絶許。

やきそば


もはや生物ですらなくなってしまったが、どうやらこれも薫らしい。茶髪に染めた時がやきそばだから、今の薫はイカスミパスタだ!!と断固主張する薫ファン(麺類ファン?)もいる。

クリボー

この無害そうな毛玉も薫らしい、もはやモンスターである。しかしこれはどうも怪しい。この「クリボー」は攻撃力が300なのだが、薫はもっとあるはずなので、せめて攻撃力1000のクリッターの可能性が高い。

正真正銘、棚町薫の画像集

ビリヤード。引っ張る。ヒーローショーのお姉さんバイト。夫婦漫才(本物)。水着。風呂。だが、手前の足は男だ。いい笑顔。ひざまくら。正拳突き!男装!泣けるシーン。良いアングル。メイド!!!

まとめ


最後は、薫のキャラソン、「きっと明日は…」。作中では凄みを利かせた佐藤利奈の声だが、歌の中では薫るっぽさを残しつつかなり綺麗な声で歌っているのでおすすめだ!