ネタバレ注意!ヒソカvsクロロの対決はどちらが勝った?【ハンターハンター】

また休載に入ってしまったハンターハンターですが少し再開していた際に発展したクロロvsヒソカをまとめてみたいと思います。ゆっくり見て頂けたら光栄です。

クロロとヒソカのプロフィール

クロロ=ルシルフル

出典:http://nyankobiyori.com

盗賊集団の幻影旅団の団長で流星街出身で身長177㎝・体重68kgのAB型の26歳です。ヨークシンシティでオークションを襲撃し競売品を奪いますが復讐を誓ったクラピカによって団員を2人失い念能力の使用と仲間との接触を封じられてしまいます。

普段はオールバックをしていますが前髪を下ろすシーンもあり見た目はすごくかっこいいお兄さんのような感じです。(モデルはラルクのhydeのようです。)

冷静沈着で頭が冴えていてさらに博識で物知りな性格で常に何らかの本を読んでいるくらいの読書好きでもあります。リーダーに立つという事に関してはかなりのカリスマ性を発揮しており団員達を文字通り手足のように統率しています。

念能力の詳細

出典:http://huncyclopedia.com

特質系の能力者のクロロですが他の人の能力を自分の能力として使う事が出来ます。その能力を具現化した本である“盗賊の極意(スキルハンター)”に閉じ込め逆に盗まれてしまった相手はその能力を使う事が出来なってしまいます。

その例としてヨークシンシティ編でのネオンの占いの能力を奪い取りその後ネオンの能力は使う事が出来ずにノストラードファミリーはほとんど壊滅状態まで追い込まれてしまっていました。

この強い能力から盗む条件と盗んだ能力を使用する為の条件がいくつかあります。この次にまとめたいと思いますが念能力自体は本人がしたいものや特化している部分をいかに伸ばすかが大事になってきますが読書好きで盗賊の本能を掛け合わせたかのような能力だなと個人的に思いました。

能力を盗む条件

出典:http://blogs.c.yimg.jp

盗むために必要な条件として挙げられるのは至って簡単ですがこの条件は相手を用意周到に調べ上げ確実にこなしていかないと不可能ではないかと思います。(知り合いならもちろん能力を他人にべらべら話す人はまずいないかと思います。)

まず最初に“実際に”相手の念能力を見る事から始まりその能力を相手に質問し相手がそれにしっかり答えてもらう事をクリア後に本の表紙の手形と相手の手のひらを合わせる事が条件です。さらにその3つの行動を1時間以内に行わなければなりません。

ネオンに関してはいい人として友達になり最後は気を失わせる事で能力を奪っていました。相手がか弱い女の子ならこの条件はとても簡単なのかもしれません…が強い相手だった場合はどのように奪っていたのかを見てみたいところですね!

盗んだ能力を使用する条件と使用できなくなる条件

出典:http://www.entertainment-world-media.com

使用する条件は至って簡単なのですが盗賊の極意を右手に持ち使う能力のページを開いた状態でいなければいません。動きに少し不利な状態になるのではないかと思います。それと同時に2つ以上の能力は同時に使えないという制限が付いています。

かなり戦闘において冷静で正しい判断そして自分の盗んだ能力の完璧な把握能力と適応能力が出来ないとこの能力は使いこなせないと思います。クロロだからこそ出来る戦闘のスタイルなのかもしれませんね!

出来なくなる条件として挙げられるのは盗んだ能力の本当の持ち主が死んでしまうと使用できなくなってしまいます。なので盗む時に相手を殺して奪うという事は不可能になってしまいますね!最近まで明らかになっていませんでしたが奪った念能力が“死によってより強まる念”だった場合は持ち主が死んでしまったとしても記録はされたままでした。

ヒソカ=モロウ

出典:https://festy.jp

ハンター試験の287期生の謎に包まれている奇術師で天才的とも言える格闘センスの持ち主です。その為並のプロハンターでは束になっても太刀打ちは出来ない程の戦闘力を持っています。

しかし強者との戦闘はタイマンでの勝負にこだわっており無謀な戦いはせず頭も非常にキレる人物でもあります。かなりの美形の青年でメイクをとると雰囲気ががらりと変わります。

性格は気まぐれで嘘つきな掴み所のないのが特徴です。変態的な性癖を持っており好みの対象は女性だけではなく男性も含まれています。自分の体がどれほどダメージを受けようとも表情を少しも変えない精神力も持っています。

念能力の詳細

出典:http://images.ciatr.jp

変化系の能力者のヒソカは自身のオーラ自体を色々なものに変化させて戦います。クロロとは少し対照的な能力といってもいいかもしれませんね!

その中でも有名なのは伸縮自在の愛(バンジーガム)です。自信のオーラをガム(粘着性)とゴム(弾性)の性質を持つ形に変化させて使用します。よく伸び素早く縮むとても使いやすい素材と言ったところ
でしょうか?

