【テニミュ レビュー】2nd立海も王者感がすごい!その魅力は一体何!?

圧倒的人気を誇る立海大付属中!ミュージカルテニスの王子様においてもその人気は変わらない!1stの立海がすごすぎて忘れられない…!そんな人にもぜひおすすめしたい新たな立海をご覧あれ!!

学校紹介

出典:http://www.animate-onlineshop.jp

名称:立海大付属中学校

所在地:神奈川県

関東決勝にて立ち塞がるは無敗の王者!

2年連続全国制覇してる立海大付属。3連覇を狙う彼らはレギュラー全員が手塚並の強さを誇る。真田弦一郎の厳しい規則の元日々練習に励む。しかしノリが悪いわけでは無くむしろレギュラー唯一の2年生である切原赤也や丸井ブン太、仁王雅治にジャッカル桑原など男子中学生らしく悪ノリすることもあり王者とのギャップに落ちる事は確実。原作においても大変な人気校これが王者

立海キャスト

真田弦一郎:小笠原健

出典:http://sp.tennimu.jp

1986年7月16日生まれ

愛知県出身

主な作品:『舞台「BASARA 第2章」』『逆転裁判』『舞台「増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和」』


立海のパパパパだけどカメラ大好き。自らカメラの前に現れ面白さを追求し続ける。立海メンバー最年少のあとむとはじゃれ合っているところをファンから親子のようだと言われるほど。バックステージでは段ボールにハマっている姿などお茶目な一面を見ることが出来る。

幸村精市:神永圭佑

出典:http://sp.tennimu.jp

1994年8月12日生まれ

茨城県出身

主な作品:『あんさんぶるスターズ』『学校のカイダン』『ミュージカル「Dance with Devils」』


ハトが苦手な立海部長
。関東大会の時点では幸村は入院しており試合がなかったがダンスシーンにおいてもそのジャージが落ちる事は無く若いながらも存在感のある幸村を演じきった。顔に年齢が追い付いていないとよく言われる大人っぽいってこと

柳蓮二:水石亜飛夢

出典:http://sp.tennimu.jp

1996年1月1日生まれ

神奈川県出身

主な作品:『星の王子さま』『終わりのセラフ The Musical』『二十歳の暗殺者』


まるでバブのような可愛い顔を持つ。テニミュが初にも関わらずめきめきと演技力、歌唱力を成長させていきファンを驚かせた。立海メンバーを(あだ名)+さんと呼びその可愛さに人が死んだ。

あとむ「神っちさん」

柳生比呂士:味方良介

出典:http://sp.tennimu.jp

1992年10月25日生まれ

東京都出身

主な作品:『ミュージカル「薄桜鬼」』『ちっちゃな英雄』『残酷歌劇「ライチ☆光クラブ」』


歴代柳生の芸を継ぐもの
。受け継がれしその魂は私たちに笑いを与えてくれる。その声はいわゆる”ええ声”でありとある楽曲の「越前リョーマ」と歌う部分ではかなりの存在感を放ちむしろみかてぃの声しか耳に入ってこないという事態に。越前に何の恨みがあったんだ

仁王雅治:久保田秀敏

出典:http://sp.tennimu.jp

1987年1月12日生まれ

福岡県出身

主な作品:『心霊探偵八雲』『わたしのホストちゃん』『九条丸家の殺人事件』


とんでもないイケメン
。仁王雅治イケメンすぎてびっくりした人も数知れない。いや、みんなイケメンだがこの仁王雅治は怖い。造形美すぎて怖い。ある時はテレビの企画で女装姿を披露したりとその美の暴力は留まることを知らない。

丸井ブン太:安川純平

出典:http://www.tennimu.com

1992年11月11日生まれ

東京都出身

主な作品:『少年ハリウッド』『ママと僕たち』『ミュージカル「Dance with Devils」』


童顔。丸井ブン太という童顔イケメン俳優登竜門(???)をくぐったその一人。丸井ブン太役に合うそのお顔。完璧なルックスを持ちながらも役を極めるためにガムを噛み続け周囲から虫歯にならないようにと歯医者を紹介されるほどブン太になりきってくれた努力家。

ジャッカル桑原:塩田康平

出典:http://sp.tennimu.jp

1990年3月31日生まれ

香川県出身

主な作品:『プレゼント5』『ハイキュー!!』『ロックミュージカルBLEACH』


坊主でもイケメン。髪の毛が生えているとまるで別人のイケメン。ハイキューを経てBLEACHに出演するがここまで驚きの坊主キャラをこなしており2.5次元舞台における坊主キャラに欠かせない存在となっている。

切原赤也:原嶋元久

出典:http://www.tennimu.com

1993年1月1日生まれ

東京都出身

主な作品:『星の王子さま』『學蘭歌劇「帝一の國」』『不機嫌なモノノケ庵』


演技への熱意が強く、全国大会では毎回ふらふらになるまで本気で試合に取り組み酸欠にもなっていたという。そんな彼の切原は気持ちが痛いほど伝わってくる。頑張れと言いたくなる切原。

VS立海

出典:http://www.theaterguide.co.jp

あの不動峰を完膚なきまでに倒した前年度王者立海大付属と青学がついに激突!原作でも人気のある立海大付属のキャストはどうなるのか?!公演は前半後半に別れるのか?!ファンからの期待もより高い、それが立海戦!

あらすじ

関東大会決勝へコマを進めたリョーマ達青学。決勝へ向けて練習を進める中でリョーマは重りをつけた状態で走ってラケットの張替えに向かうことに。その途中で立海大付属の切原赤也、丸井ブン太、ジャッカル桑原と出会う。野良試合を取り付け切原の慈悲のない攻撃にボロボロになったリョーマは記憶がないながらも切原に勝利する。

切原に勝ったか負けたかの記憶もないままリョーマは決勝を迎える。果たして手塚不在の青学は王者立海大付属に勝つことが出来るのか……?!

