【テニミュ レビュー】2ndラストを飾る全国立海!伝説の試合を見逃すな!

2ndラストを飾る全国立海戦!実際に原作内でも試合が行われた日に公演が行われるということでより一層ファンの期待も高まった公演。立海キャストもそのままに行われるということで始まる前から熱量が高かった作品。

VS全国立海

出典:http://ameblo.jp

ありとあらゆる人が待ち望んだ全国決勝戦。キャスト変更がないまま行われるということで関東立海を見たファンも期待を胸に帰ってきた立海を期待する声も続出!そして不動峰戦からずっと越前リョーマとして戦い続けたおごたんの最後の雄姿!ということでいったいどんな試合になるのか、始まる前から熱気が高かった一戦。

あらすじ

出典:http://eiga.com

ついに迎える全国大会決勝。しかしその試合前に南次郎に連れられて軽井沢に来たリョーマは不測の事態に巻き込まれ記憶喪失になってしまう・・・!リョーマ不在の中試合が始まり、途中から会場に来たリョーマの記憶は戻らないまま・・・。果たしてそんな状況の中で幸村を有する立海大付属に勝ち、優勝することができるのか!

キャスト紹介

跡部景吾役:小沼将太

出典:http://sp.tennimu.jp

1989年8月9日生まれ

茨城県出身

主な作品:『舞台「黒子のバスケ」』『音楽劇「金色のコルダBlue♪」』『舞台 戦国無双』


全国立海で、つねくんの跡部に代わり新しく入ってきたnew跡部。原作でも人気が高く、かつつねくんの跡部からの変更ということで心無い言葉や感想がもしかしたら彼本人の耳にも入っていたかもしれない。そんな状況の中公演がスタートしてからも一人自主練したり、ライバルズに支えられ全公演を走りぬき、最後には誰も文句が言えないほどの跡部景吾を演じきったおぬまくん。バックステージにて椅子に座り泣いている彼を抱きしめるいせだいと頭をなでるともつねくんの様子は見ていて泣かないわけがない。きっと誰よりも悩んでいた姿をそばで見て支えてきたんだろうと思うとお姉さん、涙でタオルぐしょぐしょにしたよ

うちらのハートが高鳴る日替わり

また一緒に、行こうぜ・・・全国

大千秋楽ですべてのミュクラを号泣させた一言。


人に話を聞いてもらえない伊武がぼそぼそと日替わりネタをつぶやいていくものであったが大千秋楽は違った。

やめて。ずるい。パッションなお坊ちゃまにはわからないそれな。全国、行こうな。そんな思いを込めながらヲタクからは声にならない悲鳴が上がった。そしてタオルで口元を覆いおえおえ泣いた。

しんじ、信じらんない。

人類の進化

伝説のプレーヤー越前南次郎に教えを乞う青学一年トリオ

南次郎に言われるがままの姿勢をとった結果現れたのは”人類の進化”

テンポと流れが完璧すぎて涙が出るほど笑いました。

冷たいもんいかがですか~

出典:http://newslounge.net

財前Pによる四天宝寺日替わり。今回も今回とて期待通りの最高の日替わりを見せてくれた。腹筋が死ぬ。おもしろすぎる。


「いらっしゃいませーいらっしゃいませー観戦のお供に冷たいもんはいかがですか~」

から始まるこのネタ。キャラそれぞれの特性を理解したネタをぶっこんできて数多くの笑い球をもつ四天宝寺に怖いものはない。ネタが多すぎるので見てくれとしか言えない

見逃せない!まさに頂上対決なおすすめシーン

向こうに、入らんかあああああああああああああああ!!!

出典:http://newslounge.net

真田VS手塚の白石が言うところの”頂上対決”誰もが待ち望んだ試合。真田は風鈴火陰山雷の酷使、手塚は手塚ファントムの酷使でそれぞれ足と腕が限界を迎える中での最後の一球。どっちのコートに落ちるのか、そんなさなかに真田が叫んだ一言。


正直原作で見たとき(今でもたまに)笑ってしまうのだがや~ばい。ミュージカルとかいう目の前で行われる生の試合で見るとや~ばい。迫力がすごい。幸村の言うことを無視して真っ向勝負で試合に臨んだ真田の魂の叫びって感じ。命で叫んでる感じ伝わって。観て。

ゴールデンVSプラチナ

出典:http://newslounge.net

個人的に思うところがありすぎる試合。ゴールデンペアとプラチナペアの試合。

私が丸井君好きであるからしてだいぶ贔屓目が入ってはいるのだけれどここでの丸井君。やばい。試合が始まる前に丸井君はユニフォームの立海のロゴの部分を握りしめてた私は泣いた。丸井君がそこに存在してるし試合開始直前に立海の三連覇への思いを胸に握りしめてる感じ。墓が立った