この能力は初期からも登場しておりヒソカと言えばバンジーガムと直結できるほどです。使用の条件は特に無く直接的な攻撃力はありませんが相手にくっつけて自分の方に引き寄せる事なども出来るのでかなりシンプルな念能力と思います。

その他の能力

出典:http://blog-imgs-65.fc2.com

性格からも変態的な性癖の持ち主で気に入った獲物を狩る喜びと興奮を感じるヒソカなので本人自体の念能力なしでの戦闘力も非常に高くほとんど何もしなくとも並以下のハンターには余裕で勝てる技量の持ち主です。

バンジーガムの他に挙げられるのは薄っぺらな嘘(ドッキリテクスチャー)という念能力を使います。見た目からも分かりますが奇術師というだけあって騙し欺くのがとても得意なのでその性格とも関係のある能力になっています!

オーラを様々な質感に変化させて平面を覆い隠す紙?のようなものにして使用します。とても上質なカラーコピーのようなもので触るとばれてしまう難点がありますが使い方によっては腕が再生したように見せる事も可能な念能力です。

何故戦う事になったのかを詳しくまとめてみた

出典:https://www.youtube.com

クロロは第8巻に登場したヨークシンシティの開催のシーンが初登場となっています。その時にはキルアの祖父と父であるゼノとシルバと対決していますが決着は付かない程の強さを見せつけていました。

その後はクラピカの念によって念が使えなくなってしまい除念師を探していますがその時にはヒソカと協力し(クロロが依頼して)除念師を見つけ除念する事が出来ました。ヒソカの性格ですから自分の利益にならない事はしません。

除念師を探す時の条件としてクロロにヒソカはタイマンを条件にしていたので除念後は約束した通りに天空闘技場で決着をつけるという形になりました。

勝敗の行方と今後の展開の考察

勝敗の行方

出典:http://matomame.jp

結論から言うと唐突に始まったヒソカとクロロの戦いは“ヒソカ死亡”という形で終了します。死に顔も描かれている為に読んでいた人は衝撃を受けたのではないでしょうか?初期から慣れ親しんだキャラクターがあっさりだったのでヒソカファンの方はびっくりです。

旅団に属していたマチがその後身体を綺麗に縫合し死体を念能力で整えてくれます。(恩は忘れない彼女は素晴らしいなと思います!)しかし完全に死んでいたヒソカは“死後に強まる念”を使って心臓マッサージをし完全復活を果たしたのです!

きっと死んでしまった事でもうヒソカの狂いっぷりが見れなくなるのかと思った私の様なファンは発狂した事でしょう!死後に強まる念…富樫さんもよく考えたなと尊敬します。

ハメられたヒソカ

出典:http://anabre.net

息を吹き返したヒソカはその後マチとの会話でクロロは旅団の団員と共闘していたのではないかと悟ります。(クロロの念は奪う念なので団員達の念能力を使っていたのですがもしかしたら奪っていないという事も推測出来ます。)

クロロはヒソカに場所を指定しその場所が天空闘技場になっています。最初は観客を道具にする為にときっと読んでいる人も思ったかもしれませんが天空闘技場にしたのは旅団達の念能力を最大に生かせる場所でもあります。

クロロの戦闘には念能力の説明をしなければいけないというルールがありますがわざわざヒソカに説明していたのは一人で戦っているという事を強調していたのでしょうか?

その後の展開と考察

出典:http://www.koutetsuteki.com

どんなに強いヒソカと言ってもクロロに十分に準備されて対策されてしまったら勝つのは不可能のようなものなので一人ずつ遭ったらその場で殺すという戦い方を選びその場にいたシャルナークとコルトピをあっさり殺します。

この二人の強さもキメラアント編で証明されいるにも関わらず殺されてしまい展開が早いなと思います。クロロ自身はヒソカを殺したと思っている為そのまま暗黒大陸に向かう船に乗り込みますがそれをヒソカは追って同じく暗黒大陸に入ると思われます!

船には旅団を敵とみなしているクラピカもいるのでもしかしたら暗黒大陸での戦闘もみられるのではないかと今後の展開には期待出来ますね!早く再開してほしいばかりです。

ツイッターの反応

出典:http://manga-navi.info

ツイッターでの反応を調べてみると休載に入ったタイミングについて書かれており確かに完全に決着が付いていない状態で今後本当に何が起きるか分からない状態で休載となってしまいました。

個人的な意見ですがここで休載というのは良かったのではないかと思いますね!キメラアント編が終わりいろいろなストーリーが同時進行で手が付けられていない状態での休載はファンのこうなって欲しいという願望や推測の期間でもっとハンターハンターを楽しみにする方が増えるのではないでしょうか?

先を早く描いてほしい気持ちは確かにありますがこのままクラピカも巻き込む形での決着はすごくいいのではないかと思いました。富樫さんを気長に待ちたいなと一ファンとして心の底から思います。

まとめ(ライターの感想)

出典:https://festy.jp

いかがでしたでしょうか?この初期からも親しみのあるクロロとヒソカの決着について分かって頂けたでしょうか?ここまでいつ対決するのかワクワクしていた人も多いのではないかと思いますが未だ結果的には決着は付かないまま…

今後は暗黒大陸編に入りクロロもヒソカも暗黒大陸に向かっているわけですがどのような形で決着がつくのか私もとても楽しみです!今は休載に入ってしまい色々なところで展開について考察や議論が交わされていますがゆっくり待ちたいと思います。

凄く個人的な事になりますがこの二人にはいつまでも決着つけないで欲しいななんて思っています(どちらもとても好きなキャラクターなので!)。最後になりましたがここまで読んで頂き本当にありがとうございました。