碇ゲンドウの手のひらの謎を徹底考察!声優や名言・名シーンも紹介!【新世紀エヴァンゲリオン】

新世紀ヱヴァンゲリオンに登場する主人公の父親でもある碇ゲンドウの事についての謎を徹底解明していきたいと思います。ゆっくり見て頂けたら光栄です。

碇ゲンドウのプロフィール

基本のプロフィール

出典:https://twitter.com

特務機関NERVの総司令でもありエヴァンゲリオンの運用・E計画・人類補完計画の総責任者である碇ゲンドウは旧姓を六分儀で妻に碇ユイと息子の碇シンジがいます。シンジは作中の中でも主人公なので主人公の父親という事になります。

席に座る際に顔の前で手を組む姿をするのが特徴で目的の為には手段を選ばず実際に陰謀や裏切りなど手段を厭わずに実行しています。妻のユイと出会う前は詳しい素性は不明で悪い噂が絶えない人物で冬月はゲンドウとユイの関係を良く思っていませんでした。

ユイと結婚した後はユイに近づいたのは他に理由があるのではないかと言われていましたがユイを本当に愛しており相思相愛の関係でした。(婿入りというのも噂される理由なのでしょうか…?)

外見と性格

出典:http://gigazine.net

碇ゲンドウと言えばまず第一印象はサングラスです。これが彼を判断する一番の特徴ではないかと私は思います。身長は185㎝前後で髭を生やしている少し怖い印象な顔だちをしています。

司令官としてはかなり優秀で人の上に立つ事の出来る人物で性格は冷酷非情そのものと言っていいです。目的の為ならどんな手段でも使い目的を達成する事が彼の性格で息子のシンジでさえ利用し駒として扱っていました。

司令官としてはこのような性格ですが普段もかなり威圧的でどんな相手に対してもそれは曲げません。もう一つ印象的なのは座っている時に顔の前で手を組む癖がありどんな表情をしているかは分かりにくいです。

碇ゲンドウの声優についてまとめてみた

出典:http://topicks.jp

碇ゲンドウの声優さんは“立木文彦”さんで1961年生まれの長崎県出身で通称はふーみんまたはマダオと言われています。(マじでダんでぃなオっさんでマダオです。)それを言われている元になったのは演じたキャラクターからだそうです。

声優だけでは止まらずバラエティ番組のナレーションや洋画の吹き替えなどでも活躍する幅の広い方だと言えます。『いきなり!黄金伝説。』などでもナレーションを務めている為碇ゲンドウは知らないけれどこの声は知っている!という方もいるのではないでしょうか?

有名な出演作品のキャラクターを挙げるとBLEACHの更木剣八や荒川アンダーザブリッチのビリーONEPIECEのクリーク・サカズキなど渋くかっこいいキャラクターからポケモンのルンパッパなど愛くるしいキャラクターも演じています。

碇ゲンドウポーズと手の秘密

アダムとリリスについて

出典:http://amarukeiichi.blog42.fc2.com

手に何か目玉の様なものがあるという質問や何故ユイと呼んでいるのかと疑問に思っている方がいると思います。ここで詳しくまとめてみたいと思いますが…少し難しくなるので順を追って説明していきますね♪

まずここで説明したい事は“リリス”と“アダム”についてです。アダムとは神に作られた最初の人間で男性で自分からも生み出す事の出来る存在です。このことを軽く頭に入れておいてください。

リリスはアダムとは別物でアダムの妻になるはずだった生命体がリリスという事です。ここはとても重要で同じ生命体ではなく全く異なる生命体という事を理解してください。

出典:http://matome.naver.jp

理解していただいたところでゲンドウの手にいる目のようなものはなんなのかを単刀直入に言うと“アダム”です。まず復元され胎児になったアダムからエヴァ弐号機とカヲル君が作成されます。

その後加持リョウジがアダムを盗み出し碇ゲンドウに渡します。(有名なシーンでもありますね♪)そのアダムを碇ゲンドウは自分の右手のひらに融合しました。なので手の平にある目はアダムという事になります。

ゲンドウはユイとの再会する為に行動していますからこれもユイに会うための行為なのですがレイ(リリスの魂の宿っている)と融合するのですがそれに断られてしまいユイには会えずに終わってしまいました。これが正体です。

名言・名シーンをまとめてみた

「自分の願望は、あらゆる犠牲を払い自分の力で実現させるものだ。他人から与えらるものではない。」

出典:http://p.twipple.jp

この言葉は個人的にとても刺さるなーと思います。今の現代にも精通する部分が多く優しさだけでは自分の願望など実現できないとそれをしっかりと言えるゲンドウさんには頭が上がりません。

アニメだから・・・どうせ漫画だからと一歩引いている人にも是非聞いて頂きたい言葉だなと思います。

「人は思い出を忘れる事で生きていける。だが、決して忘れてはならない事もある」

出典:http://gigazine.net

納得できます。本当に共感です。ゲンドウさんの場合はユイの事ですね♪本当に愛妻家な彼にほれぼれします。

「所詮、人間の敵は人間だよ」

出典:http://appgame.xyz

この作品にはいろいろな敵や人間以外のキャラクターも登場しますがやっぱり敵は人間だと言いきっています。この現代でもそうですがどんな怪物やモンスターよりも怖いのは人間の欲や恨み・妬みだと私も思います。

凄い古い作品に位置付されますが今でも心に響く言葉だと私は思います。

ツイッターの反応

出典:http://sakawebkontentu.blog.shinobi.jp

有名な作品である事からbotは沢山発見しました。そのことからも分かりますがとてもいい言葉や名言を残しているのでこのように残しているのではないかなと思いました。

声優さんの立木さんの事が好きでキャラクターを好きになったというファンも見つけて私は嬉しい限りです。(自分の父親がそっくりなのでとても親近感が湧きます♪)

これからもまだ映画化がされている作品でもあるのでこれまでの漫画や映画・アニメを見直して次の作品の為にモチベーションを上げておくのもいいかもしれません!

出典:http://pbs.twimg.com

出典:http://pbs.twimg.com

まとめ(ライターの感想)

出典:http://blog.goo.ne.jp

いかがでしたでしょうか?碇ゲンドウの事は少しでも分かっていただけたでしょうか?私も全然リアルタイムで見ていたのではなくDVDで見た世代なのですがここまで考える作品は無いと断言します。

ただのロボットとかモンスターのアニメでしょ?のように侮っている方には是非一度見てほしいとお勧めします。確かにかっこいい演出やキャラクターデザインもありますがそれ以上に人間の関係性や感情などが刻銘に描かれていると思います。

碇ゲンドウだけではなく他にも沢山の魅力のあるキャラクターが沢山いる作品なので分からない事は是非調べて好きになって下さい!最後になりましたがここまで読んで頂きありがとうございました。