そこからのこの試合。泣かないわけがない。丸井君たちの自分たちを鼓舞する歌からの丸井君の新技”時間差地獄”。攻めている、勝てると思わせたところでの桃ちゃんの「時間稼ぎありがとうございました」の言葉。そしてゴールデンペアのシンクロ。私は号泣してる。確かにリョーマの記憶が戻るまでに時間はかかる。かといってそんなに堂々と時間稼ぎなんて言われて、シンクロだされてしまったらそれまでの試合はただのお遊びなのかって、丸井君とジャッカルのこれまでは何だったんだって桃ちゃん先輩好きだけどこの時だけは複雑すぎてえんえん泣いた。生で感情が伝わるから余計にしんどかった。2幕、地雷です。(???)

テニスって、楽しいじゃん!

出典:http://newslounge.net

五感を奪われたリョーマが”テニスは楽しい”という感情を思い出しその感情のまま楽しんでテニスをするシーン。天衣無縫の極みにたどり着いた瞬間リョーマが完全発光体になって眩しいったらない。私はここでも泣いた。おごたんリョーマから天使の粉が舞ってる感じ。純粋あふれるリョーマの笑顔に泣かなかった人いる?

テニスを楽しくだと?ふざけるな!

出典:http://newslounge.net

テニスを楽しんでいるリョーマに追い詰められた幸村の叫び。病気に苛まれ絶望の淵を若干15歳で経験し、三連覇という重圧と戦ってきた幸村のさいごまであがき続けるその姿に私は泣いてる。(2幕から継続して泣いてる


トップに立ち続けることは、何よりも大変なことだって、美月さんも言ってた(アイカツ!)
。追いかけるより、追われるほうがきっと大変なんだと。このあたりの神永くんの幸村の表情が何よりも幸村君の感情を表していて何を見るのよりもしんどかった。そしてそれを見守る立海メンバーの表情も胸を締め付けられる。一度見てくれ。1stとまた違う。2ndの立海もそこに生きてる。

蝋人形にされるおすすめ楽曲

常勝立海

出典:http://newslounge.net

これを聞いた感想

「あああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!立海んんんんんんんんぐうううううううううううううううううううううぶえええええええええええええええ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(個人差有)」


ハモリ、かっこいい、こいつら、王者。

ウィニングロード

出典:https://sumabo.jp

全国立海といえばこれでしょ!と私は勝手に思ってるウィニングロード流しながら駆け抜けたことあるでしょ?遅刻しそうな時改札を駆け抜けたでしょ???な???


このとき丸井君が飛びながらガムフーセンふくらましてるのにおえおえ泣いた。この曲で関東立海を思い出すみたいな。

真逆な二人

出典:http://newslounge.net

切原、柳ペアと戦う乾、海堂ペア。悪魔化した切原に慈悲もなくボロボロにされた乾を見て許せず、怒りのまま悪魔化してしまう海堂。それを止める乾というあ~~~~~~これがダブルスの絆だよねぇ~~~~~!?!?!?!?!?!?ってなる。

めっちゃいい曲。静かながらも盛り上がりが半端ない。

フィナーレ・メドレー

出典:http://newslounge.net

鎬を!!!!!!!!削るんだよここで!!!!!!!!!私はてっきり!!!!!!もう鎬は削らないのかと思ったよね!?!?!?!?!?!?!?!?!?

短くてもいい、ここで鎬を削ってくれてありがとう。私はそう思った。


そして四天宝寺のうちらのハートはパーカッションもこの重い立海戦においてだいぶ気持ちを上げてくれる明るいソングも入れてくれたメドレーにありがとうそしてありがとう。

辿り着け、天衣無縫の極み

出典:http://newslounge.net

きらめきが凄い。目がつぶれる。それくらいの勢いと輝きを持った一曲。これを聞かずに青学は優勝しない。そんな感じすらある至高の一曲。

頑張れ 負けるな 必ず勝て

出典:http://newslounge.net

軋むテニスシューズの音を覚えていてね

から始まるこの曲。軋むテニスシューズの音から始まるテニミュにおいてこの歌詞は今までの公演も思い出してああああああああああああああああああああああああああああってなる。なるのよ。めっちゃなるの。こんなに明るい曲なのになんでこんなに泣くんだろうってくらい泣くの。そしてコールが可愛い。初日に全国のミュクラが頭に?浮かべたのに最終日には一糸乱れぬコールする調教されたミュクラすごい。さっきまで号泣決めてた人たちとは思えない。ヲタク強い。

最後に

出典:http://newslounge.net

いかがでしたか?

ついにリョーマが全国制覇しました!!!!!私が書くとこうも丸井君だらけかな?みたいになるので!!!!!この感動はぜひ!!!!!!見てみてください!!!!!DVD出てるよ!!!!!!!!!!!!