日替わり

「真田!トロフィー!」

出典:http://enterminal.jp

「真田!トロフィーもらっとこうぜ!」から始まる立海メンバーによる日替わりネタ。おがけん演じる真田はネタには参加しないため心が楽だったそうだが他の立海メンバーは日替わりネタに並々ならぬプレッシャーとストレスを感じていたとか……?


なおこの日替わり、期待を裏切らない柳生が見れる。

歴代柳生役は笑いの神様にでも呪われてるの???最高にとち狂うほど面白い。中の人のテンションと性格ももちろんある中そんな人が紳士な柳生役とかやっちゃうもんだからもう面白さしかない。

「真田くん!真田くん!」

「真田ぁ!真田ぁ!ちょ待てよ!」

「ビデオ再生しよう」

出典:http://ameblo.jp

六角の日替わりネタ。六角の低クオリティ(わざと)な立海の物まねから始まる日替わりネタ。基本的に可愛らしく優しく葵君が突っ込んでくれるが、時たまかなり華麗にダビデのダジャレをスルーすることがある。

ダビデ「強引にゴーイングマイウェイ」

葵「・・・いっちゃん、早く」

「俺、こういうの嫌いじゃないかも!」

出典:http://ameblo.jp

木更津渾身の見せ場。

試合がない木更津亮によるボケ。

木更津「俺、次試合あるかなぁ」

ダビデ「(無視)」

木更津「俺、次試合あるかなぁ?」

青学「(無視)」

木更津「…俺、こういうの嫌いじゃないかも!」

負けることの許されないおすすめシーン

「待ってよ、ラケット持っていかないでよ」

出典:http://enterminal.jp

ダブルスの試合中にボールが直撃し倒れる菊丸。ラケットも持っていかれそうになり、このまま棄権か・・・?という流れの中菊丸の意識の中で必死に起き上がろうとするこのシーン。大石とのこれまでを思い出したりとかなり涙を誘う。かつ大千秋楽での菊丸ゆうたが本当に応援したくなる雰囲気を醸し出しており、大石との思い出もリアルの現実と一致してしまいヲタクが嗚咽をあげた。

「まだまだ!!!!!!」

出典:http://news.ameba.jp

越前リョーマと真田弦一郎の試合。この関東立海戦においての大一番。圧倒的な力を誇る真田弦一郎に食らいつく越前リョーマの気迫は見るものに鳥肌を与えた。

「次はチャレンジャーとして挑む!」

出典:http://ure.pia.co.jp

青学に負けた後の立海が決意新たに円陣を組む際に真田が言う掛け声。王者としての、前回覇者としてのプライドが崩された状況でのこの決意にお姉さんは涙が止まらなかった。君たち、よく頑張ったよ……。と言いたい好きなだけ焼肉おごってあげたい

青学卒業挨拶

出典:http://enterminal.jp

大千秋楽のみの挨拶であったがこれはぜひ見ていただきたい。越前リョーマ役小越勇輝だけを残し卒業していく青学メンバーの挨拶は涙なしには見ることは出来ない。

私はライブビューイングの映画館で死ぬほど泣いた。その後池袋の街を歩いてて涙も鼻水もすごくてティッシュ欲しかったのにティッシュ配りの兄ちゃんは私に近寄らなかったなんでだよ人生で一番ティッシュ欲しかったのに

おすすめ楽曲

苦労をかける

出典:http://www.oricon.co.jp

幸村から真田へ、真田から幸村へ、絆の深さを感じる1曲。メロディが純粋に良く、二人のハモリも鳥肌モノであり名曲。これだから!!!信頼という絆で結ばれている幼馴染みは!!!!!!と叫びたくなる。立海はライバル校だなんてことを忘れさせる。感情移入が止まらない。

非常なテニス

出典:http://www.tennimu.com

も〜っ!やだ〜っ!立海大付属かっこいい〜!!!!!!って曲。(雑)

各メンバーが決めゼリフ言ってくれるのが個人的に最高に好きなのでこの曲は外せないなって私は思います。

「どう、天才的?」

私「ンンンンン丸井くんは天才だよ〜〜〜〜〜〜!!!!!!;;;;;;;;;;;;;;;」と心の中でC&Rしてる

Most be strong

出典:http://ure.pia.co.jp

強くなりたい人向けテニミュ楽曲

Thank you goodbye Today

出典:http://ure.pia.co.jp

青学6代目卒業ソング。各地方ですでに泣いてしまった青学メンバーもいるほどこの曲は卒業していく青学6代目のための曲であり、ファンとしては「おいおいおいやっちまったなぁこれは泣くしかないじゃないか。」と思わず言いたくなるほどである。名曲。seasonかよ!!!!!!


なおこの曲はおごたんが青学6代目7代目の全公演合わせて唯一涙で歌が歌えなくなった曲であり伝説の一曲となっている。大千秋楽、リョーマパートの「俺は先に行くよ みんなはそれぞれの道を〜」で涙が溢れてしまい詰まってしまったその瞬間のヲタク達の「〜〜〜〜〜〜〜っ!!!!!!」という声にならない叫び(私も出た)は一生忘れない

ありえんかっこいい負けることの許されない王者

どうでしたか?!

わたくしシロは丸井くん及び立海大付属が大好きなのでつい贔屓目が入ってしまいますがその分いつも原作通りかなとか厳しい目で立海を見てしまいますが2ndも1stに負けず劣らずの立海っぷり!!!やはり凱旋で帰ってきた時の成長具合には毎度驚かされます!

今までの各校を見る限り3rdも期待できそうで、今から楽しみですね!