超エキサイティング!コナンの超次元サッカーランキングTOP10【名探偵コナン】

コナンといえばあのサッカーとは思えないほどのキック力。コナンの足から放たれたボールに一体どれほどの犯人が散っていったのでしょうか。そんなコナンのありえない超次元サッカーをランキング化しました!

10位

オーバーヘッドでキックし、柵を破壊

出典:http://livedoor.blogimg.jp

アニメでキック力増強シューズが初めて登場したのは第7話『月いちプレゼント』にて。そこでコナンはオーバーヘッドでボールを蹴り、柵を破壊しています。鉄の柵ってそんな簡単に壊れませんよね?恐ろしすぎです。コナンは何年も前から超次元サッカーぶりを発揮しています。

9位

キッドを殺す気か?柱を折るコナン

出典:https://encrypted-tbn3.gstatic.com

キッドvs京極真では、京極真の人間離れしたすご技が目立ちましたが、コナンの超次元サッカーも見ることができます。園子に変装したキッドですが、すぐにその変装がバレます。そこでコナンはキッドに向かってサッカーで攻撃を仕掛けます。

その攻撃をかわすキッドですが、避けたボールは太い柱にあたり粉々にします。どれだけ威力があるんでしょう。こんなのあたったらただではすみませんよ!そのうえコナンはキッドに向かって「ちっ、かわしやがった」と舌打ち。キッドに当てる気マンマンだったわけです。いつかコナンが人を殺すのでは……。

8位 

火の着いた松明を蹴って敵に当てる

出典:https://i.ytimg.com

映画『迷宮の十字路』で、コナンはすらも恐れないことが発覚。火のついた松明を普通に蹴って相手に当てます。火のついていないところを蹴っているのですが、火のところを蹴ったら自分に燃え移って大惨事です。危なすぎますよね。

そしてなんといっても突っ込みどころは警察に騒ぎを知らせようした際に、コナンは火事を起こすことを考えつきます。その際なぜか松明を蹴るのではなく、手で松明を拾い上げて投げ捨てているんです。さっきまで蹴っていたのに、なぜを使ったのでしょうか。蹴ったほうが速くない?

7位

弓矢を足場に空中に駆け上がりシュート

出典:http://pic.prepics-cdn.com

コナンと言えばキック力増強シューズで犯人にボールをぶつけるのが、定番ですよね。キック力は博士の道具で増強されているのですが、コナンはなんとキックのコントロールも正確!犯人の凶器を正確に弾き飛ばします。銃や刃物、爆弾のスイッチを手から弾き飛ばすコナン。

派手さはありませんが、普通にすごいですよね。映画『迷宮の十字路』では、なぜか弓矢を使ってくる敵が登場。弓矢が刺さったのを利用して空中に駆け上がり、犯人の刀を弾き飛ばします。

6位

反射を利用して正確にボールを目標に飛ばす

出典:http://blog-imgs-36.fc2.com

FILE730「日記の秘密」にて見せたコナンのすご技!ドアの向こうで犯人が自殺しようとしており、どうにかドアをぶち開けたいですが廊下が狭く、助走をとることができません。

そんなとき、コナンはなんとシャーペンで廊下にバツ印を付けておいて、そのバツ印に正確に跳ね返るようにキックするのです。数学?物理学?とにかくサッカー以外もチートなコナン。

力加減もコントロールも必要ですからコナンが器用すぎて恐ろしいです。

5位

可燃性ガスの溜まった海底洞窟をシュートで爆破

出典:https://i.ytimg.com

映画『紺碧の棺』にてコナンは可燃性ガスの溜まった海底洞窟を脱出するために、シュートで爆破します。とうとうコナンの超次元サッカーは爆破も引き起こすように。正直常人なら死んでしまうのではと思うのですが、さすがコナン。なんてことないぜ!

4位

ビルから落下してくる人をサッカーボールで吹っ飛ばす

出典:https://pbs.twimg.com

第798話「動く標的」 にてコナンはビルからおちてきた酔っ払いをサッカーボールでふっ飛ばしています。下にいる人が危ないと言っても、これはひどい。確かに上から人が落ちてきたら下敷きになった人は大怪我を負います。

しかし、上の人がなんでこれで生きているのかわかりません。絶対ボールが当たった時に骨が折れているはずでしょう。傍らのゴミ置き場に突っ込んだから助かったらしいのですが、コナンのサッカーボールが当たった衝撃はどこに?

3位

障害物で見えないゴールポストにシュートを決める

出典:http://blogs.c.yimg.jp

映画『11人目のストライカー』は、サッカーが題材の映画ですから、コナンの超次元サッカーの本領発揮!コナンはこの映画で普通にプロの選手とやり取りをしたりとサッカーが上手いことがわかります。そして作品の最後にコナンは瓦礫で見えないゴールポストにカーブを描くようにシュートを決めました。

2位

空中に駆け上がり、パラボラを使ってダブルシュート

出典:http://pbs.twimg.com

映画『絶海の探偵』ではスパイを捕まえる際、あまりの超次元サッカーぶりに笑ってしまいました。一度蹴ったサッカーボールを反射させ、空中に駆け上がり、更に蹴りあげる。そしてパラボラを使ってさらに反射を利用してスパイにシュート!そのときスパイはすごい勢いで跳ね上がりました。よく生きてたな…。

威力もですが、反射を利用しまくって目標がどこでも正確に捉えるのがすごいところ。もうコナンはどこでもシュートを決めれるでしょうね。一瞬でどうすればあそこまでボールが届くのか考えつくのもすごい。

1位

テロリストの狙撃をサッカーボールのシュートで阻止

出典:http://blogs.c.yimg.jp

映画『異次元の狙撃手』では、とにかくコナンが人間をやめてます。サッカー以外でもスケボーで飛ぶ飛ぶ。最後のクライマックスではサスペンダーでジャンプ力を上げ、スケボーで飛び上がり、花火ボールをオーバーヘッドシュートで蹴り上げます。

そのシュートはまるでレーザービームのように綺麗にまっすぐ飛んでいきました。そして蹴りあげた花火も綺麗に打ち上がり、派手さマックスの超次元サッカーに感動を覚えました。

ツイッターの反応

おわりに

https://youtu.be/roB7WXpk390キック力増強シューズを使ったことをごまかそうとしているコナン。この時はごまかしていたのに、今では当たり前のように使っていますよね。コナンのありえない超次元サッカーについてまとめてみましたが、どうでしたか?

とくに映画でのコナンは年々人間離れしており、目を疑うような超次元サッカーを見せてくれます。これからもコナンはいろいろな超次元サッカーを見せてくれるでしょう。楽しみですね。