【妖狐×僕SS 】ツンしゅんヒロインの白鬼院凜々蝶を徹底解剖!

ツンツンした後に落ち込んで、しゅんとしてしまってもそこが可愛いヒロインの白鬼院凜々蝶様を徹底解剖します!

・白鬼院凜々蝶とは?

本作の主人公で、鬼の先祖返り。

第1章

4号室の入居人。2月21日生まれ。物語開始時15歳。A型。身長145センチメートル。一人称は「僕」。

長い黒髪に紫の瞳をした美少女だが、一度口を開けば心にもない悪態をついてしまうという幼少の頃からの悪癖がある。

これは本人にも制御出来ず、根は律儀かつ真面目な性格であるため、悪態をついた後は自己嫌悪で落ち込む。野ばら曰く、ツンデレならぬツンしゅん。

旧家の令嬢だが有力な家柄故の不遇や下心の透けた庇護を受け続け、個人としての価値の薄さに嫌気が差し、悪態・虚勢癖を持つようになった。

高校入学を期に環境を変えて悪癖を矯正するため、家を出て妖館で一人暮らしを始めた。

出典:https://ja.wikipedia.org

・御狐神双熾との関係性は?

御狐神双熾は凜々蝶の専属SSで初めて出会った時に「どうか僕を貴女のしもべに、いえ犬にして下さい…!」と言って凜々蝶に強烈なインパクトを与えて、その言葉通りSSでの業務以上に付き慕っていました。

御狐神は誰に対しても物腰が柔らかく言葉使いも丁寧ですが、凜々蝶に対して明らかに行き過ぎた気持ちや行動には流石に凜々蝶様もドン引きしていて何時ものツンとした態度をとることも出来ずにおののいて硬直してしまっています!

御狐神は妖狐の先祖返りなので変身するのが得意なので女体化して双子と名乗ります。凜々蝶よりもナイスバディーの美女になり男子人気も思わず集めてしまったのも少し気になりますが凜々蝶のことを考えて接しやすいように距離を縮めようとします。

しかし双子となっていても喋っているうちにどうしても御狐神の変質的な部分が出て来てしまいやはり凜々蝶様も引いてしまい違和感を覚えてツッコまずにはいられません!

凜々蝶と距離を縮める為の女体化は上手くいきませんでしたが御狐神は幼い妖狐にも変身します。ぬいぐるみの様な小さい妖狐の姿にたまらず凜々蝶の方から頭を撫でたり抱き着いたりと珍しくスキンシップをとります!

このことから御狐神のこと自体は別に嫌いではなく触れ合うことも可能ですが、普段のおかしな言動と見た目のギャップが激しい御狐神に対しては自ら近寄ることに何らかの危機感を覚えているようです。ですが凜々蝶がふわふわした可愛い物が好きと言うことは分かりました。

物語が進むにつれて、自分の素直になれない性格を改めたいと言う思いからSSである御狐神の部屋に遊びに行く約束を果たすことになりトイレを借りた時に壁一面に御狐神の隠し撮りした凜々蝶様コレクションの写真を発見してしまいます。

今まで自分の前での発言に散々おののかされていましたが、自分の知らない所でも更に酷かったので「こんな君だとは聞いていない」と折角距離が縮まって心を通わせることが出来始めたと思っていたのにやっぱり…

ドン引きでした!!

・凜々蝶様はツンしゅん!?

育ってきた環境のせいもあって、どうしても素直になれずに人と距離を縮めるのが苦手で悪態をついてツン!としてその後は何時も自己嫌悪で落ち込みシュン…とするので野ばらに「ツンシュン」と言う新しい萌えの形を命名される程でした。

生まれ持った気質ではないので、そんな自分が嫌になり直したいとは思っていますがどうしても直せないのでツンとした態度をとっていなくても割とシュンとすることが多いのですが、それも妖館のみんなは可愛いと構ってくれます。

よく聞くツンデレであれば好きな異性の前だけなど特定の人に向けての反応が多いですが、凜々蝶のツンシュンは身の回りの殆どの人に向けてであり学校のクラスメイトや同じ境遇の妖館の人々にも思わずツンシュンになってしまいます。

学校でも同じクラスの妖館の住人のカルタと渡狸には何だかんだ言いつつ一緒に行動して、昼食を一緒に食べたいと思いつつもツンとした口調になり上手く言えませんが2人には誘っていることを汲み取ってもらえます!

徐々に距離が縮まって行くのと、自分でもツンシュンを改めたいという行動に出るようになってきてツンとしかけますが素直になる!と言う気持ちを表に恥ずかしがりながら出してデレたような表情を見せるようになってきました。

照れと恥があるのでやっぱり普通には出来ませんが、どんな表情や言い方になっても御狐神や野ばらは可愛い萌えの対象と変な目でしか見てないので素直になっても帰ってくる反応に引き気味の凜々蝶様でした。

関わる人全員にツンシュンの様に思えましたが、実家が近所だったことから反ノ塚とは幼いころから面識があり、自称「(凜々蝶の)兄貴」と名乗る程で凜々蝶も少しツンとした話し方ですが反ノ塚とは割と普通に話せる仲です。

凜々蝶のことを普段から気にかけてくれる反ノ塚には自身の振る舞いに対してはツンとした後シュンとはしませんが、他の人に素直になれない態度を悟られていることに対して結局シュンとしてしまいます。

・凜々蝶が歌うアニメED

妖狐×僕SSのED主題歌は毎回違う妖館の住人が歌いますが、凜々蝶のED「君は」は自身のSSである御狐神に向けて歌っています。

曲調やテンポはゆったりしてして日高さんの可愛い声でメインヒロインらしい感じですが、歌詞に注目すると御狐神の変質的でおののいてしまうので正気に戻って欲しい気持ちが歌われています!

・Twitterの反応

・まとめ

ツンシュンと言う新しいカテゴリーと見た目の可愛さや不憫な目に遭うのが愛おしいヒロインと言う凜々蝶様に御狐神くんだけではなく、みんな夢中になりました!

原作では暗くて湿っぽいシーンでも妖館の住人に振り回されて不憫な思いをしているのでツンとされても思わず構いたくなる凜々蝶様の可愛さは底なしですね!