【妖狐×僕SS 】残念なイケメン!ピュアブラックの御狐神双熾の生態!

イケメンなのに何かが残念!?謎の多いピュアブラックSSの御狐神双熾の生態を探ります!

・御狐神双熾とは

九尾の妖狐の先祖返り。

第1章

4号室・白鬼院凜々蝶のSS。12月19日生まれ。物語開始時22歳。AB型。身長186センチメートル。銀髪で瞳の色は右が青緑、左が金のオッドアイ。

一人称は「僕」。

常に低姿勢で礼儀正しいが、言質をとって人を言いくるめる、天然黒(ピュアブラック)と称される強かな一面も覗かせる。自ら「凜々蝶様の犬」を称し、とにかくどんな小さなことでも凜々蝶の役に立ちたいと言い張る。

立ち振る舞いはスマートだが、凜々蝶のみに対してはかなり変質的・変態的である。後に判明するが、自室には凜々蝶の写真を貼っていたり、凜々蝶からの贈り物を保存している部屋がある(作者によると「言い逃れできないド変態」)。

出典:https://ja.wikipedia.org

・白鬼院凜々蝶との関係性は?

凜々蝶が実家を出て妖館に入居するさいにSSを必要としていませんでした。しかし幼少期に蜻蛉と許嫁である凜々蝶の手紙のやり取りを御狐神が蜻蛉になりすまして代筆していたのでそこから凜々蝶に惹かれSSを志願して契約を結ぶことになりました。

礼儀正しく物腰の柔らかいですが、凜々蝶に対してだけ変質的・変態的になり自称「凜々蝶様の犬」として付き従い、凜々蝶に天然黒(ピュアブラック)と称されています。



御狐神は凜々蝶と蜻蛉の手紙のやりとりの代筆をして凜々蝶を今まで騙していた罪悪感に駆られていて、そのことを蜻蛉から凜々蝶に喋らないようにして欲しいと頭を下げて頼みますが全く聞き入れてもらえずに妖狐の姿になり妖館内で蜻蛉と戦います!

凜々蝶に暴れている所を見られてしまい、退くように指示されアッサリ引く御狐神ですが、争っていた理由を自ら話すと凜々蝶は蜻蛉ではないと初めから分かっていました!!蜻蛉から、その代筆者が御狐神と告げられ凜々蝶は蜻蛉「だからいつも知っていてくれた」と御狐神に駆け寄ります。
騙していたと言う後ろめたさから解放されてからは、凜々蝶への接し方がより一層犬化していきました。例えば、魚の身をほぐして跪いて食べさそうとしたり、女子トイレの前まで付いて来たりとSSの域を超えており、凜々蝶から「彼は少々病んでいます」と引かれています。

凜々蝶が「君なしでは何も出来ない程、堕落してほしい訳か?」と問うと烏滸がましいけど甘美な響きとキュンとしてたり、凜々蝶に貰ったメロンを腐らないように処理して大事に保存していたりとヤンデレな傾向にもあります。

御狐神は凜々蝶がどんな姿でも愛せるようで、もしお婆さんでも赤ちゃんだったとしてもそれは変わらず悪態をつくことに関しても「尊大なお口をどうして差し上げようか…」と考えるのが愉しいと、また歪んだ方向の思考でした。

凜々蝶がアルバイトする!と決心した時には断固反対して凜々蝶と勝負をして勝ちにいくことでバイトを諦めさせました。その胸の内は「他の男に奉仕するなど嫉妬で気が狂いそうです」が理由で、戦いに関しても「髪の毛1本でも傷つけていたなら死のうかと…」と言って凜々蝶を引かせていました。

・御狐神くんは残念なイケメン

凜々蝶にまつわることであれば何でも収集したり保存する癖があり、凜々蝶からのメールは多重のバックアップしていてSSの仕事を終えた後や凜々蝶が学校に行っている間などは保存したメールを何度も読み返して過ごしています。

しかし凜々蝶からのメールや電話に直ぐに反応があるのに、稀に全く返事がないと逆に凜々蝶は御狐神のことが心配になる程でした。その時は凜々蝶の方から様子を伺いに行きますが放っておけない程変質的な部分があるので困りもんです!

凜々蝶と直接出会う前の幼少期には、よく同い年の蜻蛉や夏目と一緒に過ごしていて年下の渡狸をいじめて遊んでいるのを微笑みながら同行していました。直接加担していなくても決して2人を止めることはありませんでした。

微笑んでいるにも関わらず直接いじめている蜻蛉と夏目より何を考えているのが分からない分、蜻蛉には「表に出さない分 よりねちっこいドS!」と言われる程何故か一番怖く見えてしまいます。

凜々蝶と距離が縮まり、部屋に招いた時に御狐神の凜々蝶の増え続ける壁一面隠し撮りを見られてドン引きされました。年末の大掃除の時に凜々蝶にあの写真も捨てたのかと問われますが…

御狐神にとっての心の拠り所で「写真の微笑みが何度も孤独を癒してくれたか…けれど捨てると仰るなら…」と胸が引き裂かれる思いを告げ凜々蝶を引かせつつ困らせます。

見た目だけではイケメンにしか見えませんが、これまでのカッコいいけど性格がキツイなどの残念要素ではなく想像を絶する変質的な行動や言動は本人はイキイキしていても周りは完全に引いていて輝く黒いオーラを察知する程です。

凜々蝶様の犬と言っている割には彼女を困らせることをするので、反応を分かって楽しんでいると思えます。この色々な要素をひっくるめて「残念なイケメン」を欲しいがままに君臨するのでした。

・御狐神が歌うアニメED

アニメの第2話で御狐神が歌うED「楽園のPhotograph」が流れた時は凜々蝶が居ない時の様子が描かれていて、その粘着質なストーカー具合に視聴者の誰もがおののきましたが、更に第9話の2ターン目で同じ曲のEDが流れた時には凜々蝶の隠し撮りが壁一面に増えていたので更に視聴者はドン引きでした!!

・Twitterの反応

・まとめ

御狐神くん単体でもキャラクターとしての設定やルックスは十分にカッコいいと思える要素が満載ですが、こんなにも1人の女性に対して色んな角度から病んだ愛情表現をしていてツッコむことも忘れて引いてしまう程楽しませてくれました!

恐怖を覚える怖カッコいい残念イケメンは御狐神くんを超えるキャラクターはこの先出てきそうにない程ブッチギリですね!